飼い主だけに甘える粋な性格!柴犬が世界中の人々から愛される理由

海外でも「シバ」と呼ばれ、人気高い日本犬の代表格である柴犬(しばいぬ)。日本犬の中では最も小さい犬種ですが、屈強な体の持ち主でもあります。「番犬気質」という他の愛玩犬とは少し異なる特徴を持つ柴犬の性格について、まとめてみました。

柴犬の外見の特徴~小柄ながら筋肉質で、力強さを感じさせる

柴犬の平均体重は9~14キロ、平均体高は35~40センチ。平均よりもやや小さめの個体は「豆柴(まめしば)」などと呼ばれ親しまれています(豆柴は犬種として認定されているものではありません)。

体長はやや短めでコンパクトですが、筋肉質で胸板が厚く、身が詰まったような印象を与える頑強さがあります。後ろ脚は力強く地を踏んでお尻が少し上がっており、尻尾は背中側にくるりと巻いています。小さめの耳はピンと立ち前向きについており、精悍(せいかん)な顔立ちを引き立てています。

毛質は、硬くまっすぐな上毛とやわらかく密集したふわふわの下毛のダブルコート。触れるとたっぷりとした厚みを感じることができます。換毛期に入ると大量の毛が抜けきれいに生え変わるので、びっくりするかもしれません。

被毛のカラーは赤、茶、黒、白、ごまなどさまざま。有色でも、口元を中心とした顔回りや胸元、お腹、足先は白くなっているケースが多く見られます。

柴犬が生まれた歴史~絶滅の危機を乗り越えて

柴犬の原産国は、日本。「柴犬」「紀州犬」「甲斐犬」「北海道犬」「四国犬」「秋田犬」という日本固有の6犬種の中で最も歴史の長い犬種です。先住民族が南方から移住した際に「パリア犬」という犬種を連れてきたことが、柴犬の起源だと考えられています。ちなみに「柴」という名前の由来は、赤褐色の毛色が「柴の木」の色に似ているという説や、「小さいもの」という意味の古い方言「シバ」から来ているという説など、諸説あります。

幕末時代に鎖国が解かれたとき、西洋から多くの犬が入り、日本犬との混血が多く生まれました。日本固有の犬種を守るため、1928年に「日本犬保存会」が設立されましたが、以後の大戦や犬ジステンパーの流行で柴犬も一時絶滅の危機に瀕します。

かつては長野県を発祥とする「信州柴」、山陰地方を発祥とする「山陰柴」、岐阜を発祥とする「美濃柴」など、各地特有の性質を持つ柴犬が存在していましたが、前述の絶滅危機の際に多くの柴犬が失われてしまいました。その後、柴犬という犬種を保存するために各地から柴犬を集めて交配を推進したことで、それぞれの特性が平均化されていきます。

柴犬がアメリカに渡ったのは、1954年のこと。1993年、アメリカンケネルクラブ(AKC)に認定されます。それ以後、柴犬の人気が高まり、世界中で注目を集めることになりました。

柴犬の性格~独立心旺盛で勇敢・快活な、「The 日本犬」

しつけや家庭生活を通して信頼関係を築けた飼い主に対しては絶大な信頼を置く、柴犬。他人にはあまり心を開かない犬が自分だけに甘えてすりすりしてくる姿がたまらない……という理由で柴犬を愛している人は、多くいるはずです。活発で遊びも大好きなので、毎日たっぷり運動させてあげましょう。

日本犬の中では体高が低く小柄でありながら縄張り意識や警戒心が強く出る傾向にあるため、番犬として古くから日本で親しまれてきた柴犬ですが、室内で飼う場合は、その繊細さや攻撃性の高さが問題になることも少なくありません。柴犬を飼うに当たっては、しつけや主従関係・信頼関係の構築が重要だと考えられています。

柴犬の寿命はどれくらい?

柴犬の平均寿命は、12~15歳前後。柴犬の場合、命に関わるような先天的・遺伝性の疾患は少ないので寿命は長い方ですが、柴犬をはじめとする日本犬は老犬になると痴呆になりやすいともいわれています。
※個体差が大きく、人間よりも統計上の数字が正確ではないため、あくまでも目安として考えてください。

柴犬が気を付けるべき病気

柴犬が特に気を付けるべき病気はあまりないといわれていますが、皮膚病・皮膚炎については注意しておいた方がいいでしょう。特に換毛期は毎日大量に抜け毛が発生しますが、その抜け毛を放置すると、皮膚疾患を起こしやすくなります。下毛を中心にブラッシングをして、体から抜け毛をしっかりと取り除くようにしましょう。

また、一時期「豆柴」が脚光を浴びて強引な柴犬の小型改良が推進させられたことで、膝蓋骨脱臼など、関節に問題を抱えている個体も少なくないといわれています。柴犬が1歳を迎える頃、座り方や歩き方に不自然な様子が見られたら、関節の検査を受けるようにしてください。

柴犬の飼い方と向いている家庭

北方系の犬種の特徴を持ち、分厚い被毛に覆われ寒さに強いことなどから、現在でも番犬として室外で飼われることが多い、柴犬。ただ、できるだけ室内で飼うことをおすすめします。確かに、肉体的な面から見れば室外で飼うことは問題ありません。しかし、家族としっかり関わりを持ち、家庭犬としてのしつけを行うためには、室外ではなく室内の方が適した環境といえるでしょう。

柴犬は小柄ですが、体力のある狩猟犬です。毎日たっぷりと散歩をし、ときには広い所で走らせてあげましょう。頭を使ったゲームを取り入れて、心身ともに程良い疲労感を与えてあげることも、必要です。

ひとたび家の外に出た柴犬は、見知らぬ人や犬(特に同性)に対して強い警戒心を抱き、ほえたり威嚇したりすることがあるので、幼少の頃から社会性を身に付けさせることを心掛けてください。飼い主自身がしっかりと柴犬をコントロールするためにも、服従訓練を含めたしつけをするようにしましょう。

柴犬を買うときの一般的な値段の目安は?

柴犬をペットショップやブリーダーから購入する場合の一般的な値段は、8~20万前後だとされています。柴犬の月齢や血統レベル、毛色や健康状態などによって値段は変動しますが、あまりにも安過ぎる・高過ぎる場合は、その理由を確認するようにしてください。また、柴犬の骨格や歯、皮膚に異常はないか、生まれてから販売されるまでに感染症などに罹患(りかん)していないかなど、しっかりと確認するようにしましょう。

柴犬の魅力と特徴まとめ

飼い主に対して忠実で、忍耐力や快活さも併せ持つ、柴犬。一方で、飼い主の感情を敏感に感じ取る繊細さや、警戒した相手に対して果敢に向かっていく気の強さも持っています。このような柴犬特有の性格は優秀な番犬であるがゆえに……なのですが、トラブルや問題行動の原因にもなり得るもの。柴犬の特徴や性格をしっかりと理解し、適切に接した上で、家族の一員として迎えてあげましょう。

柴犬に限った話ではありませんが、見た目や印象だけで飼う・飼わないを判断するのではなく、性格や気質もきちんと理解して「本当に最後まで飼うことができるのか」を何度も自分に問い掛けてください。飼い主と犬が幸せな生活を送れるように。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING