【獣医師監修】犬がオレンジを食べても大丈夫!?「皮」や「アレルギー(中毒)」に注意!

さまざまな種類がある柑橘系フルーツ。日本の温州みかんに比べると、甘さも香りも強いオレンジは、犬に食べさせても大丈夫なのでしょうか?今回はオレンジに含まれる栄養素や犬にオレンジを食べさせるメリット、注意点を解説します。

先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬はオレンジを食べても大丈夫。ただし皮や種、アレルギーに注意!

犬はオレンジを食べても大丈夫!ただし「皮」や「種」、アレルギーには注意!

iStock.com/Foto-front

犬はオレンジを食べても大丈夫です。

オレンジには、犬のカラダに悪影響を及ぼす成分は含まれていません。

オレンジに含まれるビタミンCやカリウム、クエン酸、ペクチンなどは、犬が食べても問題ない栄養素です。

犬がオレンジの「皮」や「種」を誤飲しないように注意!

犬がオレンジの「皮」や「種」を誤飲しないように注意!

sveta- stock.adobe.com

オレンジやグレープフルーツなど柑橘類の外側の皮には、犬が中毒を起こす「ソラレン」と言う天然毒素が含まれています。

また、犬がオレンジの外皮を食べると、下痢や嘔吐(おうと)、皮膚に湿疹や痒みを発する場合があるので、皮ごとあげたり、犬が皮をかじったりしないように注意してください。

オレンジの種や房の薄い皮、白い筋も犬には消化しづらいので、愛犬に食べさせる時には、取り除き、実の部分だけを食べさせてあげましょう。

犬にオレンジを与える際には「果物アレルギー」に要注意!

オレンジの水分で手軽に水分補給

keiphoto / PIXTA(ピクスタ)

りんごさくらんぼなどの特定の果物には、食べると痒みや腫れを引き起こす「果物アレルギー」があります。

オレンジも「果物アレルギー」の原因になる可能性があり、犬にも「果物アレルギー」を持つ子がいます。

愛犬がオレンジに限らず、果物を食べて目や鼻、口の周りを痒そうに前足でこすっていたり、嘔吐(おうと)や下痢などが現れた場合は、アレルギーの可能性も頭に入れて、かかりつけの病院へ相談しましょう。

犬にオレンジを与える際のメリット、主な栄養素!

iStock.com/e7art

オレンジのおもな栄養素

オレンジには、ビタミンCと水分が豊富に含まれ、おもな栄養素は以下の通りです。

オレンジの主な栄養素(生100gあたり)

-オレンジ
エネルギー39.0kcal
水分88.7g
タンパク質1.0g
脂質0.1g
炭水化物9.8g

【参照元】文部科学省「食品成分データベース」

犬のオレンジ「アレルギー」には要注意!

iStock.com/sazonov

オレンジの水分で手軽に水分補給

オレンジには豊富な水分が含まれています。

犬が水をあまり飲まない時などに、オレンジを食べさせれば、素早く水分補給を行うことができます。

オレンジのクエン酸で結石治療

オレンジの酸味はクエン酸に由来します。

シュウ酸カルシウム結石という病気を持つ犬には、クエン酸が尿のpHを高めて結石を溶かすため、治療に使われることがあります。

オレンジのクエン酸で結石治療

Sigma_S / PIXTA(ピクスタ)

オレンジのカリウムで血圧低下

カラダの中でナトリウムとバランスを保ち、余分に溜まった塩分を外に排出することで、血圧を下げる作用を持つのがカリウムです。

カリウムが多い果物としては、バナナメロンスイカがありますが、オレンジにもカリウムが含まれています。

オレンジの食物繊維で腸内環境を改善

オレンジには水溶性食物繊維のペクチンと、不溶性食物繊維のセルロースがバランスよく含まれています。

ペクチンは、犬の腸管内の細菌の栄養となり、腸内環境をよくするもの。

セルロースは、腸管の動きを刺激して活発にする働きがあり、腸内環境を整えて、犬の便秘を解消してくれるでしょう。

オレンジのビタミンCは犬に必要?

iStock.com/Armastas

オレンジのビタミンCは犬に必要?

オレンジには、豊富なビタミンCが含まれていますが、食べ物からビタミンCを摂る必要がある人間とは違い、犬は体内でビタミンCを作り出すことができます。

健康な犬であれば、ビタミンCを摂るために、積極的にオレンジを食べなくてかまいせんが、肝臓にトラブルがあり、十分にビタミンCを生成できない犬や、脂肪の吸収がうまく行われていない場合は、オレンジでビタミンCを補充するのも有効です。

また、加齢によって体内でビタミンCを生成する能力も衰えてくるので、シニア犬にはオレンジでビタミンCを補給するのもよいでしょう。

犬がオレンジを食べる時の与え方や適量は?

オレンジの皮と種は除き、小さめにカット

wernerimages- stock.adobe.com

オレンジの皮と種は除き、小さめにカット

犬にオレンジを食べさせる時は、犬が消化しにくいオレンジの皮や種は除き、小さめにカットします。

また、オレンジは90%近くが水分で、食物繊維も豊富に含まれています。

適量を食べる分にはカラダによいのですが、食べすぎると愛犬の下痢の原因になる可能性もあります。

愛犬が欲しがっても、1日のおやつとして食べさせていい適量を守りましょう。

犬がオレンジを食べる時の適量は?

iStock.com/sazonov

犬がオレンジを食べる時の適量は?

オレンジは果糖を含む果物です。

糖は活動の際にエネルギー源となるものですが、摂りすぎると消費しきれないエネルギーが体内に蓄積され、犬の肥満につながります。

犬がオレンジ(生)を食べる場合の適量

犬のサイズ(体重目安)1日あたりの摂取可能目安量
超小型(2kg程度)96g(中2/3個 )
小型(3-5kg程度)131-192g(中1-1.5個 )
中型(6-15kg程度)220-438g(中2.5-3個 )
大型(20-30kg程度)543-736g(大3-4個 )
超大型(30-50㎏程度)736-1080g(大4-5個 )

おやつは、犬の1日の摂取カロリーの20%までとされています。

また、愛犬が適正体重を上回っている場合は、現体重ではなく、適正体重に基づいた量を食べさせることも大切です。

愛犬に与える「オレンジ」のまとめ

愛犬に与える「オレンジ」のまとめ

iStock.com/Axynia

みかんグレープフルーツなど、柑橘類は、一年を通じて様々な種類を食べることができます。

犬はオレンジを食べられますが、オレンジの食べさせ方やアレルギー(中毒)には注意が必要です。

愛犬と楽しい毎日を過ごすためにも、愛犬が食べられる果物を知り、健康的な生活を送りましょう。

みんなのコメント

オレンジ色さん
オレンジにアレルギーがあるとは初めて知りました。我が家の豆柴はオレンジが大好きなので、今後は気をつけたいと思います。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「食べ物」の人気記事RANKING