ほうれん草が愛犬を長生きさせる?取り扱いに注意が必要な食材

ほうれん草はアニメの「ポパイ」でもおなじみ、食べるとパワーがみなぎる栄養満点の野菜として有名です。犬にとっても食べると健康に効果的な成分がたっぷりです。しかし、本当にほうれん草は犬が食べて問題ないのでしょうか。食べさせるための注意点は? 今回は犬にほうれん草を食べさせる時に注意することを見ていきましょう。

犬にほうれん草を食べさせるのはOK?

犬がほうれん草を食べても問題はありません。むしろほうれん草には色々な栄養素が豊富で、健康で長生きをしてほしい愛犬に食べさせてあげたい食材とも言われています。
ただし、犬がほうれん草を食べる上では注意点があります。

犬がほうれん草を食べた際の【良い成分】と【悪い成分】

実際に犬がほうれん草を食べた時、どのような成分が犬にとって良く、どのような成分が犬にとって悪いのでしょうか。食べさせる前に勉強しておきましょう。
ほうれん草に含まれる良い成分
鉄分、カルシウム、血や骨を作るルテイン、白内障などなどの目の病気を予防する葉緑素

上記以外にも、ほうれん草にはビタミンも豊富に含まれていて、食べると犬にとって必要な栄養素がまんべんなく摂取できます。また、ほうれん草は一年中食べることができますが、秋から冬にかけてのほうれん草が旬を迎える時期のものはより栄養価も高くなり、食べるにもおすすめです。

ほうれん草に含まれる悪い成分シュウ酸
シュウ酸カルシウム結石の原因になるもの

ほうれん草には他の野菜と比べてもかなり多くのシュウ酸が含まれています。シュウ酸は「結石」の原因となる物質です。ただ、ほうれん草を少量食べる程度で結石にはならないため気にする必要はありません。

どのようにほうれん草を食べさせるのがベスト?

ほうれん草を犬に食べさせるにあたって湯通しをするとほうれん草に含まれていたシュウ酸を含むアクが取れます。その後、アクを残さないように水で十分に洗い流すと良いです。一方で、ほうれん草を食べて吸収したいビタミンなどの栄養は、長い時間茹でることで壊れてしまいます。必要な栄養素を残すためには、サッと湯通しすることがポイントです。

また、食べさせ方としては、ほうれん草を小さく刻んだり、つぶすことで体内に吸収されやすくなります。まとめて茹でて食べきらなかった分は冷凍するなど工夫すると良いとでしょう。

ほうれん草を食べさせる際に注意すべきこと

一般的に犬が食べて問題なく、栄養素もたくさん含まれているほうれん草ですが、すべての犬におすすめとは言えません。

ほうれん草に含まれるシュウ酸が原因で発症しやすい「結石」については、シーズー、ミニチュアシュナウザー他小型犬、ダルメシアンにも特にできやすいため注意が必要です。また再発率も高い病気の為、ほうれん草を食べさせることについては注意したいです。

遺伝的に結石ができやすい犬種の場合は、あえてほうれん草は食べさせずに他の栄養価が高いニンジン、カボチャなどの緑黄色野菜を食べさせるほうが安心です。「ほうれん草を食べることが好きなのだけど結石も気になる……」という場合は、食べた後にお水をたっぷりと飲むようにすることをおすすめします。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING