【獣医師監修】犬がはちみつを食べても大丈夫?アレルギーやボツリヌス症に注意!

マヌカハニーなど人間の健康や美容にも良いと評判のはちみつを、家族の一員でもある愛犬にあげたいと思う方もいるでしょう。はちみつを人間が食べることは問題ありませんが、犬の場合はどうなのでしょうか?はちみつのアレルギーなど、体調不良を引き起こす心配がないか、成分等について詳しく解説します。

  • 監修者:徳本 一義 先生(獣医師)

【獣医師監修】犬がはちみつを食べても大丈夫?アレルギーやボツリヌス症に注意!
出典 : Vitaly Titov/Shutterstock.com

犬がはちみつ自体を食べても大丈夫!ただし、ボツリヌス症には注意が必要!

犬がはちみつ自体を食べても大丈夫!ただし、ボツリヌス症には注意が必要!

Africa Studio/ Shutterstock.com

犬がはちみつを食べても問題ありません。

ただ、犬にはちみつを与えることについて、色々な意見があり、犬や猫ではこのような症例はないものの、人間ではいくつかの症例が出ています。
厚生労働省のHPにも掲載されている通り、1歳未満の乳幼児がはちみつを食べることにより、乳児ボツリヌス症にかかることがあるため、決して乳児には与えてはいけないと言われています。このように、はちみつには注意しなければいけない点があるのも事実です。

はちみつは人間にとって健康にも美容にも良い万能食品で、幅広い層に長年支持され続けていますが、絶対に安心であるとは言い切れないので、愛犬の体調が優れないときや子犬である幼少期は、念のため気をつけましょう。

犬にはちみつを与えるデメリット!

決して良いことはありませんので、はちみつで摂取するカロリーは、食事全体のカロリーの20%以下に抑えるように注意しましょう。

Angyalosi Beata/ Shutterstock.com

栄養価も高く素晴らしい健康食品であるはちみつですが、残念ながらデメリットもあるのでここで詳しく学びましょう!

●デメリット① ボツリヌス菌の出す毒素が身体に異変を起こす

ボツリヌス菌は、食中毒を引き起こす可能性のある細菌として有名です。人間での中毒症状としては、嘔吐や下痢などの消化器障害、全身脱力、四肢麻痺、呼吸困難などや、重篤な場合には死に至ることもあります。先述した通り、人間では1歳未満の乳幼児がはちみつの摂取が禁止されており、犬でも免疫力が弱っているときや、幼少期の子犬時代にこの細菌が体内に入ると作り出される毒素によりボツリヌス症を起こす可能性があるので、十分注意しましょう。

●デメリット② はちみつ「アレルギー」(はちみつに含まれる花粉が原因)

はちみつを食べるときは、アレルギーの可能性が少なからずあることを知っておいてください。またこの場合、はちみつに含まれる花粉が原因物質となるケースが稀にあります。はちみつに含まれる花粉はごく少量のため、あまり心配する必要はありませんが、初めてあげるときは様子をみながらあげてください。

愛犬にはちみつを与えるときの適量は?カロリーには注意!

犬にはちみつを与えるときの適量は?

Africa Studio/ Shutterstock.com

どんなに栄養面に優れ、健康に良いものであっても与えすぎは禁物です。生まれて初めてはちみつあげる場合は、必ず愛犬の様子を見ながら少量ずつ与えましょう。

また、はちみつのカロリーの高さにも注意が必要です。与えすぎてしまうとカロリーオーバーとなり肥満に繋がる危険性があります。健やかな健康を望んだはずなのに、適量以上のはちみつを与えてしまい、愛犬を太らせてしまっては全く意味がありません。太ってしまうと運動するのも大変になりますし、怪我もしやすくもなります。それだけでなく、肥満は様々な病気のリスクを一気に高めます。

犬も甘くて美味しいはちみつが大好きでしょうから、与えたときの喜ぶ姿を想像してしまいます。飼い主としてその姿見たさについつい多くあげてしまうかもしれませんが、それは本当の愛情ではありません。はちみつを愛犬に与える場合、食事全体のカロリーの20%以下に抑え、適量をしっかり守り、愛犬の健康を第一に考えましょう。

まとめ

まとめ

Javier Brosch/ Shutterstock.com

美容にも健康にも良いと評判のはちみつを、愛犬に食べさせることについて、詳しくご紹介しました。はちみつを摂るメリット・デメリットなど、参考になりましたでしょうか?

はちみつのあげすぎにはくれぐれも注意して、家族である大切な愛犬と末永く健康で過ごしましょう。

【獣医師監修】愛犬が梅干しを食べちゃった!大丈夫?

【獣医師監修】犬にお酢を与えても大丈夫?リンゴ酢、黒酢、犬にいいお酢ってあるの!?

【獣医師監修】犬にくるみを食べさせても大丈夫?

監修者情報

徳本 一義 先生(獣医師)
徳本 一義 先生(獣医師)
小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。大学卒業後、小動物臨床に従事したのち、大手ペットフードメーカーで15年以上、臨床栄養学の観点からペットフードの開発、ならびに研究・情報発信に携わる。現在は獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動のほか、複数の獣医系大学で講師を兼任するとともに、ペット栄養学会 理事など、ペットの栄養に関する団体の要職も務める。

みんなのコメント

beeさん
朝、食パンにはちみつを塗っていると、わんちゃんが食べたさそうに寄ってきますが、ボツリヌスが怖くてあげていませんでした。獣医師先生の監修だと信頼できますね。ありがとうございます。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING