【獣医師監修】犬の昏睡状態(意識がない)。考えられる原因や症状、主な病気は?

愛犬が昏睡に陥るというのはかなり深刻な状態です。では「昏睡」とは一体どのような症状で、原因は何でしょうか?今回は、犬が昏睡する原因や症状、考えられる主な病気などについて解説します。

先生にお聞きしました
小林 豊和 先生
グラース動物病院院長、帝京科学大学生命環境学部 准教授(獣医師・獣医学博士)

日本大学大学院獣医学研究科修了 博士(獣医学)

【資格】
獣医師

【所属】
公益社団法人 東京都獣医師会杉並支部 会員
JPMA(社)日本ペットマッサージ協会 理事
ペットシッタースクール(ビジネス教育連盟) 講師
ペット栄養管理士(日本ペット栄養学会認定)
日本獣医皮膚科学会 会員
日本小動物歯科研究会 会員
日本ペット栄養学会 会員
◆産業カウンセラー(一般社団法人 日本産業カウンセラー協会認定)
◆ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド(HANB)教育マスターインストラクター(日本ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド・ソサエティ認定)

「最良のホスピタリティと獣医療を提供する」をミッションに、地域や飼い主のニーズに応えている。
犬の食事についての造詣も深い。

【著書】
イラスト、写真でよくわかる 愛犬の育て方~選び方・しつけ・飼い方・健康管理~」(新星出版社)
年をとった愛犬と幸せに暮らす方法」(WAVE出版)
愛犬健康生活BOOK 5歳からはじめる病気と介護」(主婦と生活社)

【監修】
愛犬の介護ガイドBOOK」(文化出版局)
ほか



続きを読む

犬が昏睡している【考えられる原因】

犬が昏睡している【考えられる原因】

Diane Diederich/ Shutterstock.com

昏睡の定義は、「刺激に対していかなる反応を示さない深い意識障害」です。

やや専門的な話になりますが、意識障害には「量的障害」と「質的障害」があり、「昏睡」は量的な意識障害のひとつのレベルを意味しています。

【量的】な意識障害レベル

レベル【呼称】【説明】
1
(軽度) 
明識困難(めいしきこんなん)ややぼんやりとしている。注意が持続しない
2昏蒙(こんもう)うとうとしている状態、浅い眠りのような状態でぼんやりとしている
3傾眠(けいみん)呼びかけると目を開けるが、また眠る
4嗜眠(しみん)・昏眠(こんみん)・昏迷(こんめい)つねるなど刺激を加えると目を開けるが、刺激が加わらないと眠り込んでしまう
5
(重度) 
昏睡(こんすい)呼びかけても反応せず、痛みなどの刺激にも反応しない

この表からもわかるとおり、「昏睡」はもっとも強い意識障害です。

昏睡による重篤な状態①【あらゆる病気】

昏睡による重篤な状態①【あらゆる病気】

iStock.com/Mintr

腎臓や肝臓の疾患などによって毒素が全身にまわった場合や、心臓の疾患によって血液を正常に送れなくなった場合など、あらゆる病気の重篤な状態に昏睡の症状が出ることがあります。

昏睡による重篤な状態②【事故や怪我】

昏睡による重篤な状態②【事故や怪我】

Jaromir Chalabala/ Shutterstock.com

事故や怪我などで大量に出血した場合や、頭部に外傷を受けた場合、昏睡状態になることがあります。

この際、心肺機能停止を伴うこともあり重症、重篤な状態です。

昏睡による重篤な状態③【老衰による多臓器不全】

犬が歳を重ねていくと、肝臓や腎臓などさまざまな臓器が不全に陥ることで、昏睡することがあります。

犬が昏睡している【この症状で考えられる主な病気】

犬が昏睡している【この症状で考えられるおもな病気】

Igor Normann/ Shutterstock.com

昏睡はさまざまな病気の重篤な症状として現れることがあります。

また、さまざまな原因で昏睡に陥るため、昏睡の症状だけでは原因や病気の特定は困難です。

犬が昏睡している【まとめ】

あらゆる病気の重篤な状態

Diane Diederich/ Shutterstock.com

愛犬が昏睡している状態は、すでに病気が重篤な状態です。

一刻も早く、動物病院で獣医師に診てもらいましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING