【獣医師監修】ドーベルマンの歴史・性格、寿命や飼い方「警戒心の強い最強のガードマン」

筋肉質で美しい体つきや、精悍(せいかん)で気高い印象から「犬のサラブレッド」と呼ばれることもある、ドーベルマン。体の大きさだけでなく番犬気質があることからも、小さな頃からしっかりとしたトレーニングが必要な犬種です。

【獣医師監修】ドーベルマンの歴史・性格、寿命や飼い方「警戒心の強い最強のガードマン」
出典 : everydoghasastory/Shutterstock

ドーベルマンの外見の特徴~がっしり筋肉質で凛々(りり)しさを感じさせる姿

ドーベルマンの外見の特徴~がっしり筋肉質で凛々(りり)しさを感じさせる姿

OlgaOvcharenko/ Shutterstock.com

ドーベルマンは小さな顔に細めの首ですっきりとした印象を与えながらも、胸は広く深く、全体的に筋肉質な部分が特徴です。大柄ながら引き締まって均整の取れた美しいスタイルで、欧米では非常に高い人気を誇っています。

猫型の小さな足先は立っている状態では完璧なアーチ形で力強く土を踏むことができます。また、硬く短い毛が密集しており、手触りはベルベットのようにすべすべとなめらか。しっかりと手入れをすると、きれいな艶が出ます。

カラーはブラック、チョコレート、ブルー、フォーンなどがあり、ブラックでも足先や口元、眉部分は茶が入っているものが多く見られます。

平均的な体重は30~40キロ程度、体高は65~70センチ程度とされています。

多くの人はドーベルマンといえばキリッと尖った耳が特徴だと思っているのではないでしょうか? 耳は本来垂れていますが、生後2~3か月頃に美容耳形成手術を行い、立たせています。これを断耳といいますが、本来は軍用犬としての実用性から行われていたものの、最近では「必要性のない断耳」に対して疑問の声が多く上がり始め、断耳をしていないドーベルマンも見られるようになってきました。ヨーロッパでは禁止している国もあります。

尻尾に関しても耳同様、生後まもなく短くする断尾が行われています。断尾は本当に生まれてすぐ行われているため、飼う段階ではすでに手術が済んでいる場合がほとんどでしょう。

ドーベルマンの歴史

ドーベルマンの歴史

Ekaterina Brusnika/ Shutterstock.com

ドーベルマンの原産は、ドイツのチューリンゲン地方。その歴史の始まりは、1834年にガードマンや税金徴収であらゆる場所をまわる仕事をしていたルイス・ドーベルマンという人物がロットワイラーやジャーマンピンシャー、ワイマラナー、マンチェスターテリアなどを交配してつくり出したことだといわれています。

第一次世界大戦中には軍用犬として働き、その後もその優れた能力を活かして警備犬や護衛犬、警察犬として活躍してきました。警察犬として正式に認められたのは、20世紀初め頃とされています。

ドーベルマンの性格:勇猛果敢で忠実、警戒心の強いガードマン

ドーベルマンの性格:勇猛果敢で忠実、警戒心の強いガードマン

SasaStock/ Shutterstock.com

ドーベルマンの性格は、多くの人の印象通りかもしれません。

軍用犬、番犬としても働けるほど警戒心や縄張り意識が強いですが、攻撃性が高いわけではなく、通常は、「こういう場合は攻撃をする」という特訓を受けているからこその行動です。

活動性や訓練性が高いのでトレーニングなどもやる気を持って、どんどん吸収していくタイプです。しかし、犬を飼うのが初めてという人などには、扱いきれない部分があるかもしれません。

警戒心を解いたときには、意外にもシャイで遊び好きな一面を見せることも。遊びに誘うと、とてもうれしそうにはしゃぐ姿の愛くるしさは他の愛玩犬と何ら変わりがなく、ドーベルマン愛好家の中にはその見た目と意外にも甘えん坊な内面のギャップが魅力だと感じる人も少なくありません。

ドーベルマンの寿命はどれくらい?

ドーベルマンの寿命はどれくらい?

jocic/ Shutterstock.com

ドーベルマンの寿命は12年程度と考えられています。また、心疾患を抱えているドーベルマンも少なくないので、7歳を超えてからは定期的に健康診断を受けましょう。

ドーベルマンの気を付けるべき病気

ドーベルマンの気を付けるべき病気

Pavel Shlykov/ Shutterstock.com

ドーベルマンは心臓に関わる病気を起こしやすい犬種だといわれています。特に拡張型心筋症を起こしやすいので、健康診断時には、心エコー検査などを受けておくと安心でしょう。

また、胸が深いことから胃捻転(ねんてん)や胃拡張を引き起こしやすいともいわれています。勢いよくたくさんの食事を食べる、大量の水を飲む、食後すぐに運動をする、などが原因になり得ます。胃が拡張したりねじれたりすることによって、低血圧性ショックや敗血症性ショックを起こすため、ただちに胃を減圧される処置が必要になります。

食後は最低でも30分はゆっくりと休ませて、走り回ったり激しい遊びをしないよう、意識してください。

他には慢性肝炎、ナルコレプシー、脱毛などが挙げられます。

ドーベルマンの飼い方や向いている家庭

ドーベルマンの飼い方や向いている家庭

Wynian/ Shutterstock.com

ドーベルマンを飼う場合には、十分なスペースとトレーニング、散歩にしっかりと時間をさけることが必須です。家の中で走り回るほどのスペースは必要はありませんが、小さなワンルームマンションのようにドーベルマンのサイズに見合わない場所では、ストレスが溜まってしまうことも。散歩についても、ただ漫然と歩くだけでなく知力を引き出すような遊びを取り入れたり、大型犬用のドッグランで走らせたりと、十分な運動量が必要です。

また、力が強い犬なので、仔犬の頃から家族の一員として、よくスキンシップを取り愛情を注ぎながらしつけや社会化を行うことがなにより大切です。信頼関係を築くためには飼い主がドーベルマンにとって魅力的なパートナーになることを心がけましょう。

同じ犬種でも、その性格や気質はさまざま。攻撃性が高い、警戒心が強い、比較的温和、などその個性に合わせたしつけをしていくことが重要で、そうすることで素晴らしいパートナーシップが結べるはずです。

ドーベルマンの魅力や特徴まとめ

ドーベルマンの魅力や特徴まとめ

Dmytro Zinkevych/ Shutterstock.com

ドーベルマンは見た目の勇ましさ同様、他人や周囲の状況に対して警戒を怠らないガードマン気質の犬種です。

気軽に飼える犬種ではありませんが、しっかりと関わる時間を取って共にトレーニングを重ねることで、最強のパートナーになれることでしょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の種類・品種」の人気記事RANKING