<フラットコーテッド・レトリバー>歴史やカラダ・性格特徴【JAHA家庭犬しつけインストラクター監修】

細身で優雅なカラダつきが印象的なフラットコーテッド・レトリバー。「フラッティ」の愛称で親しまれており、人気が高まっている犬種です。フラットコーテッド・レトリバーの特徴や性格、飼い方のコツについて紹介していきましょう。

<フラットコーテッド・レトリバー>歴史やカラダ・性格特徴【JAHA家庭犬しつけインストラクター監修】
出典 : Kerrie T/Shutterstock.com
先生にお聞きしました
保久(やすひさ)留美子 先生
公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定

家庭犬しつけインストラクター CPDT-KA

【保有資格】
公益社団法人日本動物病院協会(JAHA) 認定 家庭犬しつけインストラクター
◆米国ペットトレーナーズ協会 認定 CPDT-KA
日本ペット栄養学会 認定 ペット栄養管理士
動物看護師統一認定機構 認定 動物看護師
◆日本ペットカウンセラー協会 認定 パラカウンセラー
日本アニマルウェルネス協会 認定 ホリスティックケアカウンセラー

◇環境省主催「動物適正飼養講習会」講師
◇北海道動物愛護管理研修会 講師
ペットシッター養成講座 講師
◇動物介在活動、動物介在教育
◇動物病院スタッフ向けのセミナー 講師

犬との豊かな暮らしを求めて、20年前に北海道へ移住。
美瑛で犬猫たちと自然を満喫しながら同居中。
現在、道内に4つの病院を構える緑の森どうぶつ病院にて、道内初のJAHA認定家庭犬インストラクター等の資格を活かして勤務。

動物病院の待合診療統括マネージャーとして、「飼い主目線でどうぶつを観る」を心掛け、飼い主さんと病院の橋渡し役を担当。

自身も5頭の犬を見送り得た「経験」と、動物病院という現場で得た「臨床知識」から出した結論は、『そのコを想い、そのコのためにと飼い主が考えしてあげることが、そのコの望んでいること』。

また、しつけの分野においては、たんにその域に留まらず、動物の一生のなかでさまざまなタイミングで携われるような立場になれることを願って、従来の経験と勘だけに頼らない、最新の動物行動学と行動分析学をふまえた指導を心がけている。
続きを読む

<フラットコーテッド・レトリバー>歴史

<フラットコーテッド・レトリバー>歴史

Hovi/ Shutterstock.com

フラットコーテッド・レトリバーは、1800年代にアメリカのニューファンドランドから持ち込まれた犬と、ヨーロッパにいたセッターなどの猟犬が混ざり合って生まれた犬種と考えられおり、確かにその容姿には2つの犬種の特徴が色濃く出ているようにも見えます。

フラットコーテッドレトリバーの祖先

otsphoto/ Shutterstock.com

ただし、掛けあわせた犬種については諸説あるようで、はっきしりない部分も多いです。

もう一つの説は、「カーリー・コーテッド・レトリバー」というイギリス最古のレトリバーを祖先にするというものです。

フラットコーテッドレトリバーの歴史

Zuzule/ Shutterstock.com

フラットコーデットレトリバーは、1860年にイギリスで初めてドッグショーに出展されているのですが、その当時はウェーブのかかった巻き毛の被毛を持っていました。

現在では改良により巻き毛は直毛に変わり、この特徴は薄れています。

この特徴から祖先はカーリーコーデットレトリバーだという説が生まれたのです。

フラットコーテッドレトリバーの歴史

Life In Pixels/ Shutterstock.com

1900年代初頭まで、イギリスで人気だったフラットコーテッド・レトリバーですが、ゴールデン・レトリバーやラブラドール・レトリバーなどの人気に押され、戦争の影響もあって、絶滅の危機に瀕したこともあったようです。

しかし、復興計画が立てられ、1960年台には個体数と人気が回復していったと言われています。

<フラットコーテッド・レトリバー>カラダの特徴

<フラットコーテッド・レトリバー>カラダの特徴

Ricantimages/ Shutterstock.com

体高が59cm~62cm、体重は27kg~36kgにもなる大型犬種です。

たれ耳で長毛の外見は、黒または茶色のゴールデンレトリバーに似ています。

しかし、ゴールデンやラブラドールに比べると胸幅や腰幅がなく、よりスマートな体型です。

フラットコーテッドレトリバーの被毛

Sharon Snider/ Shutterstock.com

筋肉質のカラダで、猟犬らしく軽快に動きます。

被毛は艶やかなブラックがよく知られていますが、レバーというブラウン系の色も認められています。

ダブルコートですが、抜け毛が少ないのが特徴で、毛質も直毛なのでブラッシングもしやすいです。

<フラットコーテッド・レトリバー>性格の特徴

<フラットコーテッド・レトリバー>性格の特徴

Bianca Grueneberg/ Shutterstock.com

フラットコーテッド・レトリバーは陽気で明るく、飼い主や家族はもちろん、他の人間や犬などとも仲よくできる友好的な性格をしています。

とてもフレンドリーで喜んでいる時には、尻尾を大きく振るなど、表現力も豊かな犬です。

また、天親爛漫な部分もあります。

犬は通常、成犬になるにしたがって性格が落ち着いてくるものですが、フラットコーテッド・レトリバーはいくつになっても子犬の頃のような無邪気さを発揮すると言われており、「永遠のピーターパン」とも呼ばれるほどです。

忠実なフラットコーテッドレトリバー

xkunclova/ Shutterstock.com

訓練能力が高く賢い犬種で、飼い主の指示に忠実に従おうとするところがあります。

レトリバーの名の通り、何かを取って持ってくることが大好きなので、訓練すれば楽しく過ごすことができるでしょう。

みんなのコメント

うめぼしさん
私の家でも、最初はラブラドールやゴールデンを飼おうかと思っていましたが、 たまたま知り合い伝いにフラットコーテッドを飼うことになりました。 天真爛漫な性格に惚れて飼い始めたのですが毎日癒されています。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の種類・品種」の人気記事RANKING