【獣医師監修】犬のうんちが黄色っぽい。この症状から考えられる原因や病気は?

明らかにいつもの便と違う黄色いうんちは、ビックリしますよね。うんちは犬の健康のバロメーターなので、もしいつもと違う色をしていたら、うんち以外にいつもと変わった状況がないか確認しましょう。ここでは、犬が黄色っぽいうんちをした場合の症状から考えられる原因や病気について解説します。

先生にお聞きしました
石岡 克己 先生
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医保健看護学科 獣医保健看護学臨床部門・教授(獣医師・獣医学博士)

同大学付属動物医療センター 消化器科担当 獣医師

1993年に北海道大学獣医学部獣医学科を卒業し、獣医師免許を取得。

神奈川の動物病院で数年の勤務の後、北海道大学大学院獣医学研究科に入学、イヌの肥満の分子生物学をテーマに博士号を取得。その後、博士研究員を経て2005年より現職。

動物看護師の教育に携わりながら付属動物医療センターでは消化器科を受け持ち、内視鏡検査などを担当。

【所属】
日本動物看護学会誌 編集委員長
全国動物保健看護系大学協会カリキュラム委員長
動物看護師統一認定機構カリキュラム検討委員長および問題策定委員長

【著書】
・「犬と猫の臨床検査マスターブック 検査の意義とテクニックのポイント」(AS BOOKS)
など
続きを読む

犬のうんちが黄色っぽい【考えられる原因】

犬のうんちが黄色っぽい【考えられる原因】

Kristian Randel/ Shutterstock.com

健康な犬のうんちの色は茶色か焦げ茶色なので、それ以外の色のうんちが出たという時点で、まずは「何らかの不調があるかもしれない」と疑ったほうが賢明です。

明らかにいつもと違って色が薄く、黄色っぽいうんちが出たときは、「脂肪便」の可能性があります。

「脂肪便」とは、消化されなかった過剰な脂肪分が含まれているうんちのことで、一般的に消化不良が原因です。

うんち全体が黄色っぽい場合もありますが、茶色のうんちの一部だけが黄色っぽくなっている場合や、白色に近いグレーっぽい色になる場合もあります。

MitchyPQ/ Shutterstock.com

通常は膵臓(すいぞう)からたんぱく質やでんぷん・脂肪などを分解する消化酵素が分泌されますが、膵臓の病気で分泌ができなくなると消化不良を起こしてしまいます。

そして脂肪が分解されないまま、うんちとして体外に出ると、色の薄い黄色やグレーの脂肪便になるのです。

うんちが黄色っぽくなる原因が一時的な消化不良によるものであれば、とりあえず緊急性はありません。

しかし、長引くようであれば膵臓の検査が必要なので、獣医師に相談しましょう。

犬のうんちが黄色っぽい【こんな症状は要注意!】

犬のうんちが黄色っぽい【こんな症状は要注意!】

Chendongshan/ Shutterstock.com

以下の症状が見られる場合は、病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

黄色〜薄いグレーのうんちが何回か続けて出ている
食糞行動がみられる

脂肪分を好むためか、犬は脂肪便を食べる傾向があるようです。

犬が何度もうんちを食べるときは、脂肪便となっている、つまり膵臓(すいぞう)の病気が隠れている可能性もあるため、獣医師に診てもらったほうがよいでしょう。

明らかに犬が元気で食欲もあり、「たった1回だけ、少し色の変わったうんちが出た」というだけであれば、様子を見ていてもいいでしょう。

しかし、うんちが犬の健康を判断する重要なバロメーターであるという点は、常に意識しておいてください。

犬のうんちが黄色っぽい【この症状で考えられるおもな病気】

犬のうんちが黄色っぽい【この症状で考えられるおもな病気】

didesign021/ Shutterstock.com

犬の膵外分泌不全症(EPI)

犬の膵外分泌不全症(すいがいぶんびふぜんしょう)とは、膵臓が膵液(消化酵素を含む)を作れなくなり、消化不良を起こす病気です。

栄養素を十分に吸収できなくなるため、食欲はあっても痩せてしまいます。

慢性の下痢や脂肪便のほか、食糞行動が見られる場合もあります。

治療には、消化酵素製剤を飲み続ける必要があります。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING