【獣医師監修】犬がオクラを食べても大丈夫!?メリットや注意点、種は食べてOK?

夏に旬を迎えるオクラ。納豆のように「ネバネバ成分がカラダによさそう」と、好んで食べる方も多いと思います。人間と同様に、犬にオクラを食べさせてもいいのでしょうか?今回は、夏の野菜、オクラを犬に与えるメリットや注意点について解説します。

先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬はオクラを食べても大丈夫!

犬はオクラを食べても大丈夫!

iStock.com/rudisill

オクラは犬が食べても大丈夫な夏野菜の一つです。

生でも加熱しても、どちらで食べても問題ありません。

「シュウ酸を含んでいるので、尿路結石の原因になるのでは?」という情報を見かけることがあります。

しかし、シュウ酸が多く含まれるほうれん草に比べると、オクラに含まれるシュウ酸の量は圧倒的に少なく、グラムあたりの含有量は、犬が食べても問題のないキャベツの半分程度です。

犬がオクラを食べるメリットや栄養素!

オクラのおもな栄養素

kuro3 / PIXTA(ピクスタ)

オクラのおもな栄養素

ヘルシーな野菜のイメージがあるオクラですが、おもな栄養素は以下の通りです。

オクラのおもな栄養素(生100gあたり)

-オクラ
エネルギー30.0kcal
水分90.2g
タンパク質2.1g
脂質0.2g
炭水化物6.6g

文部科学省「食品成分データベース」

ネバネバ成分の食物繊維で快便に!

iStock.com/pooraya

ネバネバ成分の食物繊維で快便に!

オクラを刻んだ時にネバネバする成分は、ペクチンとムチンです。

ペクチンは、水溶性食物繊維で、腸の環境を整えて、下痢(げり)や便秘を改善する働きがあります。

ムチンは、粘膜を保護するほか、タンパク質の消化や吸収をサポートします。

便秘気味の犬やお腹の調子が悪い犬には、オクラのネバネバ成分の整腸効果に期待できるでしょう。

βカロテンの抗酸化作用で抗ストレス!

rifotolia- stock.adobe.com

βカロテンの抗酸化作用で抗ストレス!

オクラは、抗酸化作用が期待されるβカロテンを豊富に含む緑黄色野菜です。

気温の高低差や激しい運動、ストレスによって、体内に活性酸素が溜まると、人も犬も細胞が傷つけられる心配があります。

そんな時に体内で活躍してくれるのが、活性酸素を除去するβカロテンです。

さらに、βカロテンは、愛犬のカラダの中で必要に応じてビタミンAに変換されます。

体内でビタミンAに変換されたβカロテンは、皮膚や粘膜を正常な状態に保ったり、視力を維持する働きを持っています。

カリウムで塩分排出と代謝アップ!

iStock.com/alexei_tm

カリウムで塩分排出と代謝アップ!(※腎臓病を患っている犬は注意が必要!)

オクラに含まれるカリウムには、体内のナトリウムとバランスをとりながら、摂りすぎた塩分を体外に排出し、血圧を下げる働きがあります。

細胞を正常な状態に保ったり、代謝をよくする作用もありますが、腎臓病を患っている犬は、カリウムの摂取量を控えなければいけない場合があります。

愛犬に腎臓病の心配がある場合は、事前に食べさせていいかどうか獣医師に相談してください。

犬がオクラを食べる時の与え方や適量は?

生でも加熱してもOK!種も一緒に刻んで

iStock.com/yipengge

生でも加熱してもOK!種も一緒に刻む

犬にオクラを食べさせる時は、生でも茹でたり焼いたりして加熱しても大丈夫です。

中の種もそのまま一緒に細かく刻み、主食にトッピングしてあげましょう。

犬がオクラを食べる時の適量は?

iStock.com/damedeeso

犬がオクラを食べる時の適量は?

オクラはカロリーが少ない野菜なので、摂取可能量をカロリーから算出すると、かなり多い量になります。

しかし、オクラには食物繊維が豊富に含まれているため、愛犬が大量のオクラを食べると下痢(げり)になる可能性も考えられます。

愛犬にオクラを食べさせる時は、主食にパラパラとトッピングとして載せる程度にしてあげましょう。

犬がオクラ(生)を食べる時の摂取可能量

犬のサイズ(体重目安)1日あたりの摂取可能目安量
超小型(2kg程度)125g(9本)
小型(3-5kg程度)170-249g(12-17本)
中型(6-15kg程度)286-569g(20-40本)
大型(20-30kg程度)706-957g(50-68本)
超大型(30-50㎏程度)957-1404g(68-100本)

犬にオクラを与えた場合「アレルギー」は大丈夫?

オクラに「アレルギー」はある?

Unchalee- stock.adobe.com

人間ではオクラにアレルギー症状が現れるケースは、ほぼありませんが、絶対にないとは言い切れません。

犬も同じように考えて、初めて愛犬にオクラを食べさせる時は、少しの量から、食後普段と変わった様子がないか見てあげましょう。

もしオクラを食べた後に、下痢(げり)や嘔吐(おうと)、皮膚の痒み(かゆみ)などが出た場合は、すぐにかかりつけの獣医師へ相談してください。

愛犬に与える「オクラ」のまとめ

愛犬に与える「オクラ」のまとめ

happyphoto / PIXTA(ピクスタ)

納豆のようなネバネバした食べ物をあまり好まない犬もいますが、オクラは犬のカラダにもメリットがある野菜です。

愛犬の食が進まない時や便秘気味の時などに、トッピングやおやつとして活用してみて下さい。

愛犬と楽しい毎日を過ごすためにも、愛犬が食べられる野菜を知り、健康的な生活を送りましょう。

【獣医師監修】犬は納豆を食べても大丈夫?納豆の臭いやアレルギー、健康メリットは?

【獣医師監修】犬がトマトを食べても大丈夫?トマチン中毒(花・葉・茎)に要注意!

【獣医師監修】犬がブロッコリー(生)を食べて大丈夫?メリットや注意点、芯は食べてOK?

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「食べ物」の人気記事RANKING