【獣医師監修】「犬の急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)」 原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?

犬の「急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)」とは、老廃物や毒素を排出する機能をもつ腎臓の機能低下によって起こる病気で、急激に体調が悪化します。ここでは急性腎不全について詳しく解説します。

先生にお聞きしました
宮川 優一 先生
日本獣医生命科学大学 臨床獣医学部門治療学分野Ⅰ(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)獣医学部獣医学科卒業。

2010年に日本獣医生命科学大学大学院で犬および猫の慢性腎臓病の早期診断の研究で博士(獣医学)号を取得。

2011年から日本獣医生命科学大学に着任し、同時に付属動物医療センター腎臓科を担当。

犬および猫の腎臓病・泌尿器疾患、体液・酸塩基平衡を中心に診療、研究を行っている。

自宅で、自己主張が苦手なシェルティ(オス5歳)と、走り回るのが大好きなミックス猫(メス7歳)と暮らす。

【翻訳書】
「イヌとネコの腎臓病・泌尿器病-丁寧な診断・治療を目指して」Canine and Feline Nephroligy著 ファームプレス
続きを読む

犬の腎臓【構造と働き】

犬の腎臓の働き

犬の泌尿器の構造

犬の泌尿器の構造

腎臓は、カラダの左右に1つずつある豆粒のような形状の臓器で、血液を濾過(ろか)し、体内に不要な老廃物や毒素を尿として排出します。

濾過したもののうち、体内に必要なものは再吸収し、尿の中には捨てないようにする働きも。

また、尿に含まれる水分の量を増減することで、体内の水分量を調節しています。

さらに、体液のイオンバランスや血圧、血液の酸性度を一定に保ち、血液を増やすホルモンを生成する役割もあります。

犬の腎臓の働き

犬の腎臓の働き

犬の尿作成装置「ネフロン」の働き

腎臓は、「糸球体(しきゅうたい)」という血管の塊と「尿細管」という細い管からなる「ネフロン」という構造単位が、何十万個も集まってできています。

糸球体が、コーヒーフィルターのように血液を濾(こ)して、尿の原料(原尿)を尿細管の中に通します。

尿細管では、カラダに必要な栄養素やミネラルを血管の中に回収します。

残った成分は、体内に不要なものとそれを捨てるために必要な最小限の水分と一緒に捨てられます。

尿は、尿管を通って膀胱に溜まり、ある程度溜まったら、排尿行動により体外に出ていきます。

犬の腎臓「ネフロン」の働き

犬の腎臓「ネフロン」の働き

犬の急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)とは?

犬の「腎不全」とは?

犬の「腎不全」とは?

Parilov/ Shutterstock.com

腎臓はある一定以上壊れてしまうと、構造も機能も元には戻りません。

「腎不全」とは病名ではなく、腎機能が著しく低下して、体内に老廃物が蓄積し、それらによってさまざまな症状(「尿毒症症状」と言います)を示す状態のことをさします。

「急性腎臓病」という用語は、さまざまな原因で生じる急性的な腎疾患の総称で、腎臓の機能が低下すること、タンパク尿や構造的な問題があることによって、「急性腎臓病」と診断されます。

突然、急激に腎機能が低下する「犬の急性腎臓病(急性腎不全・急性腎障害)」

突然、急激に腎機能が低下する「犬の急性腎臓病(急性腎不全・急性腎障害)」

藤田もる / PIXTA(ピクスタ)

ここからは急性腎臓病として解説します。急性腎臓病は、「腎不全」が突発的に発症し、わずか1日ほどで急速に機能が低下します。

早期に発見・治療できれば治癒する可能性はあるものの、発見・治療が遅ければ、死に至る可能性の高い、非常に深刻な病気です。

最近では、急性腎不全になる前により早く見つけ、治療していくことで予後を改善させるという目的のために、「急性腎障害(AKI)」という概念が提唱され、症状を示す前から数時間~2日以内の尿量の減少や検査数値のわずかな変動をとらえようとしています。

「急性腎障害(AKI)」を診断するには細かく検査を受ける必要があるため、手術を受けて入院していたり、他の病気で入院している犬に見つかることが多いです。

多くの犬は腎不全に至って、症状を示してから病院に行くことになるため、早期発見が難しいと言われています。

一方、慢性腎不全の場合は、年月をかけて腎臓の機能が徐々に低下していきますが、最終的にはさまざまな急性症状を引き起こします。

分類急性腎不全慢性腎不全
発症の特徴腎機能が急激に低下(1日〜数週間)腎機能が徐々に低下(数ヶ月〜数年)
原因脱水やショック状態、薬剤などが原因慢性腎炎、腎盂腎炎など
腎機能回復の可能性回復の可能性あり回復は見込めない

【獣医師監修】犬の慢性腎不全(慢性腎臓病)原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?

犬の急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)【原因】

急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)の原因は「腎前性」「腎性」「腎後性」に分類

急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)の原因は「腎前性」「腎性」「腎後性」に分類

急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)の種類

急性腎不全は、腎不全の原因となる部位によって、大きく「腎前性」「腎性」「腎後性」の3つに分類されます。

犬の腎前性急性腎不全

腎臓自体は正常なものの、流れ込む血液の量が大幅に減少し、腎臓内の血流が悪化して濾過できなくなって生じる急性腎不全を「腎前性急性腎不全(じんぜんせいきゅうせいじんふぜん)」と呼びます。

具体的な原因としては虚血(ショック、脱水、心拍出量の減少、外傷、高・低体温、火傷、長時間の麻酔など)があげられます。

犬の腎性急性腎不全

犬の腎性急性腎不全

cynoclub- stock.adobe.com

腎臓そのものが障害を受けて起きる急性腎不全を「腎性急性腎不全(じんせいきゅうせいじんふぜん)」と呼びます。

腎臓に毒性のある薬剤(抗菌薬・造影剤)、食べ物(ぶどう・レーズンなど)、ラジエーターや保冷剤に使われるエチレングリコール、重金属などの摂取、感染症(腎盂腎炎、レプトスピラ症)、糸球体腎炎、リンパ腫などにより、虚血(腎臓内の血液量が減少して組織が壊れた状態)になり、腎性急性腎不全が引き起こされます。

犬の腎後性急性腎不全

腎臓で作られた尿を体外へ排泄するための経路(尿管、膀胱、尿道)が、炎症や石、腫瘍などで閉塞したために発症する急性腎不全で、「腎後性急性腎不全(じんごせいきゅうせいじんふぜん)」と呼びます。

犬の急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)【症状】 

犬の急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)【症状】 

Mitchy- stock.adobe.com

急性腎不全は、一刻も早い治療が必要です。以下のような症状が見られたら、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

急に食欲や元気がなくなった
嘔吐をしている
アンモニアのような口臭がする
尿がまったく出ていない
脱水・体内の水分低下

重篤になると、昏睡や痙攣の症状も見られます。

犬の急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)【発症しやすい犬種】

犬の急性腎不全は、すべての犬種で性別・年齢を問わず発症する可能性があります。

犬の急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)【診断方法】 

犬の急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)【診断方法】 

Wayne_PHOTO / PIXTA(ピクスタ)

以下のような検査により、腎臓の構造的な異常やタンパク尿、腎機能の低下を評価し、その結果をふまえて治療方法を検討します。

問診・身体検査

先述した症状の有無、症状が始まった時期、投薬歴、毒性物質と接触した可能性、合併症などを確認します。

また、口臭(アンモニア臭)の有無、触診で腎臓の大きさや形、膀胱内の尿の溜まり具合などを調べます。

血液検査

腎臓の機能を反映する指標である尿素窒素[BUN]やクレアチニン[Cre]の値が上昇していることを確認します。

尿検査

尿検査

iStock.com/3DFOX

尿の濃度やタンパク尿の有無を判定します。

尿が濃縮されず薄くなっていると腎臓の機能低下を示し、タンパク尿は腎臓の組織が障害を受けていることを示しています。

腎臓が原因でタンパク尿が出ていれば、腎臓病と診断されます。

X線検査・超音波検査

腎臓の大きさや形が正常か、尿路結石の有無などを調べます。

慢性腎臓病では腎臓は小さくなることが多いです。

超音波検査では、腎臓の形や中の構造の異常も評価できます。

犬の急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)【治療方法】 

犬の急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害) 【治療方法】 

Mintr/ Shutterstock.com

急性腎不全の治療では、腎臓の働きを低下させている原因を取り除いて、できるだけ早く尿を体外へ排出させることがなによりも優先されます。

血管からの点滴

脱水状態だと、腎臓に巡る血液量が不足して、傷ついた腎臓の細胞(ネフロン)がさらに破壊されてしまいます。

そのため、体内の水分を増やすために血管から輸液を点滴します。

点滴でカラダ全体に水分を行き渡らせるためには時間がかかるので、入院が必要になります。

点滴後も尿が出ない状態が改善されない場合、過剰な点滴は死亡原因になるので輸液量を調整します。

利尿薬を投与しつつ4~6時間ごとに経過を観察して体重をチェックし、脱水している分の輸液量を点滴していきます。

犬の急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)【治療方法】

Konstantin Zaykov/ Shutterstock.com

尿路の開通

触診で腎後性急性腎不全とわかった場合は、ただちに閉塞している尿路を開通させます。

血液透析(人工透析)

点滴しても尿が出ない場合は、血液透析を検討します。

ただし、透析できる動物病院は限られているので、獣医師とよく相談してください。

これらの治療が適切なタイミングで行うことができて腎臓が再生することができれば、尿を作る機能、排尿する機能が回復します。

その後、通常より尿量が多い「多尿期」を迎えます。その後、正常な尿量に戻ります。

犬の急性腎不全の進行

犬の急性腎不全の進行

犬の急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)【予防対策】 

犬の急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害) 【予防対策】 

Nicky J Graham/ Shutterstock.com

新鮮な水をいつでも飲めるようにしておく

水を入れた容器を数か所に置くなど、いつでも犬が飲めるようにしておきましょう。

また排尿をしやすい環境も整えてください。

腎毒性物質を犬から遠ざける

ぶどう、レーズン、人間用の薬、保冷剤などを、犬が届きやすい場所に置いておくことは避けましょう。

定期的検査による早期発見

異常がなくても、定期的に血液検査や尿検査を受けることが早期発見につながります。

中年齢以降では毎年行いましょう。

犬の急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)と間違えやすい病気 

慢性腎不全

慢性腎不全

yacobchuk / PIXTA(ピクスタ)

腎不全の場合、急性か慢性では治療法が異なります。

そのためにまず急性か慢性かを、血液ガス・代謝性アシドーシス・貧血の有無、リンやカルシウムの数値、腎臓の大きさなどで診断します。

すみやかな診断や治療をしてもらうためにも、血液検査など定期的な検診をしておくとよいでしょう。

みんなのコメント

こうたさん
腎臓のイラストがキレイで分かりやすかったです。 犬の病気も限りなく人と近く、驚きました。 犬を飼っている友達に教えてあげたいと思います。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る