【獣医師監修】犬の足が腫れている。この症状から考えられる原因や病気は?

飼っている犬の足が腫れている時があります。痛みの有無にかかわらず歩く様子に変化が見られる場合は、関節炎や腫瘍などの疾患も考えられます。足が腫れる原因や気をつけたい症状、おもな病名などを解説します。

先生にお聞きしました
長坂 佳世先生
長坂 佳世先生
D&C Physical Therapy院長、獣医師

麻布大学外科学第2研究室を卒業後、都内の動物病院で一般診療に携わる。2006年にCHI Institute(フロリダ州)にて鍼治療認定資格(CVA)、マッサージ療法認定資格(CVT)を取得。2008年からゼファー動物病院にて一般診療、リハビリテーション診療を担当し、2011年にテネシー大学公認、リハビリテーション認定資格(CCRP)を取得。同動物病院にてリハビリテーション専門診療を行う。2013年に独立し、日本初の犬と猫のリハビリテーションに特化した動物病院「D&C Physical Therapy(フィジカルセラピー)」を開院。
現在、一般社団法人 日本獣医麻酔外科学会、公益社団法人 東京都獣医師会、杉並区獣医師会、日本動物リハビリテーション学会 理事、日本動物理学療法研究会に所属。ペット雑誌からの取材記事、動物医療専門誌への寄稿多数。現在、Mix 猫1匹と一緒に暮らす愛猫家。
続きを読む

犬の足が腫れている【考えられる原因】

ケガによる炎症

足に切り傷や擦過傷などの外傷、捻挫などのケガをした場合は、その部位の炎症に伴い足が腫れます。

ケガによる炎症

Agnes Kantaruk/ Shutterstock.com

腫瘍

皮膚の皮下組織にできる脂肪のかたまりは、多くの場合、良性である腫瘍「脂肪腫」です。

腹部や胸部、背中、おしりなど脂肪の多い部分によく見られますが、足にできると非常に目立ちます。

大型犬の場合、脇の下にこの脂肪腫ができて大きくなると、歩く際に邪魔になることも。

脂肪腫は良性であることが多いですが、見た目や触っただけでは「良性」と断定できません。

稀ですが悪性の脂肪腫、また他の悪性腫瘍であることもありえるので、念のための検査を受けることをおすすめします。

関節の炎症

関節に炎症が起きると、その関節部分が腫れることがあります。

手首やひざ関節は腫れがわかりやすい部分です。

犬の足が腫れている【こんな場合は要注意!】

こんな場合は要注意!

smrm1977/ Shutterstock.com

以下の症状が見られる場合は、病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

指と指の間が赤くなり腫れている

「指間炎」を起こしている可能性があります。

「指間炎」を起こしている可能性があります。

Dragana Gordic/ Shutterstock.com

足をかばう
足がつかない
関節を触ると嫌がる
関節が腫れている
足の付け根が腫れている

強い炎症を起こしているか、腫瘍ができている可能性があります。

飼い主自身で腫れの大きさを確認しようとしたり、揉んで小さくしようとしたりすることがありますが、脂肪腫の場合は揉むとかえって大きくなるので、大きさの確認で刺激をしないように注意しましょう。

犬の足が腫れている【この症状で考えられる病気】

この症状で考えられる病気

Dragana Gordic/ Shutterstock.com

犬の指間炎

犬の指間炎とは、指と指の間に炎症が起きる病気です。
外傷や火傷、皮膚病、ストレスなどが原因で、肉球の間が赤く腫れ、痛みや痒みが現れます。
犬が気にして噛んだり舐めたりすると細菌が繁殖して化膿し、さらに悪化する恐れがあります。

犬の関節炎

犬の関節炎とは、関節軟骨の炎症のため、関節に痛みが生じ、重症になると歩行障害が起きる病気です。
慢性の疾患ですが、症状に波があり、痛みがある時には動きたがらず足をかばって歩くようになります。加
齢によるもの以外に、感染症や免疫性疾患が原因になることもあります。
肥満が症状を悪化させることもわかっているので、体重管理には十分に気をつけましょう。

犬の関節炎

Antonio Gravante/ Shutterstock.com

犬の変形性関節症

犬の変形性関節症とは、軟骨の老化等により、関節に腫れや痛みが生じ、変形する病気です。
骨と骨の間でクッションの役割を果たす軟骨がもろくなると、骨同士が摩擦し、腫れや痛みを起こします。
進行すると歩行障害が現れます。

犬の免疫性介在性関節炎(めんえきかいざいせいかんせつえん)

犬の免疫性介在性関節炎(めんえきかいざいせいかんせつえん)とは、関節リウマチに代表される、免疫異常により関節に炎症が起きる病気です。
関節表面の軟骨等が破壊され、びらんが生じる「びらん性」と関節表面は破壊されない「非びらん性」があります。
関節のこわばりや痛み、倦怠感、発熱、食欲の低下が現れます。
関節が安定しないためふらついているように見えることもあります。

犬の免疫性介在性関節炎

Maria Sbytova/ Shutterstock.com

犬の骨肉腫

犬の骨肉腫とは、骨に腫瘍ができる病気で、他臓器に転移しやすく死亡率の高い腫瘍です。
足の長い骨に発症することが多く、強い痛みのため、患肢を引きずったり、上げて歩くようになります。肺に転移すると呼吸困難が起こります。

犬の脂腺腫

犬の脂腺腫とは、皮脂を分泌する脂腺に腫瘍ができる病気です。
良性腫瘍のことが多く、1㎝前後の腫瘍が皮膚にでき、脱毛を起こします。
転移はほぼありませんが、再発する可能性が高いため、注意が必要です。

犬の脂腺腫

Maxime Billon/ Shutterstock.com

犬の脂肪腫

犬の脂肪腫とは、脂肪細胞の良性腫瘍で、脂肪細胞が異常に増殖し、皮下にしこりができる病気です。
胸部や腹部などにでき、ゆっくり大きくなるため、おもな症状はありませんが、筋肉内や体腔内などに発生した場合には部位によって痛みや臓器の機能障害が起きる可能性もあります。

みんなのコメント

グルコサミンさん
犬は丈夫だと思い込んでいるところがあるので、 あまり体調を気にしてあげてなかったりします。 こういう記事を読むともうちょっと気にかけなきゃ、と思います。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING