【獣医師監修】老犬がご飯を食べない原因や理由は?ご飯を食べない時の対処法やポイント・コツ!

老犬が、元気がなく、ご飯を食べない(食欲不振)といった悩みはよく聞かれます。犬も加齢にしたがい、体や気持ちにもいろいろ変化が出てきます。ご飯を食べない原因や理由は、歯や床など、意外なところに原因がある場合もあります。今回は老犬がご飯を食べない原因や理由、対処法やポイント、コツなどについて詳しく解説します。

【獣医師監修】老犬がご飯を食べない原因や理由は?ご飯を食べない時の対処法やポイント・コツ!
出典 : Sonja Rachbauer
先生にお聞きしました
箱崎 加奈子 先生
麻布大学獣医学部獣医学科 卒業
【獣医師】【ドックトレーナー】【トリマー】
ペットスペース&アニマルクリニックまりも 病院長
一般社団法人女性獣医師ネットワーク 代表理事
株式会社WVN代表取締役

【学歴・経歴】
◇1982年:東京生まれ、東京育ち
◇2001年:青山ケンネルスクールトリミング科 卒業
◇2007年:麻布大学獣医学部獣医学科 卒業
◇2009年:アニマルプラザ ドッグトレーナーズカレッジ 卒業
◇2009年:ペットスペース&アニマルクリニックまりも 開業
◇2011年:女性獣医師ネットワーク設立(2016年一般社団法人化)
◇2017年:株式会社WVN 設立

【資格】
獣医師
日本ドッグトレーナー協会 ドッグトレーナー A級ライセンス
日本アニマルアロマセラピー協会認定 アニマルアロマセラピスト
◇青山ケンネルスクールトリミング B級ライセンス 

【所属】
一般社団法人 女性獣医師ネットワーク代表理事

【著作物】
最新版 愛犬の病気百科」愛犬の友編集部
犬にも人にも優しい飼い方のメソッド 愛犬をケガや病気から守る本」愛犬の友編集部

【ペットへの想い、職業上のペットとのかかわり】
18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。
ペットとその家族のサポートをしたい、的確なアドバイスをしたいという思いから、トリマーとして働きながら獣医師、ドッグトレーナーになりました。
病気の予防、未病ケアに力を入れ、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護師、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。
現在の愛犬は「シーズー」。
看板犬、スタッフ育成のモデル犬として良きパートナーです。
ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、ヨークシャテリアとも暮らしてました。
家族のいない犬の一時預かり、離乳前の子猫を育てるミルクボランティアなどもやってます。
続きを読む

老犬がご飯を食べない「原因・理由」①【老化による変化】

老犬がご飯を食べない「原因・理由」①【老化による変化】

iStock.com/bgwalker

老犬がご飯を食べない時、おもな原因・理由には「老化による変化」と「病気の影響」が考えられます。

老化による変化①【基礎代謝・運動量・筋肉量の低下】

犬も加齢とともに基礎代謝や運動量、筋肉量などが低下してきます。

基礎代謝とは、心臓の動きや呼吸、体温維持など、安静時において体を維持するのに最低限必要なエネルギーのことです。

筋肉量は基礎代謝量と関連し、筋肉量が多いと基礎代謝量も多いと言われます。

それらが低下すると消費するエネルギーが少なくなり、自ずと必要とするエネルギー量も低下することから、食べる量が少なくなっても不思議はありません。

【参照元】厚生労働省 e-ヘルスネット「基礎代謝量」

老化による変化②【内蔵機能・消化機能の低下】

「老化」による変化②【内蔵機能・消化機能の低下】

iStock.com/Sirintra_Pumsopa

犬の肝臓は体に必要な

タンパク質をアミノ酸から合成

ブドウ糖・脂質の代謝

有害物質の解毒

古くなった赤血球の分解

消化を助ける胆汁の生成

など、体にとって重要な働きをする臓器です。
同じく、犬の腎臓は

老廃物の除去

体内の水分や電解質の調整

などの働きをもちます。

こうした内蔵機能が低下したり、消化機能が低下したりすることで食欲に変化が見られることがあります。

場合によっては、便秘が続いて食欲が落ちることも。

犬 食欲不振 原因 便秘

iStock.com/Aonip

【参考情報】「食欲に関係するグレリンとレプチンという2つのホルモン」

食欲にはグレリンとレプチンという2つのホルモンが関係しています。

主に胃から分泌されるグレリンは脳の視床下部の摂食中枢を刺激し、食欲の増進や消化管運動の亢進(こうしん)に作用するのに対し、肥満細胞から分泌されるレプチンは満腹中枢を刺激して食欲を抑える作用があります。

近年、犬についてもグレリンと疾患との関連性や、食欲不振を改善するグレリンを用いた医薬品の開発などが進められています。

【参照元】石岡 克己 ペット栄養学会誌「接触調節の生理学と比較医学-レプチンとグレリンを中心に-」

老化による変化③【飲み込む力の低下】

「老化」による変化③【飲み込む力の低下】

iStock.com/vauvau

老犬では食べ物をうまく飲み込めない嚥下(えんげ)困難や嚥下障害が見られることがあります。

原因としては、

唾液分泌量の低下

舌の運動機能の低下

歯のトラブル

食道に至る器官周辺の神経や筋肉の炎症および麻痺

腫瘍

脳疾患

食べ物や異物による閉塞

など。

それによって、

食欲の低下や食べ物が口からこぼれる

口の片側で食べようとする

何度も飲み込もうとする

よだれ

吐き気

食べ物の逆流

などの様子が見られることがあります。

【参照元】
Rachel E. Pollard,Imaging Evaluation of Dogs and Cats with Dysphagia
Dr. Bari Spielman,PetplaceDysphagia in Dogs
Anjop J. Venker-van Haagen,Swallowing and Dysphagia in Dogs

老化による変化④【味覚・嗅覚の低下】

「老化」による変化④【味覚・嗅覚の低下】

iStock.com/K_Thalhofer

愛犬がシニア期になると、味覚や嗅覚は加齢や病気、薬剤などの影響で機能が低下する場合があります。

食べ物の匂いは食欲に影響するので、匂いを感じにくくなって食欲がわかないこともあるでしょう。

また、味を感じる器官である味蕾(みらい)が人間は約1万個なのに対し、犬は約1,700個と少ないため、味覚の低下により食欲がわかないことも考えられます。

老化による変化⑤【食べ物の好みが変化・食べ物への執着】

「老化」による変化⑤【食べ物の好みが変化・食べ物への執着】

iStock.com/Khaneeros

老犬では食べ物の好みが変わることがあります。

加齢や病気などによって何らかの栄養素が足りておらず、それを含む食べ物を食べたくなるのかもしれません。

加えて、老犬は頑固になりやすくもあり、特定の食べ物に固執する場合もあります。

老化による変化⑥【口がうまく開けられない】

特に後期の老犬では、神経や筋肉、関節などに障害があって、口がうまく開けられない場合もあります。

老化による変化⑦【ストレス】

「老化」による変化⑦【ストレス】

iStock.com/Randy Tarr Photography

犬も人間同様に、ストレスを受けるとコルチゾールの分泌量が上昇。

コルチゾールには血糖値を上げる作用があり、また、血糖値の上昇は満腹中枢を刺激するので、脳から「食べなくていい」という信号を受け、食欲が低下することも考えられます。

老犬はストレス耐性も低くなることは覚えておきましょう。

【参照元】
金沢市医師会「咀嚼(そしゃく)について」
糖尿病ネットワーク「糖尿病とストレス うつとの関連、QOLの障害」

老化による変化⑧【食器の高さや滑る床など食べる環境】

食器が床に置いてあり、かつ床が滑りやすい場合、筋力や関節の動きが弱っている老犬では体を支えきれず、食べたくても食べられないという例もあります。

老犬がご飯を食べない「原因・理由」②【病気の影響】

老犬がご飯を食べない「原因・理由」②【病気による影響】

iStock.com/debibishop

老犬がご飯を食べない理由には、病気の影響も考えられます。

病気の影響①【歯や口の中のトラブル】

歯周病、さらに進行した歯槽膿漏(しそうのうろう)により歯や歯茎に痛みがある、歯がぐらついている、または口の中に腫瘍やできものがあるなどの原因によってご飯が食べられないことも。

歯周病菌は骨をも溶かし、場合によっては口腔と鼻腔とを隔てる骨に穴が開く「口鼻瘻管(こうびろうかん)」や下あごが骨折するということもあります。

口鼻瘻管はくしゃみや鼻水、鼻からの出血などが見られ、なぜかミニチュア・ダックスフンドでよく見られると言われています。

病気の影響②【認知症による認知能力の低下】

「病気」の影響②【認知症による認知能力の低下】

iStock.com/YakobchukOlena

認知能力が低下したことで食べ物に執着を見せることがある反面、人ではご飯がご飯だとわからない、食べ方がわからないということもあるので、犬でも同様に食べられなくなることもあるでしょう。

病気の影響③【体の痛み】

関節炎や他の病気、ケガなどによって、その痛みからご飯を食べる気になれないこともあります。

病気の影響④【その他の病気や薬剤】

「病気」の影響④【その他の病気や薬剤】

iStock.com/yellowsarah

ガン・腫瘍

子宮蓄膿症

膵炎

腎臓病

肝臓病

副腎皮質機能低下症

など、病気の影響によって食欲が低下することは多くあります。

また、

抗てんかん薬

外耳薬

運動器疾患の痛み緩和薬

抗ガン剤

など、薬の種類と犬によっては副作用として食欲が低下することも。

【参照元】農林水産省 動物医薬品検査所 動物医薬品副作用情報 副作用報告掲載一覧

老犬がご飯を食べない「対処法・ポイントやコツ」①【ご飯の内容を変える】

老犬がご飯を食べない【対処法・ポイントやコツ】①「ご飯の内容を変える」

iStock.com/kozorog

ご飯の内容を変える①【匂い】

愛犬に与えるご飯を、「少し温める」「炒める」などして匂い立ちをよくし、食欲を刺激します。

ご飯の内容を変える②【トッピング】

肉や野菜チーズ豆腐など好みそうなものをトッピングしましょう。

ご飯の内容を変える③【ローテーション】

ご飯の内容を変える③【ローテーション】

iStock.com/clubfoto

老犬に与えるフードや食材を何種類か用意したり、またはローテーションするのもおすすめです。

ご飯の内容を変える④【手作り食】

愛犬のご飯をドッグフードなどの市販品から、手作り食に切り替えましょう。

安全な範囲でいろいろな食材を使うことにより犬に楽しみを与え、食いつきをよくなります。

ご飯の内容を変える⑤【柔らかい食材】

歯の問題がある老犬では、ドライフードをふやかす、缶詰やウェットタイプにする、柔らかい食材を利用しましょう。

ご飯の内容を変える⑥【ペースト状】

ご飯の内容を変える⑥【ペースト状】

iStock.com/alice2072

飲み込みが難しい老犬では、ぱざぱさしたものは食べづらいので、肉や野菜の茹で汁やだし汁、牛乳(ミルク)などで水分を増やします。

または、とろみを使用する、ミキサーでとろとろの状態にする、ペーストやスープ状のフードを使用するなども良いでしょう。

ご飯の内容を変える⑦【アレンジ】

これまでに食べたことのないフードや食材を与えてみましょう。

【老犬にもよい食品・食材の例】

食品・食材効果
マグロ、サンマ、イワシなどの魚類、魚油
(オメガ3脂肪酸=EPA、DHA)
抗炎症作用、血栓の抑制、脳や神経の働きをサポート、
ガン予防など
亜麻仁油、えごま油など
(オメガ3脂肪酸=αリノレン酸)
血流の改善、免疫応答の改善など
カボチャ、ブロッコリー、ニンジン、
りんご、バナナなど
抗酸化作用
桃、梨、キウイ、りんごなど整腸作用、便秘予防
酵素消化をサポート

老犬がご飯を食べない「対処法・ポイントやコツ」②【食べさせ方(環境)】

食べさせ方(環境)①【適度な運動】

食べさせ方(環境)①【適度な運動】

Halfpoint / PIXTA(ピクスタ)

運動が足りないとお腹もすきにくいので、適度な散歩や運動、ゲームなどを心がけましょう。

食べさせ方(環境)②【食器や滑り止め】

犬に合わせて食器の位置を少し高くし、床が滑りやすいのであれば、滑り止め対策をしましょう。

体がふらつく、首が曲がっている犬などは動きに合わせて食器を持っていてあげたほうがいい場合もあります。

または、食器の形が合わずに食べづらいこともあるので、食器を替えてみるのも良いでしょう。

食べさせ方(環境)③【与え方】

食べさせ方(環境)③【与え方】

iStock.com/Aiden-Franklin

スプーンや手の平で与えたりすると食べる犬もいます。

食べさせ方(環境)④【食べる様子】

人が美味しそうに食べる様子を見て自分も食べたくなることがあるように、まず自分が食べてみせ、「美味しいよ」と食べ物を愛犬の口にもっていくと食べることもあります。

食べさせ方(環境)⑤【量と回数】

一度に与えようとせず、少量を数回に分けて与えると良いでしょう。

食べさせ方(環境)⑥【気分転換】

食べさせ方(環境)⑤【気分転換】

iStock.com/yoshiurara

愛犬を散歩に連れ出し、その途中で少しずつ食べさせる手もあります。

外の空気に触れ、散歩友だちに会うことで気分が変わり、食べることもあるでしょう。

食べさせ方(環境)⑦【ストレス】

ストレスのある犬では食事前に軽くふれあったり、遊んだりしてみましょう。

愛情ホルモンであるオキシトシンの分泌を促し、それによって血糖値を下げ、摂食中枢を刺激して食欲を上げる効果を狙うのも良いでしょう。

食べさせ方(環境)⑧【流動食】

自力で食べられない老犬は、流動食をシリンジや、はちみつ・ドレッシングなどの容器に入れて、口の端から少しずつ流し込みます。

その際、誤嚥(ごえん)を予防するために、頭部は枕を使うなどして少し高くします。

愛犬を抱っこして与える場合は、口を上に向けて喉を伸ばしきった状態にすると誤嚥を起こしやすいので注意をしてください。

「老犬がご飯食べない」まとめ

「老犬がご飯食べない」まとめ

iStock.com/AaronAmat

成犬では元気があり、他に異常がなければ、24時間程度ご飯をたべなくてもそれほど心配はないものの、3日続く食欲不振は要注意と言われます。

しかし、老犬の場合は、時に余命にかかわることもあるので、もっと早めに対処したほうがいいでしょう。

食欲不振の他、「元気がない」「下痢嘔吐がある」「水も飲まない」「何日も続く」「体重が減っている」などの様子がある時には、早めに動物病院で診てもらってください。

病気が疑われる場合は、「血液検査」や「血液化学検査」の他、「レントゲン」や「超音波検査」「細菌検査」など状況に合わせた検査をし、点滴や食欲増進作用のある薬が必要になることもあります。

何より、普段の愛犬の食欲や食べ方など観察することは忘れずに。

みんなのコメント

ゆずさん
うちのコーギーもたまにご飯を食べないときがあります。 たまには食欲がないときもあるのかな、くらいにしか思っていませんでしたが、 命に関わるような病気になっているケースもあるとは驚きです。 普段と違う様子のときは、些細なことでも気にかけてあげなければいけないなと思いました。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る