【獣医師監修】犬の下半身が動かない。この症状から考えられる原因や病気は?

ある日突然、愛犬の下半身が動かなくなって、立てなくなることがあります。骨折や脱臼などの外傷でない場合は、脊髄神経疾患による麻痺症状かもしれません。深刻な状態になることをできるだけ避けるために、原因や注意すべき症状をここで押さえておきましょう。

先生にお聞きしました
長坂 佳世 先生
D&C Physical Therapy 院長(獣医師)

麻布大学外科学第2研究室を卒業後、都内の動物病院で一般診療に携わる。

【経歴】
◇2006年:CHI Institute(フロリダ州)にて鍼治療認定資格(CVA)、マッサージ療法認定資格(CVT)取得。
◇2008年:ゼファー動物病院にて一般診療、リハビリテーション診療を担当。
◇2011年:テネシー大学公認、リハビリテーション認定資格(CCRP)取得。
◇2011年:ゼファー動物病院にてリハビリテーション専門診療を行う。
◇2013年:独立。日本初の犬と猫のリハビリテーションに特化した動物病院「D&C Physical Therapy(フィジカルセラピー)」を開院。

【所属】
一般社団法人 日本獣医麻酔外科学会
公益社団法人 東京都獣医師会
杉並区獣医師会
日本動物リハビリテーション学会 理事
日本動物理学療法研究会(JSAPT)

ペット雑誌からの取材記事、動物医療専門誌への寄稿多数。

現在、Mix 猫1匹と一緒に暮らす愛猫家。
続きを読む

犬の下半身が動かない【考えられる原因】

犬の下半身が動かない【考えられる原因】

RazoomGame/ Shutterstock.com

下半身が動かない場合は、その原因が骨からきているものなのか、神経系からきている疾患なのかを見極めることが大切です。

骨折

事故などによる腰や骨盤の骨折でも、下半身が動かなくなることがあります。



脊髄神経(せきずいしんけい)の疾患

脊髄の疾患により、神経機能が消失することで下半身が麻痺します。

ダックスフンドに多い椎間板ヘルニアに代表されます。

フレンチブルドッグなどに多く見られる先天的な脊椎奇形が原因のこともあります。

犬の下半身が動かない【こんな症状は要注意!】

犬の下半身が動かない【こんな症状は要注意!】

StudioByTheSea/ Shutterstock.com

以下の症状が見られる場合は、病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

下半身を触ろうとすると嫌がる
前肢だけですすむ
自力で立ち上がれない
後足、尾の痛覚を消失している
尿をもらす

ひどい場合は急に下半身が動かなくなり、後足や尻尾を触っても反応がない場合もあります。

なお、脱臼や骨折が考えられない場合は、椎間板(ついかんばん)ヘルニアや脊髄腫瘍(せきずいしゅよう)、脊髄梗塞(せきずいこうそく)、奇形など脊髄神経系の病気が考えられます。

下半身が動かなくて尿漏れする犬

Beer5020/ Shutterstock.com

これも原因?

犬の下半身が動かない原因として、Webなどで「老化」という情報が掲載されていますが、現在、直接的な因果関係はわかっていません。

老化の場合は、全体的にゆっくりと身体機能が低下していくので、急に下半身のみ麻痺することはありません。

また、老化で尿漏れする場合は、単に腹筋や膀胱の筋力が弱まったからということも考えられます。

犬の下半身が動かない【この症状で考えられるおもな病気】

犬の椎間板(ついかんばん)ヘルニア

Kanthanat Srisantisuk/ Shutterstock.com

犬の椎間板(ついかんばん)ヘルニア

犬の椎間板(ついかんばん)ヘルニアとは、背骨の中を走っている脊髄が圧迫され、首や腰に痛みが出たり、足が麻痺したりする病気です。

脊髄神経に障害が起きて、足がもつれる、歩けない等、歩行に異常がみられます。

重症化すると、足が麻痺したり、排尿ができなくなったりします。

椎間板ヘルニアは発生する場所によって症状が違います。

犬の脊椎奇形(せきずいきけい)

Rafa artphoto/ Shutterstock.com

犬の脊椎奇形(せきずいきけい)

犬の脊椎奇形(せきずいきけい)とは、背骨の椎骨に奇形が見られる病気です。

遺伝などが原因で、椎骨がほぼ形成されない半椎や椎骨がくっついている融合椎など椎骨に異常が生じます。

奇形の程度にもよりますが、脊髄損傷が起こると歩行障害や足の感覚の異常が起こります。

Nestor Rizhniak/ Shutterstock.com

犬の脊髄腫瘍(せきずいしゅよう)

犬の脊髄腫瘍(せきずいしゅよう)とは、脊髄に腫瘍ができる病気です。

腫瘍の部位によって、硬膜外腫瘍(こうまくがいしゅよう)・硬膜内腫瘍(こうまくないしゅよう)・髄内腫瘍(ずいないしゅよう)に分かれます。

初期はふらつきや足をひきずるようになり、進行すると四肢が麻痺し、完全に歩けなくなることもあります。

犬の脊椎奇形

WilleeCole Photography/ Shutterstock.com

犬の脊髄梗塞(線維軟骨塞栓症)

犬の脊髄梗塞(せきずいこうそく)とは、脊髄の血管に線維軟骨が詰まり、血流が急激に途絶えるため、脊髄障害を起こす病気です。

梗塞の起こった部位により、症状は異なりますが、完全麻痺や呼吸困難を起こすことも。椎間板ヘルニアの症状ととてもよく似ています。

みんなのコメント

こまりさん
犬は四本足である分、下半身が動かなくなるというリスクもあるんですね。 いろんな症状名の可能性があるようなので、 困ったときは自分で判断せず、獣医さんに見せるのが一番よさそうですね。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING