【獣医師監修】犬がグレープフルーツを食べても大丈夫?分厚い皮や投薬中は注意!適量は?

ビタミンを豊富に含んでいるのが、グレープフルーツです。グレープフルーツは亜熱帯を原産とする柑橘類で、人気のある果物です。グレープフルーツは犬に食べさせても大丈夫なのでしょうか?ここでは、グレープフルーツを犬が食べても大丈夫なのかどうか?について解説していきます。

【獣医師監修】犬がグレープフルーツを食べても大丈夫?分厚い皮や投薬中は注意!適量は?
出典 : Sergios/Shutterstock.com

犬がグレープフルーツを食べても大丈夫!(※投薬中は注意が必要!)

犬がグレープフルーツを食べても大丈夫!(※投薬中は注意が必要!)

Creative Family/ Shutterstock.com

犬がグレープフルーツを食べても基本的に大丈夫です。

グレープフルーツやオレンジなどの柑橘系の果物を、犬は苦手にしているという話があります。

グレープフルーツに関しては、犬に与え方さえ注意すれば食べても問題ありません。

ただしいくつかの薬剤と飲み合わせが悪い場合がありますので、投薬中であれば必ず獣医師の判断を仰いでください。

グレープフルーツの酸っぱさの元は?

グレープフルーツの酸っぱさの元は?

Elena Sherengovskaya/ Shutterstock.com

グレープフルーツの酸っぱさの要因はクエン酸です。

グレープフルーツに含まれている酸のうち9割近くがクエン酸で、このクエン酸がグレープフルーツの酸っぱさのもとになっています。

愛犬に与えるグレープフルーツの栄養素は?

愛犬に与えるグレープフルーツの栄養素は?

Africa Studio/ Shutterstock.com

グレープフルーツの栄養成分はどのようなものなのでしょうか?

グレープフルーツには、ビタミンCが豊富に含まれていることは有名ですが、カロリー(糖質や脂質、タンパク質)やミネラル類はあまり含まれていません。

グレープフルーツの最大の栄養源であるビタミンCですが、グレープフルーツの100gあたりのビタミンCの含有量は、みかんとほぼ同量の36mgです。

ただし、グレープフルーツの最大の特徴であるこのビタミンC(アスコルビン酸)は犬の体内で生成されるため、果物から摂取する必要はありません。

愛犬にグレープフルーツを与える際には分厚い「皮」に注意!

愛犬にグレープフルーツを与える際には分厚い「皮」に注意!

Anetlanda / Shutterstock.com

愛犬にグレープフルーツを与えても問題ありません。

ただし、愛犬がグレープフルーツを食べる際に、グレープフルーツの分厚い「皮」には注意が必要です。

グレープフルーツの「皮」は厚く消化にも良くないため、愛犬が食べてしまうと消化不良から体調を崩す恐れがあります。

愛犬にグレープフルーツを与える際は、「皮」がついたまま与えることは避けましょう。

愛犬に与えるグレープフルーツの適量は?

愛犬に与えるグレープフルーツの適量は?

All for you friend/ Shutterstock.com

愛犬にグレープフルーツを食べさせる時はどれくらいの量を与えるのが良いのでしょうか?

グレープフルーツやみかんのような柔らかく、水分が豊富な果物を犬は好む傾向にあります。

グレープフルーツが好きな犬は多く「もっと食べたい!」とおねだりをするかもしれません。

しかし、グレープフルーツなどの果物を過剰摂取すると下痢(げり)や嘔吐(おうと)の原因になりますので与え過ぎは禁物です。

グレープフルーツを愛犬に与える目安としては、摂取カロリーの20%以内と言われています。

また、グレープフルーツには果糖が含まれています。

目安の量を超えて愛犬にグレープフルーツを与え続けると、肥満の原因になることも考えられますので、十分注意しましょう!

愛犬に与える「グレープフルーツ」のまとめ

愛犬に与える「グレープフルーツ」のまとめ

LeventeGyori/ Shutterstock.com

グレープフルーツを愛犬に与えることは問題ありません。

ただし、愛犬にグレープフルーツを与えすぎると、下痢(げり)や嘔吐(おうと)、肥満の原因にもなりかねません。

グレープフルーツのような副食は、数度に分けておやつ感覚で与えることをおすすめします。

愛犬の健康を守れるのは、飼い主だけです。

愛犬が健康で楽しく生活していけるように、飼い主が愛犬の健康管理をおこないましょう!

【獣医師監修】犬にみかんを与えても大丈夫?みかんの薄皮や白い筋を食べてもOK?

【獣医師監修】犬がキウイフルーツを食べても大丈夫!肥満や過剰摂取に注意!与え方は?

【獣医師監修】犬にゼリーを与えても大丈夫?老犬や食欲不振の犬におすすめ!?

監修者情報

徳本 一義 先生(獣医師)
徳本 一義 先生(獣医師)
小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。大学卒業後、小動物臨床に従事したのち、大手ペットフードメーカーで15年以上、臨床栄養学の観点からペットフードの開発、ならびに研究・情報発信に携わる。現在は獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動のほか、複数の獣医系大学で講師を兼任するとともに、ペット栄養学会 理事など、ペットの栄養に関する団体の要職も務める。
続きを読む

みんなのコメント

洋平ママさん
わんちゃんのお薬によっては注意が必要なんて初めて知りました。。。びっくりです。我が家のダックスはまだお薬飲んでいませんが、今後は気を付けたいと思います。ありがとうございました。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING