【獣医師監修】犬がペロペロ自分の体を頻繁に舐める・噛む。考えられる原因や症状、主な病気は?

犬が自身の体を舐めることはそれほど珍しいことではありませんが、頻繁に体を舐めたり噛んだりしている場合は、何かの病気が潜んでいることも考えられます。今回は、犬が自分の体を頻繁に舐めたり噛んだりする原因や症状、考えられる主な病気について解説します。

先生にお聞きしました
入交(いりまじり) 眞巳 先生
どうぶつの総合病院 行動診療科 主任
(獣医師・獣医学博士)
米国獣医行動学専門医(ACVB)

【経歴】
◇1992年:日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学)卒業 獣医師免許取得(数年東京都内の動物病院に勤務)
◇1995年:パデュー大学Academic Review Program 在籍
◇1996-2004年:パデュー大学大学院 博士号 取得
◇2003-2006年:ジョージア大学付属獣医教育病院 獣医行動学レジデント
◇2012年 米国獣医行動学専門医 取得(Diplomate, American College of Veterinary Behaviorists)
◇2007-2013年:北里大学 獣医学部 動物資源科学科 講師
◇2013-2016年:日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 講師
◇2017-2018年日本ヒルズ・コルゲート株式会社 プロフェッショナル獣医学術部 マネージャー
◇2019年:どうぶつの総合病院 行動診療科 主任
◇2019年:日本ヒルズ・コルゲート株式会社 学術アドバイザー
◇2019年:北里大学 獣医学部 客員教授
◇2019年:9つの獣医大学 非常勤講師
北海道大学国立大学法人 岩手大学国立大学法人 東京農工大学日本獣医生命科学大大阪府立大学国立大学法人 岐阜大学鳥取大学国立大学法人 鹿児島大学国立大学法人 山口大学

【資格】
獣医師

【所属学会】
American College of veterinary Behaviorists
アメリカ獣医師会
公益社団法人 日本獣医師会
ねこ医学会(JSFM)
日本獣医行動学研究会
American Veterinary Society of Animal Behavior

【著書】
猫が幸せならばそれでいい: 猫好き獣医さんが猫目線で考えた「愛猫バイブル」(小学館)
続きを読む

犬が自分の体を舐める・噛む【考えられる原因】

犬が自分の体を舐める・噛む【考えられる原因】

cunaplus/ Shutterstock.com

犬が自分の体を頻繁に舐めたり噛んだりするのは、ストレスや欲求不満といった行動学的な理由である場合が多いですが、場合によっては何らかの病気のサインであることも考えられます。

犬が自分の体を舐める・噛む「原因」①【行動学的】

犬が自分の体を舐める・噛む「原因」①【行動学的】

Vincent Scherer/ Shutterstock.com

まずは、ここで、愛犬が自分の体を「舐めたり」「噛んだり」する行動学的な原因から見ていきましょう。

行動学的な原因①【葛藤行動】

犬の葛藤行動とは、ストレスを回避しようとして、別の行動をすることを指し、人間でいえば、「貧乏ゆすり」「爪を噛む」行動がこれに当てはまります。

犬の場合は、

飼い主に遊んでもらえずに退屈

留守番の時間が長い

雨で散歩に行けない

空腹

など、さまざまなストレスにより、これを紛らわせるために自分の足や体を舐めるといった行動につながっているということです。

犬の葛藤行動は、いろいろなパターンがあり、体を舐めたり噛んだりする以外にも、「うろうろ歩き回る」「前足で床をひっかく」などの行動があります。

葛藤行動自体には問題ありませんが、これを病的に繰り返すようになると「常同障害(じょうどうしょうがい)」と呼ばれる精神疾患になります。

行動学的な原因②【飼い主に関心を求めている】

行動学的な原因②【飼い主に関心を求めている】

YAYO / PIXTA(ピクスタ)

体を舐めたり噛んだりしていると飼い主の気を引けることを学習し、わざとやり続けるパターンです。

愛犬が自分の体を舐めたり噛んだり続けていると変な癖がつき、皮膚炎やケガにつながることもあるので、そういった場合は、おもちゃで遊んであげるなど関心を別のことに移してあげましょう。

行動学的な原因③【その他の理由】

行動学的な原因③【その他の理由】

Jaromir Chalabala / PIXTA(ピクスタ)

愛犬の散歩の途中で雨に降られた時など、体が濡れてしまった場合に気になって舐め続けることがあります。

また、愛犬をシャンプーした後に、自分の体を舐め続けることがありますが、これはシャンプーの匂いを気にしてというよりも、シャンプーをすることで血流がよくなり体が痒くなることが原因のようです。

体を舐めること自体は普通の行動なので、一時的なものであればそれほど問題はありません。

犬が自分の体を舐める・噛む「原因」②【病気】

犬が自分の体を舐める・噛む「原因」②【病気】

KPhrom/ Shutterstock.com

体に痒みや痛み、違和感があった場合に、自分の体を噛んだり舐めたりすることがあります。

病気が原因の可能性①【神経系の疾患】

愛犬が椎間板ヘルニアや馬尾症候群(ばびしょうこうぐん)など神経系の疾患にかかると、腰から下に違和感があり、体を頻繁に舐めようとすることがあります。

病気が原因の可能性②【痛みや痒み】

病気が原因の可能性②【痛みや痒み】

MEENzFoto/ Shutterstock.com

感染症やケガによる疼痛(とうつう)、皮膚炎の痒みなどからくるイライラから、体を頻繁に舐めることがあります。

たとえば舐める箇所がお腹ならば膀胱炎(ぼうこうえん)、前足を舐めているのであれば関節炎の痛み、お尻を舐めているのであれば肛門周囲線の炎症や腫瘍などが考えられます。

ただし、必ずしも患部となる部分を舐めるのではなく、違和感があるのでなんとなく体のどこかを舐めていることも十分に考えられます。

病気が原因の可能性③【常同障害】

愛犬が、常同障害により、慢性的もしくは

強烈なストレスを受けた時

尻尾を追いかけて回る

光を追う

空気を噛む

体を舐め続ける

など、同じ行動を異常に繰り返し、日常生活に支障をきたすことがあります。

病気が原因の可能性④【分離不安】

病気が原因の可能性④【分離不安】

momo / PIXTA(ピクスタ)

分離不安とは、愛犬が飼い主と離れることに極度の恐怖を感じるという疾患で、留守中のみに症状として現れるパターンと、飼い主が出かける前に不安を募らせるパターンに分かれます。

前者の場合は飼い主がいなくなることで不安になり、

留守中に鳴き続ける

家具を壊す

粗相する

などの問題行動を起こすことも。

また分離不安のストレスから、水を多く飲んだり、嘔吐や下痢といった症状を起こす場合もあります。

犬が自分の体を舐める・噛む①【こんな症状は要注意!】

犬が自分の体を舐める・噛む①【こんな症状は要注意!】

Arjun Krishna K/ Shutterstock.com

愛犬が自分の体を頻繁に舐めたり、噛んだりすることに加えて、以下の症状が見られる場合は、病気やケガの可能性があるので動物病院で獣医師に診てもらいましょう。

通常の動物病院で病気・疾患が見つからなかった場合、精神疾患も考えられるので、その場合は行動学に詳しい獣医師に相談してみてください。

足を引きずっている
歩き方が不自然

※関節炎や骨、筋肉に関する疾患の可能性があり

足の裏が腫れている・赤みがある

※アレルギー性皮膚炎や深爪など足に外傷がある可能性があり

犬が自分の体を舐める・噛む【この症状で考えられる主な病気】

犬が自分の体を舐める・噛む【この症状で考えられる主な病気】

Lee Yee Luong/ Shutterstock.com

愛犬が自分の体を舐めたり、噛んだりする症状で考えられる主な病気については、以下になります。

犬が自分の体を舐める・噛む「主な病気」①【関節炎】

「犬の関節炎(かんせつえん)」とは、関節軟骨の炎症のため、関節に痛みが生じ、重症になると歩行障害が起きる病気です。

慢性の疾患ですが、症状に波があり、痛みがある時には動きたがらず足をかばって歩くようになります。

加齢によるもの以外に、感染症や免疫性疾患が原因になることもあります。

肥満が症状を悪化させることもわかっているので、体重管理には十分に気をつけましょう。

犬が自分の体を舐める・噛む「主な病気」②【椎間板ヘルニア】

犬が自分の体を舐める・噛む「主な病気」②【椎間板ヘルニア】

iStock.com/Capuski

「犬の椎間板(ついかんばん)ヘルニア」とは、背骨の中を走っている脊髄が圧迫され、首や腰に痛みが出たり、足が麻痺したりする病気です。

脊髄神経に障害が起きて、足がもつれる、歩けない等、歩行に異常が見られます。

重症化すると、足が麻痺したり、排尿ができなくなったりします。

椎間板ヘルニアは発生する場所によって症状が違います。

犬が自分の体を舐める・噛む「主な病気」③【変性性腰仙部狭窄症(馬尾症候群)】

犬が自分の体を舐める・噛む「主な病気」③【変性性腰仙部狭窄症(馬尾症候群)】

Julia Kaysa/ Shutterstock.com

「犬の変性性腰仙部狭窄症(へんせいせいようせんぶきょうさくしょう)別名、馬尾症候群(ばびしょうこうぐん)とは、関節リウマチのように、免疫異常により関節に炎症が起きる病気です。

関節表面の軟骨等が破壊され、びらんが生じる「びらん性」と「非びらん性」があります。

6週間以上の関節のこわばりや痛み、倦怠感、発熱、食欲の低下が現れます。

犬が自分の体を舐める・噛む「主な病気」④【アトピー性皮膚炎】

犬が自分の体を舐める・噛む「主な病気」④【アトピー性皮膚炎】

iStock.com/Sandeep Gore

「犬のアトピー性皮膚炎(ひふえん)」とは、ダニや花粉などの環境中のアレルゲンが原因で皮膚炎を起こす病気です。

強い痒みで体を掻いたり、舐めるため、皮膚が傷つき、ただれることもあります。

悪化すると、皮膚が厚く硬くなり、色素沈着も起こります。

皮膚型のリンパ腫の場合、非常に強い痒みがあるため、これをアレルギー性皮膚炎と間違えることがあります。

とくに、アレルギー性皮膚炎で投与されるステロイドが、皮膚型リンパ腫にも効果があるため、注意が必要です。

犬が自分の体を舐める・噛む「主な病気」⑤【肛門嚢炎】

犬が自分の体を舐める・噛む「主な病気」⑤【肛門嚢炎】

iStock.com/Sergey Granev

「犬の肛門嚢炎(こうもんのうえん)」とは、肛門の横にある、におい成分が分泌される肛門嚢に炎症が起きる病気です。

におい成分が肛門嚢に溜まることで細菌感染を起こし、肛門嚢が腫れ、破裂することもあります。

進行すると痛みが強くなり、排便を痛がります。

犬が自分の体を舐める・噛む「主な病気」⑥【分離不安】

犬が自分の体を舐める・噛む「主な病気」⑥【分離不安】

iStock.com/Cunaplus_M.Faba

犬の分離不安(ぶんりふあん)」とは、飼い主と離れることに極度の恐怖を感じ、おとなしく留守番ができない心の病気です。

鳴き続ける、家具を壊す、粗相するなどの問題行動を起こします。

飼い主が出かけることに関して、あるいは犬のいるその場からいなくなることに関して過剰に不安になり、その不安を解消するためにさまざまな問題行動を示しています。

犬が自分の体を舐める・噛む【まとめ】

犬が自分の体を舐める・噛む【まとめ】

iStock.com/sanjagrujic

愛犬が自分の体を舐めたり、噛んだりしている場合、分離不安などによるストレスだけでなく、心の病気の病気にかかっている可能性もあります。

愛犬の様子がいつもと異なり、飼い主として、心配な時には、早めに動物病院で獣医師に診てもらいましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING