【なぜ?】愛犬の肉球からポップコーンの香ばしい匂いがする3つの理由とは!?

犬の肉球の香ばしい匂いはなぜ起こるのか、気になったことはありませんか? 実際のところは専門家も首をかしげるところのようで、いろいろな憶測が飛び交っています。考えられる理由の中から主要な3つを抜粋し、気になる疑問にお答えします。

【なぜ?】愛犬の肉球からポップコーンの香ばしい匂いがする3つの理由とは!?
出典 : SizeSquare's / Shutterstock.com

犬の肉球からポップコーンの匂いがする理由①「汗」と「足裏の汚れ」

犬の肉球からポップコーンの匂いがする理由その①~「汗」と「足裏の汚れ」

Reddogs/ Shutterstock.com

犬の肉球の周りには汗腺があって、体温調節を行っています。汗腺にも種類があり、アポクリン腺とエクリン腺に分かれるそうです。アポクリン腺からの分泌物と皮膚の中の細菌が混ざり合うことで、特有の犬臭さが起こるとされます。

ところが、肉球近くにはエクリン腺が多いそうです。アポクリン腺からの分泌物が少なくても体臭より強い臭いになる理由としては、足裏の汚れが関わっています。素足で地面を歩き回ったり舐めたりすることで臭いが悪化、ポップコーンのような香ばしい香りに変わるそうです。

飼い主によって香りの感じ方は様々で、カシューナッツやアーモンドの香り・コーンチップスのような香りと表現する方もいます。

●愛犬の匂いをチェックして体調管理をしましょう!

●愛犬の匂いをチェックして体調管理をしましょう!

Rasulov/ Shutterstock.com

愛犬を愛するあまりニオイフェチになってしまって、香りがしないところでは安眠できないほどになることもあるようです。しかし、そこまで重症ではなくても、肉球をクンクン嗅いだ経験がある方は多いのではないでしょうか。

犬の香りをチェックすることによって、体調管理もできると言います。皮膚病や感染症、ホルモンバランスの変化があると皮脂バランスが崩れて、体調不良に気付くケースもあるためです。香ばしい香りが酸っぱい臭いに変わってきたら、体調を気遣いましょう!

犬の肉球からポップコーンの匂いがする理由②「細菌」

犬の肉球からポップコーンの匂いがする理由その②~「細菌」

Alice and Kuba Potocki/ Shutterstock.com

犬の肉球からポップコーンの匂いがする理由として、肉球付近に酵母菌やプロテウスと呼ばれる細菌が付着、特有の臭いが生じるとする説もあります。しかし、どんなにきれいにシャンプーしても、愛犬のカラダから細菌がいなくなることはありません。毎日お風呂に入っている人間でさえ皮膚の表面に数えきれないくらいの細菌がいるので、犬ならなおさらです。

肉球部分は適度な湿気があって、細菌が繁殖しやすい環境であることも臭いを強くしています。雨の中にも細菌が含まれるそうで、濡れた地面を踏みしめた時に肉球についてしまうことも一因です。もともと持っていた細菌と雨からもらった細菌が混ざり合って、普段とは違った強い臭いを発することがあります。

じめじめしたまま放置するのは皮膚を清潔に維持するためにも良くないので、タオルで拭いてあげましょう。

●愛犬の足裏を清潔に保ち細菌の繁殖を防ぎましょう!

●愛犬の足裏を清潔に保ち細菌の繁殖を防ぎましょう!

sattahipbeach/ Shutterstock.com

犬の足裏を洗える場所が室外にあれば、きれいにしてから自宅に入れることによって、床が汚れる心配もなくなります。雨で濡れた全身にも細菌は付着しているので、そのままシャンプーするのも良いでしょう。人間のシャンプーではなく犬用シャンプーをストックして、月に1〜2回を目安にお手入れします。

シャンプーを終えたらタオルでしっかり水分を拭き取り、ドライヤーで乾かしましょう。濡れたまま放置すると再び細菌が繁殖してしまって、ケア効果が薄れます。ドライヤーが苦手な子もいるので、シャンプー前に練習すると良いでしょう。専用サロンでドライヤーに慣れさせて、自宅のケアに切り替えていく方法もおすすめです。

犬の肉球からポップコーンの匂いがする理由③「感染症」

犬の肉球からポップコーンの匂いがする理由その③~「感染症」

Djordje Novakov/ Shutterstock.com

細菌の臭いを感染症と関連づけて説明する専門家は、通常見られるくらいの繁殖レベルではポップコーン臭が出ることは考えにくいと指摘します。香ばしい匂いは耳の近く、たるんだ皮膚から感じることが多く、肉球からは感じないのが通常だそうです。

肉球から臭いがする場合は、耳の近くやたるんだ皮膚を掻いた際に膿が付き、感染症が広がった結果と考えられます。感染症といっても、健康な犬にもともと付着している緑膿菌が原因です。免疫力が落ちた時に体内で繁殖すると外耳炎、膀胱炎などの原因となりますが、菌がいるだけで悪さをすることはありません。

愛犬の肉球が臭すぎる場合は要注意!

愛犬の肉球が臭すぎる場合は要注意!

didesign021/ Shutterstock.com

もし、愛犬の肉球の臭いがあまりにも強い場合は、外耳炎を起こしてしまっているケースもあります。黄色い耳垢が目立ち、赤くただれる症状がないかを確認しましょう。外耳炎とは、表皮・真皮・アポクリン汗腺のいずれかが炎症を起こして、膿のような耳垢が増えてしまう状態です。

耳が垂れた犬種に起こりやすく、足でしきりに掻く様子があれば気にしてみる必要があるでしょう。耳の後ろを掻く頻度が高くなれば、肉球に付着する膿の量も多くなって臭いがひどくなってしまうこともあります。

トラブルがない時の耳垢はそれほど臭いがないため、肉球に臭いが移ることはありません。症状がひどくなると酸っぱい臭いがしてくることもあるため、定期的にチェックするようにしましょう。

肉球は地面に触れる部位

Blanscape/ Shutterstock.com

また、肉球は地面に触れる部位です。

そのため、コンクリートの熱さや小石を踏んだ刺激などからトラブルを起こしてしまうことがあります。もし、ひび割れやあかぎれを起こしてしまった場合は、エアコンの乾燥ダメージも気にしてあげましょう。

雑菌が入ってしまったことによって化膿を起こすと、より臭いが悪化することがあります。そして、化膿してしまった肉球が気になってしきりに舐めているうちに唾液が混じると、口臭と合わさった悪臭にもなりかねませんから、注意しましょう。

愛犬の健康のために肉球ケア(マッサージ)を忘れずに!

愛犬の健康のために肉球ケア(マッサージ)を忘れずに!

savitskaya iryna/ Shutterstock.com

愛犬の肉球を刺激や乾燥から起こるトラブルなどから防ぐため、専用クリームやローションを使ってお手入れしましょう!

電子レンジで温めたホットタオルを用意して、肉球周りをきれいにします。硬くなっている肉球にスチームをあてて、徐々にほぐしていくイメージです。足裏をきれいにしたところで肉球用のクリームやローションを塗り、やさしくマッサージしてあげます。

肉球のマッサージは、シニア犬の健康管理をする上でも推奨されるケア方法です。人間のようにスタミナアップ、内臓機能をサポートするツボがあるので、コンディションに合わせて刺激しましょう。前足には、こんなツボがあるそうです。

愛犬の肉球(前足)マッサージ①【疲労回復・スタミナアップ】

愛犬の肉球(前足)マッサージ①【疲労回復・スタミナアップ】

leungchopan/ Shutterstock.com

【4つの肉球(前足)】
・1番目(もっとも外側)のふくらみ:大腸

・2番目のふくらみ:心臓

・3番目のふくらみ:内臓

・4番目(もっとも内側)のふくらみ:小腸

適度な強さで愛犬の肉球を刺激してあげると、うっとりとした気持ち良さそうな顔をします。

飼い主と触れ合う時間でもあるので、定期的なケアを習慣にしましょう。圧が強すぎると嫌がるので、できるだけ弱い力から始めます。

愛犬の様子を見ながら強さを調整、体調管理に役立てましょう。後ろ足のツボにはどんなものがあるのかも見ておきます。

愛犬の肉球(後ろ足)のマッサージ②【肥満・代謝促進】

愛犬の肉球(後ろ足)のマッサージ②【肥満・代謝促進】

Mariia Vorona/ Shutterstock.com

【4つの肉球(後ろ足)】
・1番目(もっとも外側)のふくらみ:膀胱

・2番目のふくらみ:胆

・3番目のふくらみ:胃

・4番目(もっとも内側)のふくらみ:肝・生殖器

とくに愛犬の肉球が乾燥しているタイミングでは、肉球をケア(マッサージ)した後に靴下を履かせて、クリームを浸透させます。蒸れると肉球の匂いがひどくなるので、少したったら外しましょう。

肉球を触られるのが苦手な犬もいるので、そっと触れるくらいから信頼関係を構築します。ある程度慣れてきたところでお手入れを行い、肉球のケアは怖いことではないことを教えましょう。

「愛犬の肉球からポップコーンの匂いがする理由」まとめ

愛犬の肉球のニオイ

Patryk Kosmider/ Shutterstock.com

ふとした時に気になった香りが、もしかしたらトラブルサインになっている場合もあります。

また、いつも一緒にいると愛犬の肉球の匂いが分からなくなってしまって、人に指摘されてはじめて気付くこともあります。

ちょっとした変化にも敏感になって適切な対処をしていくことで、大きな病気を防ぎましょう!

みんなのコメント

肉球ぷにぷにさん
肉球マッサージ、早速やってあげたら、気持ちよさそうにしていました。我が家の犬は9歳なのですが、もっと早くからやってあげたかったです。いいコミュニケーションになりますね。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「犬の病気・症状」の人気記事RANKING