【獣医師監修】犬が桃を食べても大丈夫!?「種」や「アレルギー(中毒)」には注意!

甘くてジューシーな桃は、夏の代表的なフルーツです。愛犬と旬の味覚を楽しみたいと思う飼い主もいると思いますが、犬は桃を食べても大丈夫なのでしょうか?桃に含まれる栄養素や犬に桃を食べさせるメリット、注意点などについて解説します。

先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬は桃を食べても大丈夫!ただし「種」やアレルギーには注意!

犬は桃を食べても大丈夫!

iStock.com/Lisa5201

犬は桃を食べても大丈夫です。

桃は夏に旬を迎え、犬が食べられるいちごさくらんぼりんご、梨などと同じバラ科の果物です。

犬が桃の「種」を誤飲しないように注意!

犬が桃の「種」を誤飲しないように注意!

LeS / PIXTA(ピクスタ)

桃の種は、犬が誤飲する危険性のある大きさなので、うっかり飲み込んで、喉(のど)に詰まらせないよう注意が必要です。

また、腸に詰まって腸閉塞になるといった事故につながる心配もあります。

愛犬がゴミ箱をあさったり、桃の種が落ちているのを見つけてガリガリかじっているうちに、誤って飲み込んでしまうことも考えられますから、犬の目につくところに桃の種を捨てないように気をつけましょう。

【獣医師監修】犬が食べ物を噛まずに丸呑みしても大丈夫?大きな食べ物やおもちゃに注意!

桃の「種」による犬の中毒症状

桃の「種」による犬の中毒症状

iStock.com/Phanuwat Yoksiri

桃の種には、消化される際に青酸化水素を発生させる「アミグダリン」と言う有害物質が含まれています。

もし愛犬が誤って桃の種を食べてしまったら、すぐ死に至るという心配はありませんが、呼吸困難や嘔吐、痙攣(けいれん)などの中毒症状が現れる可能性があります。

なお、「アミグダリン」は、桃の実の部分にも少量ですが、含まれています。

完熟した実にはほとんど含まれていませんが、十分に熟していない青い実には多く含まれているので、庭や畑に桃の木がある場合は、落ちた桃を愛犬が食べないように注意が必要です。

犬の桃「アレルギー」には要注意!

犬の桃「アレルギー」に注意!

iStock.com/cynoclub

犬に桃を食べさせるときはアレルギーにも注意が必要です。

特に、いちごさくらんぼりんごなどのバラ科の果物にアレルギーを起こしたことのある犬には、桃はあげない方がいいでしょう。

桃のおもな栄養素と犬が桃を食べるメリット

桃のおもな栄養素

桃のおもな栄養素

Eve Photography/ Shutterstock.com

桃には、果糖と水分、ビタミンEなどが多く含まれているほか、カリウムや水溶性の食物繊維であるペクチンも豊富に含まれています。

桃のおもな栄養素(生100gあたり)

-
エネルギー40kcal
水分88.7g
タンパク質0.6g
脂質0.1g
炭水化物10.2g

【参照元】文部科学省「食品成分データベース」

桃のペクチンが犬の便秘改善

桃のペクチンで犬の便秘改善

iStock.com/Wavetop

桃に含まれる水溶性の食物繊維であるペクチンは、腸内細菌の栄養となり、腸内環境を整える働きがあるため、便秘気味の愛犬にはおすすめの食べ物です。

桃のビタミンEが酸化防止

桃のビタミンEが酸化を防止

marylooo / PIXTA(ピクスタ)

桃は、りんごいちごなどの果物に比べるとビタミンEが豊富な果物です。

ビタミンEは、抗酸化作用によって、体内の酸化を防ぎ、カラダを守る働きがあるので、桃は愛犬の健康なカラダを保つのに役立ちます。

桃のカリウムで血圧をコントロール

桃のカリウムで血圧をコントロール

bodza2- stock.adobe.com

カリウムは、体内のナトリウムとバランスをとりながら摂りすぎた塩分を体外に排出して、血圧を下げる働きがあります。

カリウムが多い果物としては、バナナメロンスイカが知られていますが、桃にもカリウムが含まれています。

犬が桃を食べる時の与え方や適量は?

桃の皮は剥き、種を取って、小さめに切る

桃の皮は剥き、種を取って、小さめに切る

kuro3 / PIXTA(ピクスタ)

桃の皮は消化が悪いので剥き、種を除いた実をあげましょう。

とくに小型犬の場合は、実を喉に詰まらせないよう、細かく刻んであげるのが安心です。

犬に桃を食べさせる時の適量

犬に桃を食べさせる時の適量

Javier brosch- stock.adobe.com

桃は果糖を多く含む果物です。

糖は活動の際にエネルギー源となるものですが、摂りすぎると消費しきれないエネルギーが体内に蓄積され、犬の肥満につながります。

また、水分が多く、食物繊維のペクチンが豊富なため、食べすぎると下痢の原因になるので、愛犬に与える量には気をつけてください。

桃(生)を食べる時の適量(目安)

犬のサイズ(体重目安)1日あたりの摂取可能目安量
超小型(2kg程度)94g(大1/3個)
小型(3-5kg程度)128-187g(大1/2-3/4個 )
中型(6-15kg程度)215-427g(中1-2個 )
大型(20-30kg程度)530-718g(中2-3個 )
超大型(30-50㎏程度)718-1053g(大2-3個 )

おやつは、犬の1日の摂取カロリーの20%までとされています。

また、愛犬が適正体重を上回っている場合は、現体重ではなく、適正体重に基づいた量を食べさせることも大切です。

愛犬に与える「桃」のまとめ

愛犬に与える「桃」のまとめ

iStock.com/photomaru

桃は、飼い主が注意すれば、犬が食べても大丈夫な果物です。

ただし、愛犬に食べさせるなら生の桃を選び、ゼリーや缶詰、アイス、ジュースなど加工品は避けましょう。

桃はもともと糖分が多いため、甘みを加えた加工品は、愛犬の健康を損ねる可能性があります。

愛犬の健康管理は、飼い主の役目です。

愛犬と楽しい毎日を過ごすためにも、愛犬が食べられる食材を知り、健康的な生活を送りましょう。


【獣医師監修】犬がパイナップル(缶詰)を食べても大丈夫?アレルギーや注意点、適量は?

【獣医師監修】犬がマンゴーを食べても大丈夫?マンゴーの種は?与え方や注意点、適量は?

【獣医師監修】犬がメロンを食べても大丈夫!?アレルギーに注意!メロンの皮や適量は?

みんなのコメント

モモカンさん
毎年お中元で桃を頂くので、愛犬にあげていいのか悩んでいました。 一緒に食べられると分かって嬉しいです。 ありがとうございます!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「食べ物」の人気記事RANKING