【獣医師監修】老犬の便秘が心配、何日が動物病院に行く目安?原因や理由、解消方法、予防対策は?

老犬は下痢と並んで便秘もしがちです。運動量や食べる量も減り、消化機能も低下することから便秘しやすくなりますが、他にも原因は考えられます。愛犬が1日に必要とする水分量を知っていますか? 実は、便秘にも水分量が関係することがあるのです。今回は、老犬の便秘の原因や理由、対処法、予防方法などについて詳しくお伝えします。

先生にお聞きしました
箱崎 加奈子 先生
麻布大学獣医学部獣医学科 卒業
【獣医師】【ドックトレーナー】【トリマー】
ペットスペース&アニマルクリニックまりも 病院長
一般社団法人女性獣医師ネットワーク 代表理事
株式会社WVN代表取締役

【学歴・経歴】
◇1982年:東京生まれ、東京育ち
◇2001年:青山ケンネルスクールトリミング科 卒業
◇2007年:麻布大学獣医学部獣医学科 卒業
◇2009年:アニマルプラザ ドッグトレーナーズカレッジ 卒業
◇2009年:ペットスペース&アニマルクリニックまりも 開業
◇2011年:女性獣医師ネットワーク設立(2016年一般社団法人化)
◇2017年:株式会社WVN 設立

【資格】
獣医師
日本ドッグトレーナー協会 ドッグトレーナー A級ライセンス
日本アニマルアロマセラピー協会認定 アニマルアロマセラピスト
◇青山ケンネルスクールトリミング B級ライセンス 

【所属】
一般社団法人 女性獣医師ネットワーク代表理事

【著作物】
最新版 愛犬の病気百科」愛犬の友編集部
犬にも人にも優しい飼い方のメソッド 愛犬をケガや病気から守る本」愛犬の友編集部

【ペットへの想い、職業上のペットとのかかわり】
18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。
ペットとその家族のサポートをしたい、的確なアドバイスをしたいという思いから、トリマーとして働きながら獣医師、ドッグトレーナーになりました。
病気の予防、未病ケアに力を入れ、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護師、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。
現在の愛犬は「シーズー」。
看板犬、スタッフ育成のモデル犬として良きパートナーです。
ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、ヨークシャテリアとも暮らしてました。
家族のいない犬の一時預かり、離乳前の子猫を育てるミルクボランティアなどもやってます。
続きを読む

老犬の便秘【原因・理由】

老犬の便秘【原因・理由】

arrowsmith2 / PIXTA(ピクスタ)

老犬に見られる便秘。

その原因としては、以下のようなものが考えられます。

老犬の便秘「原因」①【食事量の低下】

老犬は基礎代謝や運動量が低下し、自ずと必要とするカロリーが減ってくるので、食べる量が少なくなります。

そのため、うんちの量も少なくなり、便秘になりやすくなります。

老犬の便秘「原因」②【運動量の低下】

老犬の便秘の原因②【運動量の低下】

iStock.com/stonena7

老犬になるとどうしても運動量が減ってしまいます。

運動量の低下は、腸の動き・蠕動(ぜんどう)運動も弱めてしまうので、便秘の原因になります。

老犬の便秘「原因」③【消化機能の低下】

老犬は食事量や運動量だけでなく、胃や腸などの消化機能も低下してくるので、便秘や下痢を起こしやすい傾向にあります。

老犬の便秘「原因」④【水分摂取量の低下】

老犬の便秘の原因④【水分摂取量の低下】

iStock.com/dimarik

老犬は食餌(しょくじ)だけでなく、水もあまり飲まなくなります。

犬も人間と同じで、水分摂取量が少なくなると便も硬くなりがちです。

老犬の便秘の原因⑤【ストレス】

何らかのストレスによる自律神経の乱れから便秘になることもあります。

老犬がストレスに感じていることはないか、普段から気をつけて様子を見ましょう。

老犬の便秘の原因⑥【カルシウム・カリウム】

老犬の便秘の原因⑥【カルシウム・カリウム】

iStock.com/kazunoriokazaki

骨が弱くなる老犬では、カルシウムも大事な栄養素ですが、摂り過ぎは便を硬くしてしまいます。

カルシウムが多いと、便の色は白っぽくなります。

一方、カリウムが少な過ぎると消化管の働きが低下することがあります。

老犬の食事の栄養分が気になるときは、かかりつけの獣医師に一度相談してみましょう。

老犬の便秘の原因⑦【食物繊維】

老犬の便秘の原因⑦【食物繊維】

YAMATO / PIXTA(ピクスタ)

食物繊維は便通を整え、生きた善玉菌(微生物)であるプロバイオティクスのエサにもなるので、老犬の食事にも積極的に摂り入れたい栄養素の一つです。

しかし、食物繊維の摂り過ぎや不足は便秘をまねくことがありますので注意してください。

老犬の便秘の原因⑧【炎症・痛み】

老犬の便秘の原因⑧【炎症・痛み】

hamayakko / PIXTA(ピクスタ)

愛犬が、便をしたくてもお尻周辺が痛くて出せないということもあり得ます。

下半身のケガによって便秘になることもあります。

老犬がお尻のあたりを痛がる様子があったら、早めに動物病院を受診しましょう。

また、日頃から定期的に健康診断を受け、老犬の体をチェックすることも大切です。

老犬の便秘の原因⑨【誤飲】

老犬の便秘の原因⑨【誤飲】

Madphotos / PIXTA(ピクスタ)

ボールや石など異物を食べて消化管に詰まってしまい、便が出てこないこともあります。

これは非常に危険な状態です。

老犬が誤飲したら危ないものは犬の届くところに置かないなど、家族でルールを決めましょう。

老犬の便秘の原因⑩【薬】

老犬の便秘の原因⑩【薬】

FamVeld / PIXTA(ピクスタ)

利尿剤や抗ヒスタミン薬、鎮痛剤、鉄剤、抗コリン剤、硫酸バリウム、吐き気止め、抗ガン剤など薬剤の影響によって便秘になることもあります。

薬の影響で老犬が便秘をするようになったときは、早めに獣医師へ相談しましょう。

老犬の便秘の原因⑪病気の影響

病気の中には便秘になりやすいものもあることには注意が必要です。

便秘を起こす可能性のある病気はのちほど解説します。

老犬 便秘 原因 病気

iStock.com/Sushiman

なお、老犬の便秘の原因は、次のように分けることもできます。

老犬の便秘の原因①

原因
1腸の蠕動(ぜんどう)運動
2腸の圧迫や閉塞
3食べ物、便の硬さ
4病気や薬剤
5痛み
6心理的なもの(ストレス)

さらには、

老犬の便秘の原因②

原因
1物理的に便が出せない
2消化管の機能の問題で出せない

と大別することもできます。

老犬の便秘【症状・状態】

老犬の便秘【症状・状態】

iStock.com/AMR Image

老犬が便秘になった場合は、以下のような様子が見られることがあります。

きばるもののなかなか出ない、同時に体が震える

便を出す素振りが見られない

お腹が膨らんでいる

便はコロコロとして硬過ぎる

トイレにいる時間が長い、トイレにずっと座っている

犬の便秘の目安

老犬 便秘 症状 状態

nazuna / PIXTA(ピクスタ)

犬では2日を目安とし、3日以上便が出ないと「便秘」と言われますが、人では1週間に排便が3回未満であると「便秘」と言います。

また、便が硬い、便が小さい、いきんでも出にくい、残便感がある、かき出さないと出ないという場合も「便秘」と言えます。

犬も同じく、便が硬過ぎる、出にくいという場合は便秘と言えるでしょう。

老犬 便秘 動物病院 受診

Jomkwan7 / PIXTA(ピクスタ)

なお、嘔吐痙攣(けいれん)、ぐったりしている、発熱など、他の症状もある時には迷わず、すぐに動物病院へ向かうことをお勧めします。

【参照元】日本大腸肛門病学会 山名 哲郎「大腸・肛門の病気について:便秘について」

老犬の便秘【考えられる病気】

老犬の便秘【考えられる病気】

iStock.com/PotaeThanachai

便秘を引き起こす可能性のある病気としては、次のようなものがあります。

老犬の便秘の原因となりうる病気

疾患症状・特徴
腺癌、悪性リンパ腫などの腫瘍・ガン腸の圧迫や閉塞
腸の炎症蠕動(ぜんどう)運動の低下
甲状腺機能低下症蠕動(ぜんどう)運動の低下
前立腺肥大オス犬のみ可能性がある
肛門嚢炎痛みが出る
脱水腎疾患や電解質バランスの崩れから脱水になることも
中枢神経の異常

老犬の便秘【治療方法・治療費】

老犬の便秘【治療方法・治療費】

つむぎ / PIXTA(ピクスタ)

老犬の便秘が軽度の場合は、食事や水分量の調整で対処することになるでしょう。

犬の肛門を指先や綿棒などで軽く刺激すると、うんちが出やすくなるよう排便を促すことも可能ですが、飼い主さんが無理に行うのはやめましょう。

薬が必要な場合は、緩下剤(かんげざい)や刺激性下剤、整腸剤が処方されると思いますが、処置として浣腸が施されることもあります。

老犬 便秘 治療 薬

Wayne_PHOTO / PIXTA(ピクスタ)

緩下剤(かんげざい)・刺激性下剤には、腸内の潤滑を促すものや、便を柔らかくするもの、腸の蠕動(ぜんどう)運動を刺激するもの、便中の水分量を調整して腸を刺激する膨脹タイプなどいろいろあり、犬の状況によって選択されることでしょう。

便秘と同時に脱水症状も見られる場合には、輪液による水分の補給が必要です。

老犬 便秘 治療 手術

Kukota / PIXTA(ピクスタ)

また、病気が疑われる場合は検査が行われることもありますが、誤飲で腸閉塞を起こしているケースでは手術が必要になります。

その他、便秘をサポートするハーブとしてはイエロードッグやマシュマロウなどがあります。

しかし、イエロードッグは量が多過ぎると逆に下痢嘔吐を起こすことがあり、マシュマロウは血糖値を下げる作用があるので低血糖になりやすい疾患がある犬には注意が必要です。

薬を飲んでいる場合にも同じく注意しなければならないので、ハーブを使用したい場合には事前に動物病院でご相談ください。

【参照元】日本消化器病学会「健康情報誌“消化器のひろば”No.11 知っておきたい治療薬 消化器病の薬 便秘薬」

老犬 便秘 治療

iStock.com/zabo69005

老犬の便秘【治療費の目安】

項目料金幅
糞便検査~1万2,500円
血液検査~5万円
尿検査~2万5,000円
レントゲン検査~5万円
内視鏡検査~5万円超
超音波検査(腹部エコー)~5万円超
輪液(点滴)~5万円超
調剤料~1万2,500円
処方箋~1万円
全身麻酔~5万円超
腸切開~30万円超

【参照元】公益社団法人 日本獣医師会「家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査(平成27年度)」

老犬の便秘【予防対策】

老犬の便秘【予防対策】

iStock.com/Akchamczuk

老犬の便秘を予防するには、次のようなことを心がけるといいでしょう。

老犬の便秘予防①【腸内環境】

犬の腸内環境を整えるには善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌などのプロバイオティクスと、そのエサとなるプレバイオティクス(オリゴ糖や食物繊維など)を定期的に摂取するのがよいとされています。

プロバイオティクスは整腸作用のみならず、発ガンリスク軽減作用、免疫機能調整作用などもあると言われますが、乳酸菌やビフィズス菌はビタミンを産生する働きもあります。

老犬 便秘 腸内環境

iStock.com/ryanhendrixarts

たとえば、ビフィズス菌はビタミンB群を産生し、そのエサとしてはオリゴフラクトースやイヌリンがよいそうで、このように相性のよいプロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせて摂取することにより、便秘の改善をはじめ、いろいろな効果がより期待できるということです。

【参照元】一般社団法人全国発酵乳乳酸菌飲料協会 発酵乳乳酸菌飲料公正取引協議会、細野明義「乳酸菌の科学/乳酸菌とビフィズス菌の基礎講座:Ⅲ.プロバイオティクスとしての乳酸菌とビフィズス菌」

辨野 義巳「プロバイオティクスとして用いられる乳酸菌の分類と効能」

老犬 便秘 ヨーグルト

muu / PIXTA(ピクスタ)

なお、胃酸や胆汁酸は乳酸菌やビフィズス菌の力を弱めてしまうので、犬にヨーグルトを与えるなら胃酸が弱まる食後がベストです。

【参照元】東京医科歯科大学医学部附属病院臨床栄養部「食彩たより第43号:腸内環境と食習慣~便は体からのお便りです~」

老犬の便秘【おすすめの食品】

プロバイオティクスヨーグルト、納豆、チーズ、味噌 など
プレバイオティクスサツマイモ、アスパラガス、ごぼう、大豆、
しいたけ、桃、梨、キウイ、りんご、バナナ など

老犬の便秘予防②【水分】

老犬の便秘予防②【水分】

gonz@les / PIXTA(ピクスタ)

愛犬がちゃんと水を飲んでいるか確認するとともに、あまり飲まない犬の場合は、食事の水分量を増やすなどして十分な水分が摂れるようにしてあげましょう。

犬の1日の正常な水摂取量の目安は、体重1kgあたり20~90mlです。

【参照元】公益社団法人埼玉県獣医師会「水の飲み過ぎは病気のサインかもしれません!」

老犬の便秘予防③【油(不飽和脂肪酸)】

オリーブオイルやえごま油、亜麻仁油などに含まれる不飽和脂肪酸には便の滑りをよくする作用(滑腸作用)があるとされるので、愛犬の食事に少量混ぜてみるのもおすすめです。

老犬の便秘予防④【運動・マッサージ】

老犬の便秘予防④【運動・マッサージ】

iStock.com/mikkelwilliam

老犬の運動不足は、腸の蠕動(ぜんどう)運動の低下にもつながるので、適度な散歩や運動、ストレッチを。

手の平で犬のお腹を右回りに優しくさすってあげると腸の動きを促すマッサージになります。

老犬の便秘予防⑤【誤飲防止】

老いに伴って認知能力の低下も考えられます。

今まで大丈夫だったからと過信せず、飲み込むと危険な物は犬の周囲に置かないようにしましょう。

【参照元】小田原獣医師会「腸の病気について」

老犬の便秘【まとめ】

老犬の便秘【まとめ】

iStock.com/Bigandt_Photography

老犬が、便秘になる前には便の量や回数が少なくなる、乾いた便になる、食欲が低下する、元気がないなどの様子が見られる場合もあるようです。

「便は健康のバロメーター」とよく言いますが、愛犬の便の状態や回数、色、臭いなど、毎日観察を怠らず、早めに異常に気づいてあげたいものですね。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る