いつも後ろを付いてくる!犬が飼い主から離れない4つの理由

家中どこでも自分の後を付いてくる犬は、本当にかわいらしく飼い主としてとても喜ばしいもの。けれども、「うちの犬、私にベッタリだけど、これって普通なの?」と、飼い犬が付いてくる理由を知りたい人も多いのではないでしょうか? 犬はなぜ特定の人に付いてくるのでしょうか。その理由を、探ってみます。

理由①~本能が働いている

元々、犬は自分が従うべきボスを決めて付いてくる習性、本能があります。例え飼い犬であっても、家族の中で順位分けをして一番上と認めた人に付いてきます。飼い犬が自分の後ろを付いてきたら、あなたを立派なボスとして認めている証拠といえるでしょう。

理由②~甘やかし過ぎてない!? 分離不安症が理由で付いてくる犬は訓練で直そう

付いてくる飼い犬がかわいい。それだけの理由で、甘やかしすぎてはいませんか? 犬はかまわれればかまわれるほど一人で遊べなくなり、飼い主から離れられず、付いてくることを止めなくなってしまいます。これは「分離不安症」と呼ばれ、飼い主の行く所全てに付いてくるような症状をさします。

飼い主が少しでも見えなくなるとほえ続けたり、具合が悪くなったりする犬もいます。いつも付いてくる犬は訓練に連れて行き、一人でも行動できる性格に直してあげましょう。

理由③~ご飯の時間を決めていますか? 食い意地が強い犬

犬も人間と同じで、“だらだら食い”をさせてはいけません。食べる姿がかわいいからといって常におやつや餌を与えていると、食い意地の張った犬になってしまいます。もちろん、「自分を慕って家中付いてくるなんて、うれしい!」という理由から、ついつい食べ物を与えてしまう気持ちもわかりますが、犬からするとあなたは「都合の良い人」なので付いてくるだけです。食べ物目当てで付いてくる犬には、ご飯とおやつの時間をしっかりと定め、食生活にけじめをつけさせましょう。

「食べ物をあげるから、うちの犬は付いてくるんだ」では少し悲しいもの。しつけをしっかりし食べ物なしでも犬が付いてくるように頑張りましょう。

理由④~あなたのことが好きだから! 愛情いっぱいで付いてくる犬

だらだら食いもなく一人でお留守番もでき、一通りのしつけもしっかりしている。けれども付いてきてしまう……。そんな犬は、「ただ、あなたのことが大好き!」なのです。

犬にも性格があり、人が大好きで飼い主も大好きな場合家中、喜んで付いてきます。特に甘やかしているわけでもないのにあなたの後を付いてくる場合は、厳しいしつけをしていても、それが愛情のこもったものだと犬は理解をしています。そんな信頼関係を犬と築けることが、全ての飼い主が望む理想の姿なのかもしれません。

みんなのコメント

イチロー姉さんさん
家の犬は16歳の雑種ですが、病気一つなく元気です。私が主に世話をしています。ご飯、散歩と散歩は大好きで、朝1時間に夕方1時間に、夜寝る前に近所に廻ります。散歩は一回1時間は長いですか❓ 良く喜んで歩きます。上り坂はゆっくりで、お尻を押すこともあります。 また最近になり、私の後ばかりついてきて、出掛けるとなるとウロウロして、トイレに行けばトイレまで来たり、どこに行ってもついてくるのが、何故なのか心配です。ネットで調べたら分離不安症と書いてありましたが、そうなのか獣医さんにきいてみたら、歳だから頑固になっているだけで、分離不安症は老犬はならないと言われましたが、どうなんでしょうか❓

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING