一番、犬らしくない!?かわいい姿に隠れた、チワワの特徴的な性格

チワワは、世界最小の犬種。日本ではお馴染みの家庭犬です。そのサイズと愛くるしい真ん丸の目からアイドル的な存在に思われがちですが、実は猫のような自立心とマイペースさを持つ傾向が高く、「ツンデレ犬」といわれることも、しばしば。今回は、そんな国民的な犬種であるチワワの魅力に迫ってみました。

チワワの外見の特徴~きゃしゃで品を感じる体と、うるんだ大きな瞳が印象的

チワワの平均的な体重は1.5~3キロ、体高は15~23センチととても小柄。世界最小の犬種といわれています。しかし、世界最小ではあるものの、体は意外と引き締まっており、がっしり。最も特徴的な部位は頭で、「アップルヘッド」と呼ばれるドーム型の真ん丸の頭蓋骨を持っています。頭頂部近くにある「泉門」と呼ばれる部分が大きく、成犬になっても開いたままになってしまうことも。黒く大きな瞳は、見る者に強い印象を残します。

被毛は艶があり、なめらかなスムースコート(短毛)タイプと、細くやわらかでややウェーブのかかった耳の飾り毛を持つロングコート(長毛)タイプの2つ。カラーは単色からパーティカラー、トライカラー、マール、ブリンドルなど実に多彩で、日本ではブラック&タン、クリームなどが人気のようです。

チワワの生まれた歴史

チワワの原産国はメキシコといわれていますが、起源については定かではない部分が多く、「中国説」「中南米説」の2つで論争が繰り広げられています。

最も有力だと考えられているのが、後者の中南米説。メキシコが発祥の地とされており、古くから存在した「テチチ」という小型の犬が祖先だととなえている説です。ちなみに、テチチはその地で栄えたトルテカ帝国やアステカ帝国で飼育されており、死者の魂をあの世へ導く存在として宗教儀式で生贄(いけにえ)にされていた犬でした。このテチチに中国からきた小型の犬が掛け合わされてチワワの祖先が生まれた……と考えられているそうですが、具体的な交配経緯などについては、明らかになっていません。

それから遥かときが過ぎた、1850年頃。メキシコで、チワワとされる犬が発見されます。その後、チワワはアメリカに渡って徐々に個体数を増やし、1904年にはアメリカンケネルクラブ(AKC)公認の犬種となりました。

チワワの性格~意外にツンデレで猫のようにマイペースな気質

愛くるしい見た目で甘えん坊な印象があるチワワですが、見た目とは裏腹に意外と気が強く、高い攻撃性を持っていることも少なくありません。特に見知らぬ人に対しては警戒心を持ち、なかなか心を開かないことも……。その反面、飼い主だけには深い忠誠心と愛情を持って接し、さらには猫のように自立心が高くマイペースであるため、甘えたいときにすり寄って気が向かないときはそっぽを向いてしまうという、いわゆる「ツンデレ」の姿を見せるときもあります。

見た目と性格のギャップ。一筋縄ではいかないような性格。そんなチワワの奥深さに魅力を感じてとりこになってしまう人も、多いことでしょう。

チワワの寿命はどれくらい?

チワワの寿命は13~17歳前後といわれており、比較的長生きしやすい犬種です。シニア期が長い犬種のため、いつまでも健康的な生活を送ることができるよう、食生活や生活習慣の管理を若い頃からきちんと行ってください。

チワワの飼い方や向いている家庭

「チワワは体が小さいから、散歩はいらない」。決して、そのようなことはありません。どんなに小さくても、健康上問題がないのであれば、適度な運動や散歩は欠かせないもの。外に出て風を感じ、いろいろなにおいをかぐことは、どの犬種でも大切な気分転換になります。肥満予防やストレス解消の効果もあるので、毎日、散歩には連れて行きましょう。

また、チワワは体が小さいため「扱いが簡単」と思われがちですが、先ほど挙げた通り、意外に気が強く攻撃的な一面があります。家庭内でしっかりルールを作って、しつけをするようにしてください。それこそ「猫かわいがり」をしていては、どんどんわがままになってしまう傾向にあるので、要注意です。

他の犬や動物との共生は、比較的すんなりといく傾向にあり、多頭飼いなどはしやすい犬種といえるでしょう。

チワワを購入するときの一般的な値段の相場

チワワの相場は、15~30万前後。10年ほど前のチワワの爆発的なブームのときは30万円超えも珍しくありませんでしたが、最近ではチャンピオン血統などを除いては、20万程度が最も多いとされています。

チワワは毛の長さや色の組み合わせが多数あるので、そのときの人気の特徴によっても値段は変動しやすいかもしれません。また、人気犬種であるがゆえ、購入トラブルも多いので、あまりにも安い場合は、信頼できる販売者かどうかをしっかりと見極めてから、購入しましょう。

チワワの魅力と特徴まとめ

上品で愛くるしい容姿を持ちながら、軽快な動きと活発な性格を持つ魅力溢れるチワワですが、愛くるしい見た目とは裏腹に、見知らぬ人にはあまり心を開かない一面もあります。その分、飼い主に対しては一心に忠誠心を注ぎ愛情を向けてくれるので、そのツンデレ具合がチワワ特有のチャームポイントといえるでしょう。

飼い主にかわいがられることが大好きな、チワワ。きっと、あなただけのとびっきりのアイドルになってくれるはずです。

みんなのコメント

みおさん
私はチワワをかっていて、やっぱりチワワはかわいいなと思いました❗
むむさん
初めてチワワを飼いました!家族の中でも私だけ特別感があります。とても可愛いですよ。
ゆびさん
うちには、チワワの雌が一匹います。アップルヘッドとは知らずに 主人が ピピーンときた子です。凄く可愛いです。
ゆうこさん
友達のチワワに2匹の子犬が産まれ男の子をもらいました、私は先犬が死んだ悲しみから抜け出せなく最初は友達に何度も断りましたが家族の勧めもあり家族に迎えました、が、こんなにもチワワがかわいいとわ思いませんでした、今では家族全員うちのチワワの銀次郎君を目に入れても痛くない位かわいがってます。
ももさん
飼い主に凄く気を遣うし言う事も良くきくし本当に飼いやすいです。今まで犬は色々と飼って来ましたが体臭が殆ど無い犬は初めてです。周りでもクリームのチワワを飼っていて体臭が殆ど無いことを予め知りチワワを飼いました。犬臭くならないってのは一緒に寝たりお出かけの直前まで抱っこ出来たり一緒に生活する上で本当にありがたいです。チョコとか濃いめの色の子は普通のワンちゃんと同様に体臭強いみたいです。
み~ちゃんさん
1キロの小型チワワARANチョコタンクリーム、2.0の普通サイズのチワワRUIブルーノーマが今年家族に加わりました。アランは来月1歳です。しっかり者のお兄さんで、食べ方もお上品。全く血のつながりはなく、ルイちゃんはが400グラムの時にお家に6月に来ましたが、あっという間に追い越されました。やんちゃだったアランもルイが来てから多頭飼いにてしっかりしてきました。今まで、チワワばかり1匹でしか飼ったことはなかったですが、2匹いると一緒に遊べたり今までのチワワに比べるとわがままはあまりないように思えます。夏も、冬も暖房は大変ですが、人間も部屋が暖かいと風邪などひかなくなったと思います。普段は別のゲージにて入り、目が届く時間に2時間ほど遊び、眠そうならゲージに戻し休憩。朝夕の二回の餌で、散歩は温かい時にカラスのいないのを見計らって公園に行きますが、冬は室内ドッグランのみです。すっごく可愛くて、2匹には本当に感謝してます。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING