【獣医師監修】犬の頭(体全体)が震えている。考えられる原因や症状、主な病気は?

犬の頭が震えている時は、頭だけでなく体全体が震えていることが多くあります。なぜ犬の頭や体が震えているのか、飼い主としては心配になると思います。ここでは、犬が震える原因や考えられる主な病気について解説します。

先生にお聞きしました
小林 豊和 先生
グラース動物病院院長、帝京科学大学生命環境学部 准教授(獣医師・獣医学博士)

日本大学大学院獣医学研究科修了 博士(獣医学)

【資格】
獣医師

【所属】
公益社団法人 東京都獣医師会杉並支部 会員
JPMA(社)日本ペットマッサージ協会 理事
ペットシッタースクール(ビジネス教育連盟) 講師
ペット栄養管理士(日本ペット栄養学会認定)
日本獣医皮膚科学会 会員
日本小動物歯科研究会 会員
日本ペット栄養学会 会員
◆産業カウンセラー(一般社団法人 日本産業カウンセラー協会認定)
◆ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド(HANB)教育マスターインストラクター(日本ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド・ソサエティ認定)

「最良のホスピタリティと獣医療を提供する」をミッションに、地域や飼い主のニーズに応えている。
犬の食事についての造詣も深い。

【著書】
イラスト、写真でよくわかる 愛犬の育て方~選び方・しつけ・飼い方・健康管理~」(新星出版社)
年をとった愛犬と幸せに暮らす方法」(WAVE出版)
愛犬健康生活BOOK 5歳からはじめる病気と介護」(主婦と生活社)

【監修】
愛犬の介護ガイドBOOK」(文化出版局)
ほか



続きを読む

犬の頭が震えている【考えられる原因】

震えの原因①【頭部と他の部位も震えている】

震えの原因①【頭部と他の部位も震えている】

fongleon356 / PIXTA(ピクスタ)

頭だけの震えではなく、ほかの部位も同時に震える場合があります。

また、全身をよく見て震えのほかにも、愛犬に症状が出ていないかよく見てみましょう。

犬の頭部と他の部位の震える原因①【心的要因】

犬の頭部と他の部位の震える原因①【心的要因】

Stowen Seto/ Shutterstock.com

恐怖や不安、緊張などストレスを感じる環境に犬が置かれた場合に、震える様子が見られることがあります。

なお、愛犬が極度の怖がりだったり、繊細だったりする場合には、社会トレーニングなどでストレス耐性をあげることも必要でしょう。

かかりつけの獣医師やドッグトレーナーに相談してみましょう。

犬の頭部と他の部位の震える原因②【痛み】

病気やけがなどによる痛みで犬が震えることがあります。

犬の頭部と他の部位の震える原因③【ホルモン系のトラブル】

犬の頭部と他の部位の震える原因③【ホルモン系のトラブル】

Photosebia/ Shutterstock.com

細胞の代謝を促進する甲状腺ホルモンの機能が低下する甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)では、症状のひとつとして、震えることがあります。

頭部と他の部位の震える原因④【中毒】

犬の中毒などが原因で神経に影響が出ることで、震えることがあります。

震えの原因②【頭部の震え】

犬の頭部の震え①【脳や神経系の異常】

犬の頭部の震え①【脳や神経系の異常】

successo images / PIXTA(ピクスタ)

犬の頭部の震えは、脳や神経系の疾患が疑われます。

脳梗塞(のうこうそく)や脳腫瘍(のうしゅよう)は、梗塞が起きたり腫瘍ができたりする場所によって、頭部が震えるといった部分的な震えが起きることもあり得ます。

犬の頭が震えている【この症状で考えられる主な病気】

犬の頭が震える主な病気①【甲状腺機能低下症】

犬の頭が震える主な病気①【甲状腺機能低下症】

iStock.com/Mykola Komarovskyy

「犬の甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」とは、代謝などをコントロールする甲状腺ホルモンの分泌量が低下する病気です。

主な症状として、肥満、活動性の低下、体温の低下、被毛のつやがなくなる、しっぽの毛が少なくなる、食事量の減少といった症状をきたします。

犬の頭が震える主な病気②【特発性てんかん】

「犬の特発性てんかん」とは、痙攣(けいれん)や両手足の硬直などのてんかん発作を持つものの、その他に異常が認められない病気です。

犬のてんかんの多くは特発性てんかんです。

てんかん発作が5分以上続いたり、1日に何度も繰り返す場合は、処置が必要になります。

犬の頭が震える主な病気③【脳炎】

犬の頭が震える主な病気③【脳炎】

135pixels/ Shutterstock.com

「犬の脳炎(のうえん)」には、細菌や真菌、ウイルス、寄生虫などの感染によって起こる感染性脳炎と、感染以外の原因によって起こる非感染性脳炎があります。

これらの脳炎によって発熱や全身の痙攣(けいれん)、歩行障害、視力低下などの症状が現れます。

犬の頭が震える主な病気④【脳梗塞】

「犬の脳梗塞(のうこうそく)」とは、脳の血管が細くなったり、血栓ができることで血管が詰まり、脳に障害が起きる病気です。

脳梗塞を起こすと、目の焦点が合わない、ぐるぐる回る、体の片側が麻痺する等の症状が現れます。

命を落とす恐れもあります。

犬の頭が震える主な病気⑤【脳腫瘍】

犬の頭が震える主な病気⑤【脳腫瘍】

sommart sombutwanitkul/ Shutterstock.com

「犬の脳腫瘍(のうしゅよう)」とは、脳に腫瘍ができる病気で、もともと脳に腫瘍ができる「原発性」と他から腫瘍が転移する「続発性」があります。

発作や旋回、眼振、運動失調など、腫瘍の部位によって症状が異なります。

また、性格や顔の表情が変わることもあります。

犬の頭が震えている【まとめ】

犬の頭が震えている【まとめ】

iStock.com/Sakan Piriyapongsak

犬の頭や体全体が震えている原因はさまざまです。

てんかんや、脳炎、脳腫瘍など深刻な病気の可能性もありますので、早めに動物病院で診てもらいましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING