【獣医師監修】老犬のてんかん発作の原因や理由は?対処・治療法(副作用)、治療費、予防対策は?

老犬でも「てんかん」になることがあります。発作が一過性ではなく、繰り返すものをてんかんと言いますが、それには遺伝的素因が考えられるもの、脳腫瘍や腎不全、甲状腺機能低下症のような病気、外傷、中毒などに起因するものがあります。今回は、老犬のてんかんの原因や症状、治療法や予防対策を解説します。

先生にお聞きしました
箱崎 加奈子 先生
麻布大学獣医学部獣医学科 卒業
【獣医師】【ドックトレーナー】【トリマー】
ペットスペース&アニマルクリニックまりも 病院長
一般社団法人女性獣医師ネットワーク 代表理事
株式会社WVN代表取締役

【学歴・経歴】
◇1982年:東京生まれ、東京育ち
◇2001年:青山ケンネルスクールトリミング科 卒業
◇2007年:麻布大学獣医学部獣医学科 卒業
◇2009年:アニマルプラザ ドッグトレーナーズカレッジ 卒業
◇2009年:ペットスペース&アニマルクリニックまりも 開業
◇2011年:女性獣医師ネットワーク設立(2016年一般社団法人化)
◇2017年:株式会社WVN 設立

【資格】
獣医師
日本ドッグトレーナー協会 ドッグトレーナー A級ライセンス
日本アニマルアロマセラピー協会認定 アニマルアロマセラピスト
◇青山ケンネルスクールトリミング B級ライセンス 

【所属】
一般社団法人 女性獣医師ネットワーク代表理事

【著作物】
最新版 愛犬の病気百科」愛犬の友編集部
犬にも人にも優しい飼い方のメソッド 愛犬をケガや病気から守る本」愛犬の友編集部

【ペットへの想い、職業上のペットとのかかわり】
18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。
ペットとその家族のサポートをしたい、的確なアドバイスをしたいという思いから、トリマーとして働きながら獣医師、ドッグトレーナーになりました。
病気の予防、未病ケアに力を入れ、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護師、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。
現在の愛犬は「シーズー」。
看板犬、スタッフ育成のモデル犬として良きパートナーです。
ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、ヨークシャテリアとも暮らしてました。
家族のいない犬の一時預かり、離乳前の子猫を育てるミルクボランティアなどもやってます。
続きを読む

老犬のてんかん【原因・理由】

老犬のてんかん【原因・理由】

milestone.tyo_01/ PIXTA(ピクスタ)

老犬てんかんは、脳の神経細胞の働きに一時的な不具合が生じることが原因で起こります。

私たちの体は神経細胞が電気信号をやり取りすることでいろいろ機能していますが、そのやり取りに障害が起こることで、通常でない体の動きが発作として発現してしまうのです。

人の場合、古くは古代ギリシャのヒポクラテスが遺した物にもてんかんの記述があるそうですが、今もってその治療法に関する研究が続けられています。

【参照元】公益財団法人東京都医学総合研究所「身近な医学研究情報/てんかん」

老犬 てんかん 痙攣

HIME&HINA/ PIXTA(ピクスタ)

少々紛らわしいのは、痙攣(けいれん)発作が見られたからと言って、すべてがてんかんであるわけではないということ。

一過性の発作は「誘発性発作(または反応性発作)」と言い、てんかんとは区別され、その原因となり得るものには代謝のトラブルや心疾患、ストレス、中毒などがあります。

それに対し、「24時間以上あけて2回以上の非誘発性発作が起きるもの」とされるのがてんかんです。

つまり、てんかんは発作を慢性的に繰り返す状態です。

【参照元】Mette Berendt et al. 「International veterinary epilepsy task force consensus report on epilepsy definition, classification and terminology in companion animals」

老犬 てんかん 原因

HIME&HINA/ PIXTA(ピクスタ)

さらに、てんかんは以下ABの2つ、もしくはCも含めた3つに分類されています。

老犬のてんかん【分類】

てんかんの種類原因
A:特発性てんかん
(真性てんかん/原発性てんかん/一次性てんかん)
原因は不明だが、遺伝的素因が考えられ、生後半年~5歳に発症することが多い
B:症候性てんかん
(続発性てんかん/二次性てんかん/構造的てんかん)
脳腫瘍、脳梗塞、水頭症、腎不全、肝不全、糖尿病、副腎皮質機能亢進症、甲状腺機能低下症、インスリノーマ、感染、低血糖、電解質の異常、外傷による脳の損傷、中毒、薬の副作用などに起因して、二次的に発症するもの
C:潜在性てんかん症候性の疑いがあるが、原因がわからないもの

てんかんは同じ意味を指しながらも専門家によっては違う用語が使われることもあり、混乱を招きがちです。

犬猫のてんかんでは、国際的に共通する指標をつくるべく、2014年に『国際獣医てんかん特別委員会(International Veterinary Epilepsy Task Force / IVETF)』が設立されました。

老犬のてんかん【症状・状態】

老犬のてんかん発作は3段階に分けることができます。

老犬のてんかん【発作の症状】

iStock.com/redonion1515

老犬の「てんかん」①【発作前】

老犬てんかん予兆として

落ち着かずにうろうろ徘徊する

よだれが出る

吠える(鳴く)

歩き方がおかしい

などの様子が見られることがあります。

老犬の「てんかん」②【発作】

老犬のてんかん②【発作】

iStock.com/tzahiV

通常のてんかん発作は数秒から2~3分ほどで終わりますが、その間に多量のよだれや尿失禁、脱糞などが見られることも。

てんかん発作は全身性の場合もあれば、体の一部の場合もあります。

老犬の「てんかん」③【発作後】

てんかん発作が終わってからは、

落ち着かない

嗜眠(しみん)

見当識障害

一時的な失明

などの症状が見られることがあります。

老犬の「てんかん」④【発作による分類】

老犬のてんかん④【発作による分類】

【IWJ】Image Works Japan / PIXTA(ピクスタ)

てんかんは、「全般発作」と「焦点(部分/局所)発作」とに分けられ、それぞれ症状に違いがあります。

老犬の「てんかん」【発作による分類】

発作の分類症状
【全般発作】

· 脳全体に異常
· 全身症状
· 多くは意識喪失
【痙攣性全般発作】
A:間代性痙攣
四肢をバタバタさせる
B:強直性痙攣
全身が突っ張ったように固くこわばる
C:強直間代性痙攣
AとBが混ざったもの
E:ミオクローヌス
散発的で、よだれや尿失禁、意識喪失はない

【非痙攣性全般発作】
全身の筋肉が脱力
【焦点発作】
(部分発作/局所発作)

· 脳の片側または一部に異常
· 発作は体の一部で、行動異常が見られることも
· 意識がない場合も
· 全般発作に移行することも(二次性全般発作)
【発作例】
・ 四肢のどれかの脚が痙攣
・ 顔面痙攣

【行動異常】
・ 周回行動
・ 何もない空中を噛み続ける
・ いない虫を追い続ける
・ 一点を凝視し続ける
・ 異常に落ち着かない

老犬のてんかん【気をつけたい犬種】

老犬のてんかん【気をつけたい犬種】

iStock.com/flintjackson

てんかんにおける遺伝的背景が確認されている犬種はいくつかあり、以下のような犬種はてんかんリスクがあるとされています。

ラブラドール・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバー

オーストラリアン・シェパード

ボーダー・コリー

ビーグル

ビーグル

白豆 / PIXTA(ピクスタ)

シェットランド・シープドッグ

ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル

スタンダード・プードル

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル 

また、腎不全や甲状腺機能低下症など症候性てんかんを起こす可能性のある病気を患っている犬は注意が必要です。

老犬のてんかん【発作の対応方法と後遺症】

老犬の「てんかん」【発作の対応方法】

老犬てんかんの発作が起こったときは、次のように対応しましょう。

てんかんの発作【対応方法】

iStock.com/Rattankun Thongbun

発作中の犬を抑え込まない

ケガしそうな物は片付け、ソファ等から落ちないように

窒息しないよう、犬の口にタオルなど噛ませない

噛まれてケガをしないよう、犬の顔や口の周囲は触らない

発作がどのくらい続くか、時間を測る

発作の様子を携帯電話などで動画に撮る

発作が終わった後は、犬をゆっくり休ませ、様子をよく観察する

老犬の「てんかん」【後遺症】

老犬のてんかん【すぐ動物病院へ行くべき場合】

iStock.com/alexsokolov

以下のような場合は危険な状態なので、すぐに動物病院へ行くようにしてください。

てんかん治療が遅れると、場合によっては認知機能の低下、運動障害など後遺症が残ることもあります。

てんかん「後遺症」①【てんかん重積】

てんかん重積

iStock.com/fstop123

てんかん重積とは、てんかん発作が5分以上続く、または発作が終わっても意識が戻らないうちに新たな発作が出る状態です。

てんかん発作によって筋肉の収縮が繰り返され、体温が上昇して熱中症に近い状態になるのに加え、脳への低酸素状態が続くことで脳へダメージを与える可能性があります。

てんかん「後遺症」②【群発性発作】

群発性発作

iStock.com/Halfpoint

24時間以内に2回以上のてんかん発作を繰り返す状態を言います。

老犬のてんかん【検査・治療法・治療費】

老犬の「てんかん」【検査】

老犬のてんかん【検査】

iStock.com/Andrey_Kuzmin

老犬てんかんでは、発作を引き起こす原因を調べるために検査が必要になることがあります。

脳の異常を確かめるには、CTやMRI、脳脊髄液検査、脳波検査などが有効だそうですが、特に脳波検査は限られた状況でしか行えず、なかなか難しいようです。

しかし、中には脳の検査をしても異常が見つからないケースもあります。

老犬の「てんかん」【治療法】

老犬のてんかん【治療法】

Amaviael / PIXTA(ピクスタ)

老犬てんかんの治療は、ふたつに分類されます。

老犬のてんかん【治療法】

分類治療法
特発性発作を抑制するための生涯にわたる投薬治療
症候性原因となる病気の治療に加えて上記の治療

投薬を開始するタイミングは、てんかん発作がどの程度出ているかなど、犬の状況によって判断されます。

薬は1種で効くこともあれば、複数の使用で効くこともある他、犬によってはまったく効果が出ない場合もあります。

抗てんかん薬は、途中で勝手に止めると発作が以前より重くなったり、興奮や痙攣(けいれん)、不安傾向などの副作用が出ることもあります。

さらには、死亡することもあるので、薬を中止する時には獣医師の指示に従ってください。

老犬 てんかん 薬

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

老犬のてんかん【抗てんかん薬の例】

使われる薬の例
フェノバルビタール
ゾニサミド
臭化カリウム
ジアゼパム
クロナゼパム
老犬 てんかん 治療

iStock.com/CatLane

人では外科手術も行われていますが、犬猫でも手術ができるよう研究が重ねられているようです。

【参照元】長谷川大輔(日本獣医生命科学大学)「ペットの難治性てんかんに対する てんかん外科の導入を目指して」(日本学術振興会、科研費NEWS 2017年度 VOL.4 p17)

参考として、スカルキャップというハーブにはてんかん痙攣(けいれん)に有功とされる抗痙攣作用があるとされます。

老犬 てんかん 治療

iStock.com/mantinov

また、近年、世界的にも注目されているものにカンナビジオール(CBD)があります。

てんかん痙攣発作に有功とする報告があり、犬での報告例もありますが、まだエビデンスが十分というわけではなく、現在のところは使用に慎重を期すようです。

【参照元】藤麻里、伊地知優子、菅野晶子「犬のけいれん発作に対する大麻草由来『カンナビジオール(CBD)』の有用性」

老犬のてんかん【治療費】

老犬のてんかん【治療費】

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

老犬てんかんの治療費の目安は以下の通りです。

てんかんの症状や動物病院によって治療費は異なるため、かかりつけの獣医師へ相談しましょう。

老犬のてんかん【治療費の目安】

項目料金幅
血液検査~5万円
尿検査~2万5,000円
レントゲン検査~5万円
心電図検査~5万円超
CT検査~5万円超
脳脊髄液~5万円超
調剤料(1回)~1万2,500円
処方箋~1万円

【参照元】公益社団法人 日本獣医師会「家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査及び飼育者意識調査(平成27年度)」

老犬のてんかん【予防対策】

老犬のてんかん【予防対策】

iStock.com/hoozone

てんかんを予防するのはなかなか難しいと思いますが、できることがあるとすれば、以下のようなことでしょう。

老犬の「てんかん予防」①【病気の治療】

症候性てんかんを起こす可能性のある病気をもっている犬では、病気の治療を心がけましょう。

老犬の「てんかん予防」②【ストレスの軽減】

老犬てんかんでは、ストレスがきっかけになることもあるので、ストレスがなるべくかからないように、心がけましょう。

老犬の「てんかん予防」③【睡眠】

老犬 てんかん 予防

iStock.com/Tuutikka

睡眠障害がてんかんに影響するとも言われるので、ゆっくり眠れるような環境づくりをしましょう。

特に、老犬は、気温や気圧、月の満ち欠けに影響されるとも言われます。

季節代わりや台風の時期には注意して、老犬が安眠できるようにしたいものです。

老犬の「てんかん予防」④【中毒】

チョコレート玉ねぎなど、犬が中毒を起こすものは犬の近くには置かないように気を付けましょう。

老犬の「てんかん予防」⑤【運動】

老犬 てんかん 予防

iStock.com/Таисья Корчак

人では適度な運動がてんかん発作を抑制し、薬の副作用も出にくくすると言われるので、犬も適度な運動は心がけたほうがいいかもしれません。

老犬のてんかん【まとめ】

老犬のてんかん【まとめ】

iStock.com/HMVart

犬のてんかんは、生涯にわたって治療が必要になる可能性が高く、しっかり病院へ通うことが大切な病気です。

てんかんの治療には薬がどの程度効いているのか、定期的に血中濃度のチェックもしなければならず、治療には根気も必要になるでしょう。

犬の一生を支えてあげられるのは飼い主さんだけです。

愛犬が幸せな一生を送れるように、犬のてんかんについて正しい知識を身に着けましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る