高齢犬の飼い主は必読!犬の老衰を見極めるために知っておくべき7つのサイン

愛犬が歳をとっていくのを見るのは、つらいもの。でも、老衰はみんなが通る道。少しでも長く楽しく暮らすためにも、愛犬をよく観察する習慣を持ちましょう。今回は、愛犬とのシニアライフを楽しいものにするために知っておきたい、犬の老衰7つのサインを解説します。

犬も歳を重ねることで老衰していく

犬も人間と同様に、加齢によって老衰していきます。小型犬では7歳くらいから、大型犬では5~6歳くらいから老衰の兆候が見られるようです。

大型犬と小型犬では、老衰の表れ方が異なります。小型犬の場合、人間と同じように緩やかな線を描いて老衰が進んでいきますが、大型犬の場合は階段のように老衰が進みます(しばらく安定した時期があると思ったら、次は一気に老衰が進むという具合)。ですから、2~3日前まで何ともなかったのに急に具合が悪くなった!ということも、大型犬では起こり得るのです。

長年一緒に寄り添ってきた愛犬が歳を取ったと認めることは、急に現実を突きつけられたようで、つらいものがあるでしょう。しかし、一方で高齢の犬には“歳を取ったなりの、かわいさ“もあります。

愛犬のシニア期は、いつか必ず訪れるもの。少しでも長く、そして楽しく愛犬と過ごすためにも、犬の老衰の兆候を見逃さずしっかりと対応できるように準備をしておきましょう。

犬の老衰のサイン(行動・運動編)

老衰が犬の体にもたらす行動の変化や運動機能の低下について、見ていきましょう。

足腰が弱くなってくる
・足腰が弱くなり、とぼとぼと歩くようになったり、歩くときにふらついたりする
・階段の昇り降りが上手にできなくなる
・オスの場合、おしっこの際に足を上げなくなる

寝ていることが多くなる
・とにかく、寝ていることが多くなる
・名前を呼んだり少し体を揺すったりしても、なかなか起きない
・昼間はぐっすりと寝て夜に起き出し、周辺をうろうろと歩き回るといった認知症に近い症状が現れる

トイレが近くなったり、粗相をしたりするようになる
・内蔵機能の働きが衰える(腎臓機能の低下は特によく見られる)
・今まできちんとトイレができていたのに、間に合わなくなる
・水もあまり飲まなくなる(できるだけ、水分補給を促すように意識する)

犬の老衰のサイン(体調編)

老衰が進行すると、犬の体調にも変化が見られるようになります。

つやがなくなり、ふけが出やすくなる
抵抗力の低下から、皮膚病にもなりやすくなります。

聴覚や視力の低下が見られる
犬の場合、臭覚は最も大切な感覚なので一番最後まで衰えることがないといわれています。暗い所でぶつかったり動くものを目で追わなくなったりした場合、視力の低下が疑ってください。また、名前を呼んでも振り向かなくなったり大きな音にも驚かなくなったりしたときは、聴力が低下しているのかもしれません。

好きなものに興味を示さなくなる
今までボールなどで遊ぶのが大好きだった子が遊ばなくなり、遊んでもすぐに飽きてしまいます。また、大好きな散歩へ行きたがらず、行ってもすぐに疲れるようになります。他の犬や猫にも興味を示さなくなるといった変化も見られるようです。このようなときは、散歩へ行きたがらないからといって散歩に出ないのではなく、脳に刺激を与えるためにも少しでもいいので、外へ連れ出してあげましょう。

食欲に関する変化が見られる
内蔵機能が低下につれて食欲がなくなり、食べても食べても物足りないというような食欲の“ムラ”が出てきます。また、食べ物の好みが変わったり食べこぼしが多くなったりします。

愛犬が旅立つその日まで、飼い主にできること

どの犬にも必ず訪れる、老衰という現実。

いつまでも一緒にいられるわけではない……とわかっていても、長年一緒に暮らしてきた愛犬を目の前にすると、なかなか現実として受け止められない飼い主もいるでしょう。でも、命あるものは必ず最期がやって来ます。終わりがあるからこそ、その命や生きている時間に価値があります。愛犬の様子を観察して、そろそろ老衰かな?と思ったら、少しでも長く一緒にいられるように飼い主としてできるだけのことをしてあげましょう。

また前述したように、高齢になった犬には歳を取ったなりのかわいさ、があります。高齢犬ならではの落ち着きや飼い主との距離感も、悪くありません。「愛犬のシニアライフを楽しむことができる」という風にも、考えられます。

シニアライフを十分に楽しんだ愛犬が老衰で旅立つときは、その天寿を全うしたということ。一緒に過ごした楽しい思い出と喜び、そして幸せを与えてくれた愛犬に感謝して、笑顔で見送ってあげたいものですね。犬は、飼い主の笑顔を何よりもうれしく感じる動物なのですから——。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING