【獣医師監修】犬のよだれ(唾液)がポタポタ止まらない。この症状から考えられる原因や病気は?

犬がよだれをたらすことは、けっして珍しいことではありません。とはいえ、普段よりもよだれの量が多かったり、よだれがポタポタ止まらなかったりすると、心配になりますね。ここでは、犬がよだれをたらす原因と、獣医師の診察を受けるべき病的な症状について解説します。

先生にお聞きしました
藤田 桂一先生
フジタ動物病院院長、獣医師

日本獣医畜産大学大学院獣医学研究科修士課程修了。1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

日本小動物歯科研究会会長、(社)日本獣医学会評議員、(財)動物臨床医学会理事、(公財)動物臨床医学研究所評議員、日本獣医療倫理研究会理事、 (NPO法人)高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク理事、日本獣医臨床病理学会評議員、(社)日本動物病院福祉協会、世界動物病院協会、日本動物病院会、小動物臨床研究会さくら会、PCM 研究会、その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。また、岩手大学農学部獣医学科非常勤講師(2008~2012年)、帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科非常勤講師(2012年~)日本大学生物資源科学部獣医学科高度臨床獣医学非常勤講師(2013年~)もつとめている。

編著:基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1 interzoo
   基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2 interzoo
続きを読む

犬のよだれ(唾液)が止まらない【考えられる原因】

生理的な反応

生理的な反応

Africa Studio/ Shutterstock.com

犬がよだれをたらす原因の一つは、匂いなどの外部からの刺激に対する生理的な反応です。

食べ物の匂いがすれば、それを受け入れる準備として唾液がより多く分泌され、口の中に食べ物や異物がある場合にも、唾液の量が増えて、よだれを出します。

車酔いでよだれが増える犬

anon_tae/ Shutterstock.com

また、犬は人間のように汗をかくことで体温を下げることができないので、口を開け舌を出して呼吸(パンティング)することによって体温を調節しますが、この時にも、よだれが出ます。

犬がクルマに乗っている時にも、よだれが増えることがあります。吐き気を催すと唾液の分泌が促されますので、クルマ酔いしやすい場合は、頻繁に休憩するようにしましょう。

誤飲誤食による中毒

誤飲誤食による中毒

Anton Watman/ Shutterstock.com

散歩中に植物を食べたり、カラダに合わない食物や化学薬品などを誤飲誤食したりすると、中毒により唾液の分泌が増えることがあります。

口腔内の疾患

口腔内の疾患

Chalermsak/ Shutterstock.com

口腔内に外傷や異物(糸状の異物が舌にからみつくなど)があると、口腔内の粘膜部分に炎症が起きて口内炎の原因に。

また、口腔内の痛みや刺激で、唾液の分泌が促されることがあります。

消化器系の疾患

消化器系の疾患

Konstantin Zaykov/ Shutterstock.com

消化器系に異物が混入したり、胃腸炎、膵炎、胃捻転・胃拡張などでも、唾液の分泌量が増えます。

このほか、呼吸器系、循環器系、脳の異常など、さまざまな疾患によりよだれが多くなることがあります。
よだれは単なる生理現象と簡単に片付けるのではなく、いつもと比べてよだれの量が多い、その状態が長く続くのなら、それは病気のサインと考えてよいでしょう。

これも原因?

犬のよだれ(唾液)が止まらない原因として、

暑い時
リラックスしている
咽頭部の炎症
熱中症


という情報がWebなどに掲載されていますが、現在、「よだれが多い」状態と直接的な因果関係はわかっていません。

犬のよだれ(唾液)が止まらない【こんな場合は要注意!】

犬のよだれ(唾液)が止まらない【こんな場合は要注意!】

Vladimir Konstantinov/ Shutterstock.com

以下の症状が見られる場合は、口腔や消化器系の病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

前足で口のまわりを掻くような仕草をする

口腔内に異物があると、口の周囲を掻いて取り除こうとする仕草が見られます。

口のまわりだけでなく顔全体が腫れている
片方の歯でしかものを噛まなくなった
歯垢・歯石が多く付いている
口臭がする、よだれが臭い
口の中にできものがある
よだれに血がまじっている
口を触られるのを嫌がるようになった

歯周病の可能性があります。

胃捻転のホワイトテリア

David Charles Cottam/ Shutterstock.com

吐きそうにしているが何も吐かない
呼吸が苦しそう
腹部がパンパンになっている

胃捻転や胃拡張の恐れがあります。

嘔吐している

食物による中毒や膵炎あるいはその他の消化器疾患の可能性があります。

犬のよだれ(唾液)が止まらない【この症状で考えられるおもな病気】

犬の口内炎

犬の口内炎

Mary Lynn Strand/ Shutterstock.com

口内の炎症の総称で、口腔内の異物の存在、頬の粘膜に歯垢が付いた歯面が接したことによるもの、糖尿病や腎臓病、免疫疾患などさまざまな原因で起こります。
口腔粘膜に発赤や潰瘍が見られたり、よだれや強い口臭、食欲不振等が見られます。

犬の舌炎

犬の舌炎

Christian Mueller/ Shutterstock.com

舌が炎症を起こす病気です。外傷や細菌などの感染症、火傷や歯の疾患が原因になります。
舌が赤く腫れ、白い潰瘍ができたり、よだれや強い口臭が現れます。
また、痛みから食欲不振に陥ることもあります。

犬の歯周病

犬の歯周病

Stefan Malloch/ Shutterstock.com

歯垢中の細菌が歯面に付着して、歯周組織(歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨)が炎症を起こす病気で、3歳以上の成犬・成猫の約80%が歯周病をもっていると言われています。
歯肉にだけ炎症を起こす歯肉炎とその他の歯周組織まで炎症が及んだ歯周炎を総称したものを「歯周病」と呼びます。

犬の口腔内腫瘍

犬の口腔内腫瘍

De Jongh Photography/ Shutterstock.com

犬の口腔内悪性腫瘍で代表的なものは、悪性メラノーマ、扁平上皮癌、線維肉腫です。
このうち悪性メラノーマが最も罹患率が高く、リンパ節や肺に転移しやすい腫瘍です。
一般的に口腔内悪性腫瘍は、外科的に切除します。

犬の胃拡張胃捻転症候群

犬の胃拡張・胃捻転症候群

Khakimullin Aleksandr/ Shutterstock.com

犬の胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん)とは、胃が異常に大きく膨らんだ状態です。

大型犬(特に胸の深い犬種)が食後に運動したときなどに見られます。

苦しそうな呼吸状態となり、胃捻転(いねんてん)に進行することもあります。

緊急疾患なので、直ちに動物病院を受診する必要があります。

犬の急性膵炎

犬の急性膵炎

MadPhotosPI/ Shutterstock.com

消化液である膵臓の酵素が活発になり、膵臓自体を溶かしてしまう炎症性の病気です。
脂肪の多い食餌や肥満、高脂血症、薬物、内分泌疾患などがあると、膵炎を引き起こしやすくなります。
激しい腹痛や下痢、嘔吐が突然起こり、ショック死する恐れもあります。

このほか、呼吸器系、循環器系、脳の異常などの疾患が考えられます。

みんなのコメント

歯磨き大好き犬さん
よだれから、胃捻転や急性膵炎なんて怖い病気の可能性もあるんですね!うちのラブラドールもよだれ多めなので、気をつけてあげたいと思いました!
さくらんぼ🍒さん
我が家も、ラブラドールレトリバーを飼って居ますが、何時も心配‼️よだれが、何時もより多いとか、何を基準にして良いのか‼️むつかしくおもいます。
ころちゃんさん
三月末に、病院で、僧坊弁狭窄症で、四月中頃まで、命がない。と言われました。16才のシベリアンハスキーとシェパードのミックス犬です。なんと、点滴三本治療で、元気になりましたが、認知症もあり、左まわりにぐるぐるまわり、失禁しますが、まだ、命あります。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING