【獣医師監修】愛犬の「犬用誕生日ケーキ」を手作りする際の注意点!アレルギーは!?

愛犬を家族として可愛がっている飼い主にとって、愛犬の誕生日は特別な日です。ケーキを作ってお祝いしようとする時に知っておきたい注意点(アレルギーなど)やポイントについてご紹介します。正しい知識を持った上で愛犬とケーキを家族で囲み、記念日(バレンタイン)をお祝いしましょう!

【獣医師監修】愛犬の「犬用誕生日ケーキ」を手作りする際の注意点!アレルギーは!?
出典 : eedology/Shutterstock.com
先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬がケーキを食べても大丈夫なの?気になるカロリーは?

犬がケーキを食べても大丈夫なの?気になるカロリーは?

ayorch/ Shutterstock.com

犬がケーキを食べても基本的に問題ありません。

ただ、犬は出されたものを全て食べてしまうため、大きなケーキを目の前に置かれたら、お腹いっぱいになっても食べ続けてしまいます。

犬にケーキを与える際は、愛犬が食べても良い分だけケーキをカットして与えるなど、ケーキの与え方を工夫しましょう!

ケーキを「超小型犬」に与える際には注意が必要!

ケーキを「超小型犬」に与える際には注意が必要!

Maria Grin/ Shutterstock.com

犬用ケーキであっても、超小型犬にケーキを与える際には注意が必要です。

超小型犬にケーキを丸ごと与えてしまったら、消化不良により下痢(げり)をしてしまう恐れがあります。

喜んで食べている愛犬を見ると「今日は特別な日」という気持ちになってしまうかもしれません。

特に、超小型犬にケーキを与える場合には、通常より少なめに量を調整し、様子を見ながら与えるようにしましょう!

人間用と犬用のケーキの違いは!?アレルギーには気をつけて!

人間用と犬用のケーキの違いは!?アレルギーには気をつけて!

gvictoria/ Shutterstock.com

人間が食べるケーキは「スポンジ」「生クリーム」「フルーツ」をメインに作られています。

スポンジに含まれる小麦粉、卵、牛乳などのそれぞれの成分は犬にとって悪いものではありませんが、メインの食事として与えることは避けましょう。

犬用ケーキは、犬が食べることを前提に食材を選び、カロリー過多にならないように工夫されているケーキなので、人間用ケーキよりも安心して愛犬に与えることができます。

犬用ケーキ

Pixel-Shot/ Shutterstock.com

また、犬用ケーキはアレルギーを持っている犬に合わせて、材料を工夫していることもあります。

飼い主がケーキを作る場合には、アレルギーに十分注意し、食べられる材料でケーキを作りましょう。

【獣医師監修】犬が食べると中毒やアレルギーを引き起こす危険な食べ物!与えてはダメ!

犬用ケーキは糖分不要「ノンシュガー」がおすすめ!

犬用ケーキは糖分不要、ノンシュガーがおすすめ!

nito/ Shutterstock.com

ドッグフードには十分な糖分(炭水化物)が含まれているので、無理に愛犬にケーキなどの甘いおやつを与える必要はありません。

愛犬にケーキを作る際は、砂糖なしでも問題ないため、かぼちゃなどの甘い野菜を使うなど、自然の甘みを活かすくらいに留めて、ノンシュガーにした方が良いでしょう。

犬に人工甘味料の「キシリトール」を与えてはダメ!!

犬に人工甘味料の「キシリトール」を与えてはダメ!!

Istvan Csak/ Shutterstock.com

人間が食べるお菓子に入っている人工甘味料の「キシリトール」は、犬にとって危険な食べ物です!

犬に人工甘味料の「キシリトール」を与えると、インスリンの過剰分泌を起こして、低血糖や肝機能低下を起こすリスクがあります。

「キシリトール」はガムや飴の材料として有名です。

犬用ケーキの飾りのつもりで人間のお菓子を使った際に「キシリトール」が入っていることもあるので、必ず、原料表示を確認しましょう!

【獣医師監修】犬が食べると中毒やアレルギーを引き起こす危険な食べ物!与えてはダメ!

犬用ケーキにチョコレートを使用するのはとっても危険!

犬用ケーキにチョコレートを使用するのはとっても危険!

Africa Studio/ Shutterstock.com

愛犬がチョコレートを食べてしまった場合、チョコレートに入っている「テオブロミン」に愛犬が過剰反応する可能性があります。

人間にとってはいいとされるテオブロミンも、犬にとってはとても危険です!

ホワイトチョコレート

Jiri Hera/ Shutterstock.com

種類によってもテオブロミンの量は異なり、ホワイトチョコレートには含まれない一方で、特に、カカオが高濃度で含まれるチョコレートではテオブロミンの量が多いため注意が必要です。

もし、愛犬が誤ってチョコレートを食べてしまった場合には、かかりつけの獣医師に診てもらいましょう!

【獣医師監修】犬がチョコレートを食べても大丈夫?少量舐めても中毒に!?原因と対処法!

犬用ケーキの牛乳や生クリームは豆乳や野菜で代用可能!

犬用ケーキの牛乳や生クリームは豆乳や野菜で代用可能!

Iryna Kaliukina/ Shutterstock.com

スポンジケーキに使う牛乳は、無調整豆乳で代用できます。

かぼちゃさつまいもを使って土台を作る犬専用アレンジもおすすめです。

デコレーションはプレーンヨーグルトや水きりヨーグルトで行いましょう。

華やかに見せるため、犬用クッキーやカラフルな野菜を飾る方法もあります。

かぼちゃさつまいも、ミニトマトなど犬が食べられる野菜を使って、お誕生日用の飾りにしましょう。

犬用の簡単おすすめ「誕生日ケーキ」レシピ!

犬用の簡単おすすめ「誕生日ケーキ」レシピ!

thka/ Shutterstock.com

犬用の簡単おすすめ「誕生日ケーキ」レシピをご紹介します。

●犬用「誕生日ケーキ」レシピ!「豆乳&ヨーグルトでヘルシー」

犬用「誕生日ケーキ」レシピ!「豆乳&ヨーグルトでヘルシー」

Africa Studio/ Shutterstock.com

【材料】

・薄力粉(小麦粉):50g

・卵:2個

・無脂肪ヨーグルト:400g

・豆乳:20cc

お好みで デコレーション用の果物いちごバナナキウイフルーツなど)

【調理方法(レシピ)】

【調理方法(レシピ)】

progressman/ Shutterstock.com

1.前日に無脂肪ヨーグルトの水切りをします。ザルにキッチンペーパーを敷き、ヨーグルトを入れたまま、冷蔵庫に一晩置きます。

2.卵を卵白と卵黄に分けて、ボールに入れます。

3.卵黄に豆乳を入れ、よく混ぜます。

4.3に薄力粉(小麦粉)をふるって入れます。

5.オーブンを170度に予熱します。

卵白の泡立て

Sea Wave/ Shutterstock.com

6.卵白を角が立つまで泡立てます。

7.4と6を混ぜます。卵白をつぶさないようにしましょう。

8.型に流し込み、オーブンで30分焼きます。

9.焼きあがったら、型から外し、粗熱を取ります。

10.スポンジが冷めたら、半分にカットし、1のヨーグルトやお好きな果物でデコレーションしましょう。

犬用「誕生日ケーキ」のまとめ

まとめ

TijanaM/ Shutterstock.com

愛犬にしてみたら自分の誕生日ということは分からなくても、飼い主がニコニコかまってくれるだけで、うれしい気持ちになるものです。

おいしいケーキがもらえたら、なお一層の幸せでしょう。

犬の誕生日

AnnyStudio/ Shutterstock.com

毎年の誕生日に想い出が増えていくのは、家族のすてきな記念となります。

犬とケーキを囲み、楽しい誕生日を過ごしましょう!

【獣医師監修】愛犬に犬用クッキーを手作りするメリット!アレルギーや丸飲み注意!

【獣医師監修】人間用のお菓子は犬に与えてはダメ!肥満と病気のリスクも対処法は!?

【獣医師監修】犬がヨーグルトを食べても大丈夫?適量や注意点は?無糖のプレーンがオススメ?

みんなのコメント

goodsunさん
7/22が愛犬あんずの誕生日なので、とても参考になりました。とは言っても、私がケーキを作る訳ではないので、家族と共有します!
ともみんさん
母のワンコに、いつも人参と小麦粉で人参ケーキを作ってあげていたのですが、おからや胸肉、ほかのお野菜で栄養満点のケーキも作れるのですね!今度ワンコに会いに行くときに作ってみます!
タマちゃんさん
我が家の長男犬ドンちゃんが5月で二歳になります。市販のケーキは高くて悩んでいたため このレシピは本当に助かりました!母の愛もプラスできて とても良いと思います。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING