【獣医師監修】犬の皮膚にしこり・できものがある。この症状から考えられる原因や病気は?

愛犬の皮膚にしこりやできものを発見したら、飼い主としてはどう対応すべきなのでしょう。あわてることなく適切に対応できるように、犬の皮膚にしこりやできものができる原因と対処法について解説します。

先生にお聞きしました
呰上(あざかみ) 大吾先生
呰上(あざかみ) 大吾先生
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医保健看護学科 獣医保健看護学臨床部門・准教授(獣医師・獣医学博士)、獣医腫瘍科認定医II種

2000年日本獣医生命科学大学獣医学科を卒業、獣医師免許取得。2004年、同大学大学院にて犬の悪性腫瘍に関する研究で博士号取得。大学付属動物病院での研修を経て、2007年より現職。動物の腫瘍や臨床検査に関する講義・実習を担当するとともに、大学付属動物病院では腫瘍に苦しむ動物の診断・治療に当たっている。日本獣医がん学会理事(獣医腫瘍科認定医認定委員長兼任)、日本獣医臨床病理学会理事、動物臨床医学会評議員・学術委員。
代表著書に「写真でわかる基礎の動物看護技術ガイド」(誠文堂新光社)、「人とどうぶつの血液型」(緑書房)などがある。
続きを読む

犬の皮膚にしこり・できものがある【考えられる原因】

犬の皮膚にしこり・できものがある【考えられる原因】

Sergey Granev/ Shutterstock.com

炎症

細菌などの微生物が体内に侵入して増殖することを「感染」と言います。

この感染によって犬の皮膚に炎症が起きて、できものやしこりができることがあります。

代表的なものでは、けんかや事故による外傷、感染、ワクチンなどで皮膚の下の脂肪組織に炎症が起きる「脂肪織炎」があります。

皮膚の炎症が大きな病気につながることもあるので、普段から愛犬の状態をチェックしてあげることが大切です。

このほか、垢などの老廃物が皮膚の内部に溜まってしまう「表皮嚢胞(粉瘤)」によって、皮膚上にできものやしこりができることもあります。

腫瘍

「腫瘍」とは、遺伝子(DNA)が突然変異し、細胞が無秩序に増殖する病変のこと。

犬の皮膚にできるしこりやできものは、腫瘍の疑いがあります。

良性腫瘍と悪性腫瘍があり、良性腫瘍が命を脅かすことは稀ですが、悪性腫瘍では、他の臓器に転移する可能性があるため、命を脅かすことがあります。

また、悪性腫瘍では増殖のスピードが速いため、早めに発見して治療することが重要です。

皮膚の腫瘍は、皮膚の表面に発生するものと皮下に発生するものに分けられます。

皮下に発生する腫瘍で代表的なものに、脂肪腫があります。

皮膚の腫瘍では、一般的に体調の変化があまり見られません。

しかし触れたり、観察することで、飼い主が気づきやすい腫瘍でもあります。皮膚にできものやしこりを見つけたら、病院で検査してもらいましょう。

犬の皮膚にしこり・できものがある【こんな場合は要注意!】

犬の皮膚にしこり・できものがある【こんな場合は要注意!】

Yato Kenshin/ Shutterstock.com

皮膚にしこりやできものがある時には、以下の行動や症状が見られることがあります。
病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

皮膚を舐めたり、掻いたり、噛んだりしている
一部分だけが脱毛している
皮膚に出血が見られる
膿が出ている

これは本当?

飼い主がいちばん気になるのは、「皮膚にできたしこりやできもが腫瘍なのか?」ということかと思います。

しかしながら、それが腫瘍なのか、腫瘍だとしたら良性なのか悪性なのかは、見た目(しこりの色など)では判断できません。

良性・悪性腫瘍の見分け方として、
良性腫瘍の色 ⇒白、黄、ピンク
悪性腫瘍の色 ⇒黒、赤黒い、紫
という情報がWEBなどで掲載されていますが、「確実」というものではありません。


しこりが良性・悪性のどちらであるのかは、しこりに針を刺して中の細胞を取り出して顕微鏡で観察する細胞診検査や、しこりを切り取り薄切りにして顕微鏡で観察する病理検査をしないと判明しないものです。

くれぐれも自身で判断しないようにしてください。

犬の皮膚にしこり・できものがある【この症状で考えられるおもな病気】

犬の皮膚にしこり・できものがある【この症状で考えられるおもな病気】

makotomo/ Shutterstock.com

犬の無菌性結節性脂肪織炎(脂肪織炎)

ミニチュアダックスフンドによく見られる皮下脂肪組織の炎症性疾患で、免疫介在性と言われていますが原因は不明です。
腰や足の付け根の皮膚などにしこりが複数できて、膨らんで破裂したりします。
皮膚症状以外に発熱や食欲不振など全身症状も見られます。

犬の表皮嚢胞

皮膚の下に袋状のものができ、皮脂や角質が溜まる病気です。
良性ですが、全身どこにでもでき、大きくなると破裂する恐れがあります。
ミニチュアシュナウザーやシーズーによく見られます。

犬の脂肪腫

脂肪細胞の良性腫瘍で、脂肪細胞が異常に増殖し、皮下にしこりができる病気です。
胸部や腹部などにでき、ゆっくり大きくなるため、おもな症状はありませんが、筋肉内や体腔内などに発生した場合には部位によって痛みや臓器の機能障害が起きる可能性もあります。

犬の皮脂腺腫

毛包の付属する皮脂を分泌する腺の腫瘍で、皮膚腫瘍の1/3程度を占めています。
通常は良性のものが多く、脱毛してドーム状になりますが、切除すれば治癒します。

犬の皮膚乳頭腫

皮膚に乳頭のようなイボができる病気です。
若い犬や抵抗力の落ちた犬の場合、イヌパピローマウイルスへの感染が原因です。
多くは良性で自然消失していきますが、稀に悪性化し、扁平上皮癌になることがあります。

犬の皮膚組織球腫

皮膚に存在する表皮ランゲルハンス細胞の腫瘍です。
耳介や頭部(口周りなど)、耳介、口の周り、足先などに発症することが多く見られます。
急速に赤く大きくなるので心配なしこりですが、基本的には良性1cm以上になることは少ないとされています。
他の腫瘍とは異なり、治療しなくてもほとんどの場合、2〜3ヵ月以内に自然治癒します。

犬の肥満細胞腫

アレルギー反応に関与する「肥満細胞」が腫瘍化する病気です。
肥満細胞は炎症を引き起こす化学物質(ヒスタミンなど)を持つため、できものが赤く腫れ上がって痒みが出る場合があります。
また、炎症物質が血液を通じて胃潰瘍が起こる恐れもあります。
肥満細胞は白血球の一種なのでリンパ管を通じて移動することができるため、転移が起きやすい腫瘍として知られています。

犬の血管周皮腫

毛細血管や静脈の周囲にある血管周皮細胞に腫瘍ができる病気です。
犬には見られますが、猫には稀な疾患です。
発生部位は四肢が多く、とくに肘や大腿部に発生することが多いとされています。
転移することはほぼありませんが、再発率が非常に高く、歩行障害等の原因にもなるため、早期治療が重要です。

犬のリンパ腫

白血球の一種であるリンパ球が癌化する病気です。
腫瘍の発生部位によって分類され、顎の下、わきの下、膝の裏等に存在するリンパ節に発生する「多中心型リンパ腫」が8割を占めます。
肥満細胞腫と同じように血液やリンパ管を通じて自由に動き回る性質があるため、全身にがんが拡がり、食欲不振や元気消失などの全身症状も現れます。

【腫瘍科認定獣医師監修】犬のお腹・胸にしこり・できものがある。この症状から考えられる原因や病気は?

【腫瘍科認定獣医師監修】犬のお尻にしこり・できものがある。この症状から考えられる原因や病気は?

【腫瘍科認定獣医師監修】犬の耳にしこり・できものがある。この症状から考えられる原因や病気は?

みんなのコメント

marumamaさん
3年前から飼っているコリーも首におできのようなものができたことがあります。 癌ではないかと不安になり、病院へすぐ行きました(結果、感染症でした)。 かかりつけの病院がある大切さを痛感しました。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING