【獣医師監修】犬がバナナ(皮)を食べても大丈夫!?バナナのメリットや栄養素、適量は?

栄養価の高い果物の代表に挙げられることの多いバナナ。人間にとっては栄養豊富で健康に良いとされる人気の高い果物ですが、犬にバナナを与えても大丈夫なのでしょうか?ここでは、愛犬にバナナを与える際のメリットや注意点などについて解説していきます。

【獣医師監修】犬がバナナ(皮)を食べても大丈夫!?バナナのメリットや栄養素、適量は?
出典 : dorry / PIXTA(ピクスタ)
先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬がバナナを食べても大丈夫!

犬がバナナを食べても大丈夫!

9gifts/ Shutterstock.com

犬にバナナを与えても基本的に問題ありません。

バナナには、犬の中毒症状を引き起こす成分は含まれていません。

愛犬がバナナに対するアレルギーがない限りは与えても大丈夫です。

犬も大好きなバナナの与え方は?

犬も大好きなバナナの与え方は?

Suti Stock Photo/ Shutterstock.com

バナナにはほのかな甘みがあるので、犬の好きな果物のひとつです。

ただ、犬は人間よりも体が小さいので、人間が普段食べるようなサイズのバナナをそのまま飲み込んでしまうと窒息してしまう恐れがあります。

愛犬にバナナを与える場合には、必ず細かくカットしたり、すりつぶして、食べやすくしてから与えるようにしましょう!

また、バナナの皮には繊維質が多く含まれるため、バナナを皮ごと与えてはいけません。

愛犬が消化不良や下痢を起こさないように、バナナの皮はむいてから、食べやすい大きさにカットしてあげましょう。

愛犬に与えるバナナの栄養素は?

愛犬に与えるバナナの栄養素は?

CORA / PIXTA(ピクスタ)

バナナは栄養価の高さから1日を過ごすエネルギー源として、朝食に食べる方も多いと思います。

バナナ1本(およそ120g)あたりの栄養素は、以下の通りです。

バナナに含まれるおもな栄養素

M. Unal Ozmen/ Shutterstock.com

バナナに含まれるおもな栄養素

栄養素1本あたりの含有量おもな働き
たんぱく質1.1g血液や筋肉など、体のもとを作ります
カリウム360㎎むくみ予防のほか、免疫機能を正常に保ちます
マグネシウム32㎎骨や歯の形成に役立ちます
ビタミンB60.38mgアミノ酸の代謝を助け、神経伝達にも使われます
葉酸0.26μ赤血球の生産を助け、細胞の代謝に役立ちます

犬にバナナを与えるメリットは?

犬にバナナを与えるメリットは?

rogue / PIXTA(ピクスタ)

愛犬に与えるバナナにはどのようなメリットがあるのか、ここで解説していきます。

バナナのメリット①犬の「代謝」に不可欠な栄養素

バナナのメリット①犬の「代謝」に不可欠な栄養素

iamkoume3 / PIXTA(ピクスタ)

バナナに含まれているビタミンB群は、犬のエネルギー代謝に不可欠な栄養素として、体の全体的な機能のサポートをしてくれます。

バナナのメリット②犬の「便秘予防」

バナナのメリット②犬の「便秘予防」

Smit/ Shutterstock.com

バナナには良質な食物繊維が多く含まれています。

食べ過ぎには注意が必要ですが、適量であれば愛犬の便秘予防にも役立ちます。

バナナのメリット③犬の「腸内環境」を整える

バナナのメリット③犬の「腸内環境」を整える

PixieMe/ Shutterstock.com

バナナに含まれる糖質の中でもフラクトオリゴ糖は、最近の研究により、腸内の善玉菌・ビフィズス菌を増やす働きがあることが明らかになってきました。

犬の腸内環境を整えるバナナ

FotoDuets/ Shutterstock.com

食物繊維とフラクトオリゴ糖を同時に摂取することで、犬の腸内環境の整える作用があり、免疫力の維持も期待できます。

フラクトオリゴ糖は、タマネギ、アスパラガス、ニンニク、トマト、バナナなどの野菜や果物に含まれる天然界に存在するオリゴ糖であり、低カロリーで砂糖に近い甘味として利用されている。『当初は虫歯にならない』新しい甘味料を開発することを目的として研究が始められ、研究が進むにつれて腸内ビフィズス菌の増加、整腸機能、ミネラルの吸収促進などの効果が次々と明らかになった。

出典 https://www.jstage.jst.go.jp

愛犬にバナナを与える際の適量は?与えすぎに注意!

愛犬にバナナを与える際の適量は?与えすぎに注意!

Glucose / PIXTA(ピクスタ)

犬がバナナを食べても問題ありませんが、与えすぎは禁物です!

そもそも主食以外の犬のおやつは、1日に必要な摂取カロリー量の2割に収める必要があります。

バナナは生の状態で、1本(120g)あたり約86kcalです。

ここで愛犬に与えるバナナの適量を見ていきましょう。

愛犬に与えるバナナの適量は?

小型犬

小型犬にバナナを与える際のおおよその量

Eric Isselee/ Shutterstock.com

小型犬にバナナを与える際のおおよその量

体重目安4kg
おやつの許容カロリー63.4kcal
バナナの量74g(バナナ約1/2本)

中型犬

中型犬にバナナを与える際のおおよその量

steamroller_blues/ Shutterstock.com

中型犬にバナナを与える際のおおよその量

体重目安10kg
おやつの許容カロリー126kcal
バナナの量147g(バナナ約1本)

大型犬

大型犬にバナナを与える際のおおよその量

Jagodka/ Shutterstock.com

大型犬にバナナを与える際のおおよその量

体重目安25kg
おやつの許容カロリー250kcal
バナナの量291g(バナナ約2本)

特に、体の小さい小型犬にとっては、人間と同じ量のバナナを与えると、かなり高カロリーな食事になってしまいます。

食べすぎは肥満のもとになってしまいますので、十分注意しましょう!

愛犬に与える「バナナ」まとめ

愛犬に与える「バナナ」まとめ

De Jongh Photography/ Shutterstock.com

犬はバナナを好む傾向があり、バナナを好きになりすぎて主食を食べなくなってしまう恐れがあります。

愛犬が喜ぶからといってバナナを与えすぎると、ほかの栄養素が不足してしまい、逆に犬の健康を損なってしまう可能性があります。

バナナに限りませんが、おやつをあげた時にはその分主食を減らすなど、1日の摂取カロリー量が過剰にならないように、十分気をつけましょう!

愛犬との健康で楽しい生活

lienjp / PIXTA(ピクスタ)

愛犬の健康を守れるのは、飼い主だけです。

愛犬と長く楽しい生活を送るためにも、しっかり愛犬の健康管理をおこないましょう。

みんなのコメント

チョコバナナさん
子供がバナナを食べていると、愛犬(トイプードル)が近寄ってきて、欲しい欲しいと いつもせがみます。でも、どれだけあげていいのか分からなかったので、具体的な量が 書いてあったので参考になりました!子供にも伝えようと思います。
クマさん
シニア犬なので、生で与えるとウンチに繊維質が残って居ました。なので家では皮を剥いて器に容れラップしてレンジで1分加熱、暫くそのままおくとムース状になって消化にも良いです。 因みにバナナは、低糖バナナを与えて居ます。
クマちゃんさん
バナナの事では無いのですが、申し訳ありません🙇 色々と学ばせていただいて助かります ありがとうございます。 人参なのですが犬に大丈夫なのか教えていただけないでしょうか?宜しくお願いいたします。
もえもえさん
クマちゃんさーん にんじんの記事こちらにありますよー! https://hotto.me/10387
cocoママさん
トイプードル一歳の子に、バナナは害は無いのか?量はどれくらいか?心配であげれなかったんですが、無事に解決できてトイプーちゃんもめちゃくちゃ喜んで食べてます! ありがとうございました)^o^(

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING