【獣医師監修】ミニチュア・シュナウザーの平均寿命は?病気や老化を予防し、寿命を延ばす秘訣!

がっしりと頑丈な小型犬で性格も明るいので飼い方も難しくなく、近年、人気急上昇中のミニチュア・シュナウザー。いつくかの遺伝性疾患には注意しながら健康管理をしっかり行えば、きっと長生きしてくれるでしょう。

【獣医師監修】ミニチュア・シュナウザーの平均寿命は?病気や老化を予防し、寿命を延ばす秘訣!
出典 : iStock.com/Elen11
先生にお聞きしました
菅野 晶子 先生
【学歴】
日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学)卒業
Royal Academy of Homoeopathy卒業
新宿鍼灸柔整専門学校卒業

【専門分野】
Aki Holistic Veterinary Care にて
◇鍼灸
◇ホメオパシー
◇ホモトキシコロジー
◇CCLT(Crystal Color Light Therapy)
◇漢方
などを用いたホリスティックケア

【資格】
獣医師
◇鍼灸師
◇日本獣医ホメオパシー認定医

【所属団体・学会】
一般財団法人 比較統合医療学会
一般社団法人 日本獣医ホメオパシー学会
日本ペット中医学研究会

【著作物】
犬の臨床鍼灸学テキスト
(比較統合医療学会 犬の臨床鍼灸学テキスト編集委員会 編著)

【飼ってる動物】
雑種犬1頭(ウメ)
雑種猫2頭(あさり・うにお)

【ペット歴】
36年

【職業上でのペットとのかかわり】
縁あって家族になった動物達が飼い主さんと幸せに生涯を全うできるようお手伝いしたく、日々精進中です。
続きを読む

ミニチュア・シュナウザーの平均寿命は?

ミニチュア・シュナウザーの平均寿命は?

iStock.com/magicalflute77

ミニチュア・シュナウザーの平均的な寿命は12~15歳位でしょう。

小型犬の平均寿命は14~15歳だと考えられていますが、その中ではミニチュア・シュナウザーは寿命が短めの犬種です。

ミニチュア・シュナウザーの平均寿命を人間に換算すると何歳?

ミニチュア・シュナウザーの平均寿命を人間に換算すると何歳?

iStock.com/vyasphoto

ミニチュア・シュナウザーの平均寿命が13歳だとすると、人間の肉体年齢に換算すると68歳ほどになります。

ミニチュア・シュナウザーの最高齢は何歳?

ミニチュア・シュナウザーの最高齢は何歳?

iStock.com/baiajaku

現存する記録としては、ミニチュア・シュナウザーは18歳が最高齢と言われています。

ミニチュア・シュナウザーがかかりやすい病気に関しても、近年では獣医療の発達によってコントロールしながら健康寿命を延ばせるようになってきました。

今後はさらに、ミニチュア・シュナウザーの寿命も延びていくに違いありません。

ちなみに、ギネスに登録されている犬の最高齢は、オーストラリアン・キャトルドッグの29歳です。

【参照元】Guinness worldrecords,Oldest dog ever

ミニチュア・シュナウザーの寿命を縮める要因は?

ミニチュア・シュナウザーの寿命を縮める要因

iStock.com/hedgehog94

ミニチュア・シュナウザーの寿命を縮めないために必要なことは、子犬期から定期的に健康診断を受けておくこと。

ミニチュア・シュナウザーには先天性の疾患があったり、残念ながら他犬種に比べて病気がちな犬種でもあります。

健康なうちから健康診断を受診し、早期に病気を発見して早期に治療を開始することこそ、ミニチュア・シュナウザーの寿命を延ばしてあげるためにもっとも重要なポイントです。

若齢のうちから可能な限り、視診、触診、聴診、血液検査だけでなくレントゲン検査や超音波検査も含む“ドッグドック”を受けるようにしましょう。

内臓の状態を詳しく確認したり、腫瘍などの病気を早期発見できるように努めてください。

ミニチュア・シュナウザーがかかりやすい病気!

ミニチュア・シュナウザーがかかりやすい病気

iStock.com/debibishop

ミニチュア・シュナウザーは以下の病気にかかりやすい傾向にあります。

ミニチュア・シュナウザーがかかりやすい病気①「皮膚疾患」

ミニチュア・シュナウザーがかかりやすい病気①皮膚疾患

iStock.com/herraez

皮膚疾患を患うミニチュア・シュナウザーは少なくありません。

アレルギー性皮膚炎や、遺伝的な素因も考えられるアトピー性皮膚炎は、1歳未満から発症する可能性が高い皮膚病です。

愛犬が体を後足でよく掻いたり、足先や股の付け根などをよく舐めていたり、体を地面や壁によく擦り付けていたら、獣医師になるべく早めに相談を。

皮膚を衛生的に保ち、バリア機能を維持するために、定期的なシャンプーやこまめなブラッシングを行うことも重要です。

ミニチュア・シュナウザーがかかりやすい病気②「膵炎」

膵炎

iStock.com/esanud

ミニチュア・シュナウザーは膵炎の好発犬種のひとつ。

若齢期からの発症も見られる膵炎は、膵液が消化管に出なくなり、膵臓にダメージを与える病気です。

重症化すると、命に関わる腹膜炎になる可能性もあるので早期の治療が重要になります。

主な症状は、食欲の低下、嘔吐、下痢。

エコー検査

iStock.com/zilli

胃腸炎の症状と似ていますが、血液検査でリパーゼの数値が高いと、膵炎が疑われます。

超音波検査(エコー検査)では、膵臓の腫れが確認できます。

膵炎の早期発見のためにも、定期的な健診は重要と言えるでしょう。

内科療法によって治療を行います。

脂肪分の高い食事や肥満は膵炎の発症リスクになるので、日常的な健康管理も大切です。

ミニチュア・シュナウザーがかかりやすい病気③「内分泌疾患」

ミニチュア・シュナウザーがかかりやすい病気③内分泌疾患

iStock.com/davidmariuz

ミニチュア・シュナウザーは、糖尿病とクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)にかかりやすいと言われます。

いずれも発症するのはシニア期以降が多数を占めます。

日本獣医科学生命大学の調査によると、日本では糖尿病の犬の約30%が未避妊メスの黄体期に発症していました。

また、糖尿病の約25%は未去勢オス、約5%が去勢オス、約8%が避妊メスで、いずれもクッシング症候群と併発していました。

糖尿病の初期症状は、多飲多尿や多食です。

ミニチュアシュナウザー 糖尿病 症状

iStock.com/Jevtic

進行してくると、体重は減少し、嘔吐、下痢、元気の消失などが起こります。

治療は重症でなければ食事療法からスタートし、獣医師と相談しながらインスリン注射も行うことになるでしょう。

クッシング症候群は、副腎皮質からコルチゾールというホルモンが過剰に分泌される病気です。

多飲多尿など、糖尿病と似ている症状もありますが、クッシング症候群では被毛が薄くなったり脱毛したり、皮膚が薄くなって乾燥した状態になるなどの特有の症状も見られます。

治療は、内科療法が主流です。

ミニチュア・シュナウザー、ストレスの少ない生活が大切!

ストレスの少ない生活が大切

iStock.com/NiKita Filippov

ストレスは万病のもとと言われます。

特に、クッシング症候群はストレスが高いと発症リスクが上がるとも考えられています。

ミニチュア・シュナウザーは、原産国のドイツで誕生した際、農場や納屋のネズミ退治をする仕事を与えられました。

害獣駆除という役割はテリア種と同様なため、アメリカン ケネル クラブ(AKC)では、ミニチュア・シュナウザーは「テリアグループ」に属しています。

一般社団法人 ジャパン ケネル クラブ(JKC)国際畜犬連盟(FCI)では、「使役犬(ピンシャー&シュナウザー)グループ」に属しています。

【参照元】American Kennel Club「Miniature Schnauzer」
一般社団法人 ジャパン ケネル クラブ「ミニチュア・シュナウザー - MINIATURE SCHNAUZER」

ミニチュアシュナウザー 豊富 運動量

iStock.com/Gang Zhou

元来、作業欲求が高い犬種なので、豊富な運動量と頭脳を使うゲームなどを提供してあげて充足感のある生活を送らせてあげましょう。

そうすれば、ストレスも溜まらず心身ともに健康でいられるはずです。

散歩ではただ歩くだけでなく、走ったり、ボール遊びを取り入れたり、ドッグランで他の犬たちと遊んだりと、是非バリエーション豊かな運動を取り入れてください。

ミニチュア・シュナウザーの健康寿命を延ばすコツは?

ミニチュア・シュナウザーの健康寿命を延ばすコツは?

iStock.com/Gang Zhou

頭脳を使うことを好むミニチュア・シュナウザーは、意欲的にトレーニングに取り組む犬種です。

飼い主とのコミュニケーションを深めながら、後ろに下がる“バック”など、日常の動作では使いにくい筋肉を使ってエクササイズができるようなトリックを教えるのがオススメです。

ミニチュア・シュナウザーの狩猟本能を満たすためには、おやつを隠して探させる“ノーズワーク”と呼ばれるようなゲームを行ってあげましょう。

ミニチュア・シュナウザー ゲーム

cynoclub / PIXTA(ピクスタ)

悪天候で散歩に行かれない日や、高齢になって足腰が弱ってきても、嗅覚を使えば脳への刺激を与えてあげられます。

ミニチュア・シュナウザーは食欲が旺盛なタイプが多いので、太りやすい傾向にあるかもしれません。

肥満もまた、万病のもと。

健康寿命を延ばしてあげるために、フードの給与量は適正を守るようにして、おやつも与えすぎないようにしましょう。

ミニチュア・シュナウザーが高齢犬(老犬)になったら起こること

ミニチュア・シュナウザーが高齢犬(老犬)になったら起こること

iStock.com/magicalflute77

ミニチュア・シュナウザーは若齢期から白内障にかかりやすい犬種です。

加齢に伴っての白内障にかかる可能性もあるので、愛犬が見えづらそうにしているようであれば、ぶつかると危険な家具などにはガードをして安全な環境の整備を。

長生きをするミニチュア・シュナウザーでは、認知症になることもあります。

昼夜逆転を防ぐためには、午前中に日光浴をさせたり、なるべく日中に多くの刺激を与えてあげたりするのが有効だと言われています。


ミニチュアシュナウザー 体温調節

iStock.com/MGovantes

高齢になっても、ノーズワークなどを行って脳トレを続けるようにしましょう。

高齢になってくると、体温の調節機能と筋肉が落ちて寒がりになります。

冬の散歩時や、夜間など室内の暖房スイッチをオフにしてしまう間は、保温性の高い洋服を着せてあげれば、ミニチュア・シュナウザーは快適に過ごせるでしょう。

ミニチュア・シュナウザー「平均寿命」まとめ

ミニチュア・シュナウザー「平均寿命」まとめ

takumy00 / PIXTA(ピクスタ)

まるで人間のような思慮深い表情で、いつも飼い主のそばに寄り添ってくれるのが、ミニチュア・シュナウザーの魅力と言えます。

心身ともに健康でいられる時間を少しでも長くしてあげられるように、楽しみをたくさん提供しつつ、健康管理に気をつけてあげてください。

みんなのコメント

ひげひげ犬さん
シュナウザーといってもこんなに大きさが違うなんてびっくりしました!どのサイズも可愛らしいですね。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING