<パピヨン>歴史やカラダ・性格などの特徴【JAHA認定インストラクター監修】

小さなカラダで、可愛らしさと優雅さを併せ持ったパピヨンは、日本で高い人気を誇る犬種です。ここではパピヨンの歴史とカラダや性格の特徴について紹介していきます。

<パピヨン>歴史やカラダ・性格などの特徴【JAHA認定インストラクター監修】
出典 : Malivan_Iuliia/Shutterstock.com
先生にお聞きしました
保久(やすひさ)留美子 先生
公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定

家庭犬しつけインストラクター CPDT-KA

【保有資格】
公益社団法人日本動物病院協会(JAHA) 認定 家庭犬しつけインストラクター
◆米国ペットトレーナーズ協会 認定 CPDT-KA
日本ペット栄養学会 認定 ペット栄養管理士
動物看護師統一認定機構 認定 動物看護師
◆日本ペットカウンセラー協会 認定 パラカウンセラー
日本アニマルウェルネス協会 認定 ホリスティックケアカウンセラー

◇環境省主催「動物適正飼養講習会」講師
◇北海道動物愛護管理研修会 講師
ペットシッター養成講座 講師
◇動物介在活動、動物介在教育
◇動物病院スタッフ向けのセミナー 講師

犬との豊かな暮らしを求めて、20年前に北海道へ移住。
美瑛で犬猫たちと自然を満喫しながら同居中。
現在、道内に4つの病院を構える緑の森どうぶつ病院にて、道内初のJAHA認定家庭犬インストラクター等の資格を活かして勤務。

動物病院の待合診療統括マネージャーとして、「飼い主目線でどうぶつを観る」を心掛け、飼い主さんと病院の橋渡し役を担当。

自身も5頭の犬を見送り得た「経験」と、動物病院という現場で得た「臨床知識」から出した結論は、『そのコを想い、そのコのためにと飼い主が考えしてあげることが、そのコの望んでいること』。

また、しつけの分野においては、たんにその域に留まらず、動物の一生のなかでさまざまなタイミングで携われるような立場になれることを願って、従来の経験と勘だけに頼らない、最新の動物行動学と行動分析学をふまえた指導を心がけている。
続きを読む

<パピヨン>歴史

<パピヨン>歴史

ALaPhoto/ Shutterstock.com

パピヨンの起源はスペイン原産のスパニッシュ・ドワーフ・スパニエル、および北方スピッツ系犬種であると考えられています。

イタリアのボローニャ地方で繁殖され、フランスを中心とするヨーロッパの貴族階級の貴婦人たちに人気の犬となります。

当時描かれた肖像画にも、パピヨンが描かれているものが多く存在します。

フランスのルイ14世がパピヨンをこよなく愛し、何頭も輸入したといわれていますし、マリー・アントワネットは、処刑される直前までパピヨンを傍に置いたとも伝えられています。

華やかな尻尾のパピヨン

f8grapher/ Shutterstock.com

初期のパピヨンは大きな耳ではなく、華やかな尻尾が注目され人気を博していました。

「パピヨン」という名前になったのはずいぶん後のことで、スカーレル(リス)・ドッグやスカーレル・スパニエルと呼ばれていました。当時は立ち耳のタイプと垂れ耳のタイプの両方が存在していました。

立ち耳のパピヨン

Sergey Lavrentev/ Shutterstock.com

18世紀末頃から立ち耳のパピヨンを選択して交配させ、19世頃からはベルギーでも繁殖が始まります。

スピッツを交配して大きな立ち耳となり、チワワと交配してカラダは小さくなりました。

このようにして、現在のパピヨンに近い姿となったので、繁殖が盛んだったベルギーが原産国だという意見もありますが、正式にはフランスが原産国となります。

パピヨンと呼ばれるようになったのもこの頃からで、フランス語で「蝶」を意味する「papillon」という言葉が語源になっています。

現在のパピヨン

Alesikka/ Shutterstock.com

20世紀に入るとパピヨンは様々な国でドッグショーに参加するようになり、人気を博します。

この頃出品されていた犬は、現在のパピヨンよりも若干大きく、ほとんどの犬がレッド一色だったといいます。

現在は、品種改良により、カラダはひと回り小さく、毛色も多彩になりました。

ショードッグとして可憐な姿を見せるだけでなく、服従競技にも参加するなど、幅広い分野で活躍できる犬種となっています。

<パピヨン>カラダの特徴

<パピヨン>カラダの特徴

Jiri Vaclavek/ Shutterstock.com

パピヨンは体高が28㎝までが理想とされており、体重は4~5kgが適正とされます。

体長は体高に比べて少し長く、標準的で調和の取れた体躯をしていて、立ち姿は優美な雰囲気を醸し出します。

パピヨンの被毛

otsphoto/ Shutterstock.com

被毛はシングルコートで、絹糸のように滑らかな直毛で豊富に生えています。

耳や胸、四肢や尾には飾り毛があるのも、パピヨンの特徴です。

毛色は「ホワイト」に「ブラック」や「ブラウン」、「レッド」の毛色が混じった個体が多いです。

標準としては白地であればすべての色が認められています。

最近では白地に「ブラック」や「ブラウン」の斑が混じった「トライカラー」の個体に人気が集まっているようです。

カラー単色のパピヨンについては認められていません。

<パピヨン>顔の特徴

<パピヨン>顔の特徴

Rob Hainer/ Shutterstock.com

長い飾り毛のある大きな耳がパピヨンの特徴で、名前の由来通り、蝶のように広がっています。

尾にも同様に飾り毛があり、気品のある姿をしています。

立ち耳の犬が多いのですが、多くの国で垂れ耳の個体についても認められています。

<パピヨン>性格の特徴

<パピヨン>性格の特徴

Galina Savina/ Shutterstock.com

パピヨンは愛玩犬としてその歴史をたどってきました。

華奢でおとなしそうですが、とても活発ですばしっこいです。頭がよく運動能力も高いので、アジリティや訓練競技会などで活躍する子も多いです。

基本はフレンドリーです。

一方、気が強い面もあるので一貫性をもって叱って教えるのではなく、ほめてしつけるやり方を。

飼いたい場合は、パピヨンを飼っている人の話を聞いたりして、事前に念入りな情報収集することをおすすめします。

みんなのコメント

らっきーさん
うちではパピヨンを3匹飼っています。 どの子もとっても元気で毎日賑やかで楽しいです! 性格の特徴もあるのでしつけは少し大変ですが、 相談できる人などがいれば心配はないかと思います。
ゆぅみさん
2.5kgしかないパピヨンを飼っています。小さいけれどなかなかに「曲者」です😅💦

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の種類・品種」の人気記事RANKING