【獣医師監修】犬の体重が減少している。考えられる原因や症状、おもな病気は?

ごはんもこれまで通りなのに、急激に体重が増えたり減ったりすると飼い主は心配ですよね。犬の体重は、人間と同様に、摂取カロリーと消費カロリーのバランスによって変動します。ここでは、犬の体重が減る原因と考えられる病気について解説します。

先生にお聞きしました
小林 豊和 先生
グラース動物病院院長、帝京科学大学生命環境学部 准教授(獣医師・獣医学博士)

日本大学大学院獣医学研究科修了 博士(獣医学)

【所属】
公益社団法人 東京都獣医師会杉並支部 会員
JPMA(社)日本ペットマッサージ協会 理事
ペットシッタースクール(ビジネス教育連盟) 講師
ペット栄養管理士(日本ペット栄養学会認定)
日本獣医皮膚科学会 会員
日本小動物歯科研究会 会員
日本ペット栄養学会 会員
◆産業カウンセラー(一般社団法人 日本産業カウンセラー協会認定)
◆ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド(HANB)教育マスターインストラクター(日本ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド・ソサエティ認定)

「最良のホスピタリティと獣医療を提供する」をミッションに、地域や飼い主のニーズに応えている。
犬の食事についての造詣も深い。

【著書】
イラスト、写真でよくわかる 愛犬の育て方~選び方・しつけ・飼い方・健康管理~」(新星出版社)
年をとった愛犬と幸せに暮らす方法」(WAVE出版)
愛犬健康生活BOOK 5歳からはじめる病気と介護」(主婦と生活社)

【監修】
愛犬の介護ガイドBOOK」(文化出版局)
ほか



続きを読む

犬の体重が減少している【考えられる原因】

犬の体重が減少している【考えられる原因】

Africa Studio/ Shutterstock.com

消費カロリーが増えて、摂取カロリーを上回った

一般的に摂取カロリーより消費カロリーのほうが大きければ、人間と同じように犬の体重は減ります。

犬がカロリーを摂取するおもな方法は食事になりますが、犬が健康であり、食欲もきちんとあって体重が減った場合は、シンプルに「消費カロリーが摂取カロリーを上回った」と考えてよいでしょう。

運動量が増えた、筋肉が増えた

運動量が多いと、消費カロリーが増えるため、摂取カロリーより消費カロリーが多ければ、体重は減少します。

また、運動によって筋肉が増えると、基礎代謝が上がるため、消費カロリーはより増えます。

運動量が増えた、筋肉が増えた

Javier Brosch/ Shutterstock.com

体温調整をする機会が多い

基礎代謝には、体温調整に使う消費カロリーもあります。

例えば、犬も摂取カロリーも同じという条件で、屋外で飼う場合と屋内で飼う場合を比較すると、屋外で飼う場合の方が体温調整をする機会が多くあるため、カロリーをより消費し、体重が減ると考えられます。

寄生虫

お腹の中に寄生虫がいると栄養を消費するため、体重が減ります。

多くの場合は下痢や嘔吐を伴いますが、症状が出ないこともあるため注意が必要です。

腫瘍

腫瘍が発症している場合も、腫瘍が栄養を奪うため、体重が減ります。

偏食や少食

Africa Studio/ Shutterstock.com

消費カロリーは変わらず、摂取カロリーが減った

偏食や少食

食事を与えようとしても、原因不明の少食や、味の好みが合わないといった偏食が理由で、食事量が少ない場合には、摂取カロリーが少ないため、体重は減ります。

与えている食事量の不足

いつもと同じ食事量をあげていると思っていても、きちんと計量していないなら、食事の量は意外とバラツキがあるかもしれません。

もし毎回少しずつ「与えるべき量」より少なく与えていたとしたら、エネルギー摂取が不足することになります。

まずは1日分の適量を図ったうえで、小分けに与えてください。

消化器系の疾患

Mariia Boiko/ Shutterstock.com

消化器系の疾患

慢性的な下痢や嘔吐が続いている場合には、栄養や水分の吸収が妨げられ、体重が減ります。

歯の疾患による食欲不振

歯周病や歯槽膿漏といった歯のトラブルが原因となって、食べたくても食べられない、または食欲がなくなることがあります。

この他の病気でも、病状が進行すると、食欲がなくなることも多く、結果として、体重が減少することになります。

食欲不振を放置しないなど、日ごろから愛犬の変化を気にしておくことが必要です。

【獣医師監修】犬の食欲不振・犬が食べない。考えられる原因や対処方法は?

犬の体重が減少している【こんな症状は要注意!】

犬の体重が減少している【こんな症状は要注意!】

Javier Brosch/ Shutterstock.com

犬の体重が減少するとともに、以下の症状が見られる場合は、すぐに病院で診てもらいましょう。

水をたくさん飲む
おしっこをたくさんする

糖尿病の可能性があります。

おしっこをたくさんする

ThamKC/ Shutterstock.com

下痢が続いている
たびたび嘔吐する

消化器系の疾患の可能性があります。

ウンチや吐いたものを持参したり、スマホで撮影するなどして、なるべく早く獣医に診てもらいましょう。

犬の体重が減少している【この症状で考えられるおもな病気】

犬の体重が減少している【この症状で考えられるおもな病気】

Boryana Manzurova/ Shutterstock.com

犬の糖尿病

犬の糖尿病(とうにょうびょう)とは、「インスリン」というホルモンがきちんと働かなくなったり、膵臓からの分泌量が減ることで、糖をエネルギーとしてうまく利用できなくなる病気です。

多飲多尿、体重減少のほか、重度になると脂肪の分解が増えるためにケトン体が増え、血液が酸性化し、食欲低下、元気消失、下痢や嘔吐を示します。

犬の消化管内寄生虫症

犬の消化管内寄生虫症(しょうかかんないきせいちゅうしょう)とは、回虫や条虫、原虫などの寄生虫が消化器官に寄生する病気です。

線虫はおもに虫卵の経口摂取によって感染しますが、条虫は中間宿主であるノミの経口摂取により感染します。

下痢や嘔吐、血便等の消化器系症状が現れます。

犬の消化管内寄生虫症

Mary Lynn Strand/ Shutterstock.com

犬の慢性腸炎(まんせいちょうえん)

犬の慢性腸炎(まんせいちょうえん)とは、慢性的に腸の炎症が続く病気です。

多くは、急性腸炎が慢性化して発症します。

周期的な下痢や嘔吐、体重減少、強い口臭、多飲多尿などが現れます。

不安やストレスが原因になることもあり、治りにくい病気です。

犬の慢性膵炎(まんせいすいえん)

犬の慢性膵炎(まんせいすいえん)とは、慢性的に膵臓に炎症が起きる病気です。

急性膵炎になった後、感染症や膵管の狭窄により、慢性膵炎に移行します。

食欲旺盛にもかかわらず、体重が減少し、粘土色をした強い臭いの下痢をするようになります。

犬の慢性膵炎(まんせいすいえん)

Ermolaev Alexander/ Shutterstock.com

犬の歯周病

犬の歯周病(ししゅうびょう)とは、歯垢中の細菌が歯面に付着して、歯周組織(歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨)が炎症を起こす病気で、3歳以上の成犬・成猫の約80%が歯周病をもっていると言われています。

口腔内の炎症が鼻腔内に影響すると、くしゃみや鼻水を引き起こすことがあります。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING