【獣医師監修】犬のアレルギー薬の種類と治療法は?検査や注意点、アレルギーが出やすい犬種は?

犬が痒(かゆ)がっているとアレルギーが心配になります。犬のアレルギー薬や治療法、検査にはどのようなものがあるのでしょうか?また、アレルギーが出やすい犬種はあるのでしょうか?今回は犬のアレルギーの種類や症状、検査、治療法などについて詳しく解説します。

先生にお聞きしました
塚本 篤士 先生
麻布大学 獣医学部 准教授
獣医師、博士(獣医学)

【学歴・経歴】
麻布大学獣医学部獣医学科卒
動物病院の勤務医に従事した後、
東京大学大学院農学生命科学研究科にて博士号(獣医学)を取得。

製薬会社勤務を経て2012年より麻布大学獣医学部に赴任。

【専門】
◇臨床薬理学

【主な研究内容】
・動物薬の前臨床研究
・ドラッグリポジショニング
・実験動物福祉(麻酔、鎮痛)

【資格】
獣医師

【受賞歴】
◇2009年 日本獣医内科学アカデミー 学術奨励賞

【飼っている動物】
トイプードル、雑種犬、パグ、猫

【動物への想い】
動物薬の研究を通して、動物たちの健康に貢献することを目標にしています。

【主な著書】
「犬と猫の治療ガイド」2015.
「ビジュアルで学ぶ伴侶動物解剖生理学」2015.
「臨床薬のトピックス.臨床薬のQ&A」infovets. 2019.
「猫の消化器薬1-嘔吐の治療薬ー」Felis 2019.
「臨床薬のトピックス. カプロモレリン~獣医療における新しい食欲増進剤~」. infovets 2018.
「薬のかたち-経口薬の剤型と特徴」 infovets. 2018.
「臨床薬のトピックス. 第1回」ドラッグリポジショニング ①」infovets 2018.
「抗がん剤の副作用に挑む. 1. 消化器毒性」. infovets. 2018.
◆「これ、こんな病気です」 病名別 Informed Consent. 犬の急性膵炎. Vet i. 2017.
「臨床現場での制吐剤、催吐剤の使い方」CAP. 2018.
「一目でわかる症候シリーズ 薬剤/中毒に起因する嘔吐」SA medicine. 2015.  
「一目でわかる症候シリーズ. 嘔吐①.胃の運動障害 (アトニー)」 SA medicine. 2015.
「消化器薬のアップデート -嘔吐、食欲不振の効率的な管理-」. CAP 2014.
続きを読む

犬のアレルギー【種類や原因、症状は?】

犬のアレルギー【種類や原因、症状は?】

iStock.com/Neonci

犬の代表的なアレルギー性皮膚疾患には「アトピー性皮膚炎」「食物アレルギー」「ノミアレルギー」などがあります。

犬によってはアレルギーをいくつか併発し、さらに皮膚の感染症にかかることもあります。

犬も人間も、ウイルスや細菌、ダニなどの病原体が外部から体内に入ってくると、異物として排除しようとします。

これが「免疫」システムです。

犬 アレルギー 免疫システム

iStock.com/marcoventuriniautieri

ところが何らかの原因で、本来は害がない食品や花粉などを異物とみなし、IgE抗体を作ったり、リンパ球が反応したりして免疫システムが過剰に働いてしまうことがあります。

これが「アレルギー」です。

犬のアトピー性皮膚炎【原因は?】

犬のアトピー性皮膚炎【原因は?】

iStock.com/Yaraslau Saulevich

犬のアトピー性皮膚炎の原因は、ダニや花粉、ハウスダウトなどの環境物質があります。

遺伝的・体質的にアトピー性皮膚炎になりやすい犬もいるようです。

【参照元】大嶋 有里「総説 アトピー性皮膚炎を極める-犬の臨床現場を中心に-」獣医臨床皮膚科 2014年20巻1号

犬 アトピー性皮膚炎 痒み

iStock.com/Firn

犬のアトピー性皮膚炎ではかゆみが主な症状で「CAD:Canine atopic dermatitis」と表記されることもあります。

若年齢(生後6ヶ月から3歳まで)に初めて発症するというのも特徴です。

痒(かゆ)みが強く、犬は舐める、掻く、噛むなどを続けてしまいます。

そのため皮膚が厚くなったり、黒ずんだりすることもあります。

特に痒(かゆ)がるのは口の周り、耳、目の周り、足の関節部位、体幹、指の間、肛門周囲などです。

【参照元】石田 卓夫監修 幻冬舎「最新版 犬の家庭医学」

犬の食物アレルギー【原因は?】

犬の食物アレルギー【原因は?】

iStock.com/a_namenko

犬の食物アレルギーは、原因となる食物を食べることにより痒(かゆ)み、皮膚の赤み、発疹、下痢・軟便、嘔吐などの症状が出ます。

肉、大豆などのたんぱく質に反応することが多いです。

慢性化すると最初のうちは口の周りや顏周辺に出ていた痒(かゆ)みが、足の先、胸、脇、腰や尾に広がることもあります。

【参照元】小方 宗次「犬猫のアレルギーと食物アレルギー」ペット栄養学会誌 2001年4巻2号

犬のノミ・ダニアレルギー【原因は?】

犬のノミ・ダニアレルギー【原因は?】

iStock.com/MeePoohyaphoto

犬がノミやダニに刺されることで、ノミ・ダニアレルギーを発症します。

犬のノミ・ダニアレルギーは、ノミやダニに刺された箇所の痒みだけではなく、ノミやダニの唾液成分に対してアレルギーがあると刺されたところ以外も激しい痒みが生じるのが特徴です。

掻きすぎて皮膚に傷ができ、細菌感染を起こすこともあります。

ノミアレルギーは中年期以降の犬に多くみられる傾向にあります。

【参照元】公益社団法人 埼玉県獣医師会「ノミとマダニに注意」

犬のアレルギー【出やすい犬種は?】

犬のアレルギー【出やすい犬種は?】

shi-ko / PIXTA(ピクスタ)

アトピー性皮膚炎は「年齢の若い犬」「柴犬」「ゴールデン・レトリバー」「ラブラドール・レトリバー」「パグ、コッカー・スパニエル」などがなりやすいと言われています。

食物アレルギーでは、「フレンチ・ブルドック」「柴犬」「ラブラドール・レトリバー」「ジャーマン・シェパード・ドッグ」「スコティッシュ・テリア」「ミニチュア・シュナウザー」「コッカー・スパニエル」などの犬種がなりやすいと言われています。

犬 アレルギー 犬種

iStock.com/uperpeet

しかし、品種の素因には否定的な意見もあるようです。

かかりやすい犬種だからといって、すべての個体がなるわけではありません。

また、アレルギーが出やすい犬種に限らず、どの犬種も何らかの原因でアレルギーになる可能性があります。

【参照元】小方 宗次「犬猫のアレルギーと食物アレルギー」ペット栄養学会誌 2001年4巻2号

犬のアレルギー【検査は?】

犬のアレルギー【検査は?】

iStock.com/VioletaStoimenova

動物病院で行われる犬のアレルギー検査は次の通りです。

動物病院や症状によって、行う検査は異なります。

また、犬のアレルギーは様々な要因が関わっているため、原因を特定するのに時間がかかることもあります。

犬のアレルギー検査①【血液検査(IgE)】

血液検査(IgE)は何に反応するのかを調べる検査です。

花粉やブタクサ、チリダニなど抗原は多岐にわたります。

犬のアレルギー検査②【血液検査(リンパ球反応試験)】

犬のアレルギー検査②【血液検査(リンパ球反応試験)】

iStock.com/undefined undefined

リンパ球が何の物質に反応するのかを調べて、アレルゲンを特定する試験です。

犬のアレルギー検査③【皮内反応試験】

アレルギーの原因物質を皮膚に接種して、反応を観察する検査です。

皮膚が赤く腫れると、アレルギーが生じていると考えられます。

これによってアレルギーの原因物質を特定することができます。

犬のアレルギー検査④【除去食試験】

犬のアレルギー検査④【除去食試験】

iStock.com/Chalabala

除去食試験では、アレルギーを起こしにくいフードを一定期間食べさせ、痒(かゆ)みなどの症状が改善するかを観察します。

これにより食物アレルギーの有無を判定します。

この試験はすぐに結果が出るわけではなく、最低でも3週間は時間がかかります。

他の皮膚疾患と鑑別するため、病変した皮膚の一部を掻きとる検査をすることがあります。

これにより、細菌やダニ、カビなどがいないかを検査します。

【参照元】藤村 正人「食物アレルギーの診断方法」mVm vol.21 No.132 2012年3月

犬のアレルギー【治療は?】

犬のアレルギー治療①【原因の除去】

犬のアレルギー治療①【原因の除去】

iStock.com/Watcharin panyawutso

アレルギーの治療の基本は原因を除去することです。

アトピー性皮膚炎の場合、原因となる環境物質を除去することが重要です。

また、アトピー性皮膚炎は、症状の出る時期に季節性が見られることがあり、よくなったりぶり返したりを繰り返し、慢性経過をたどることが多いです。

犬 アレルギー 治療 除去食

kinako / PIXTA(ピクスタ)

食物アレルギーの場合は、「アレルゲン除去食」といってアレルギーの原因物質が入っていない食事に切り替えます。

また、動物病院で低アレルギー食が処方されることもあり、この場合は他の食品を与えないよう徹底する必要があります

ノミアレルギーの場合は、ノミを駆除することが重要です。

ノミの駆除にはスポットタイプの薬(フロントラインなど)が使われます。

犬のアレルギー治療②【薬物治療】

犬のアレルギー治療②【薬物治療】

iStock.com/undefined undefined

ステロイド(副腎皮質ホルモン)は炎症やかゆみを抑える比較的強力な薬です。

飲み薬と塗り薬がありますが、飲み薬で処方されるケースが多いです。

ステロイドの中にも「プレドニゾロン」や「デキサメサゾン」などいくつか種類があり、それぞれ作用時間や薬効の強さが異なります。

副作用には飲水量の増加や胃潰瘍、肝障害などがありますが、用量や投薬期間、投薬間隔をうまく調整すれば問題にならないです。

犬のアレルギー治療③【その他の薬】

犬のアレルギー治療③【その他の薬】

iStock.com/skhoward

犬用の新しいアトピー性皮膚炎治療薬、オクラシチニブ(商品名:アポキル錠)を使用することがあります。

アレルギー症状を誘発する、サイトカインの生成をピンポイントに抑制する作用があります。

そのほか、シクロスポリン(商品名:アトピカ、シクロキャップ)という免疫抑制薬や、抗ヒスタミン剤なども使われます。

また、新しいかゆみ止めとして、ロキベトマブ(サイトポイント)という薬が販売されています。

この薬は1回の投与で1か月間かゆみを抑えることができます。

犬のアレルギー治療③【皮膚の洗浄・保湿】

犬のアレルギー治療③【皮膚の洗浄・保湿】

iStock.com/Kanoke_46

シャンプーはアレルゲンや皮膚に付いた細菌・真菌を洗い流す効果があります。

「カサカサ」「ベタベタ」「ふけが出る」など犬の皮膚の状況にあったシャンプーが処方されます。

保湿剤にはヒルドイドやグリセリンなどがあり、掻きむしった肌やカサカサに乾燥した肌を保湿します。

犬のアレルギー薬【使用する上での注意点!】

アレルギー薬「注意点」①【きちんと服用する】

アレルギー薬の注意点①【きちんと服用する】

iStock.com/3bugsmom

アレルギー薬は、獣医師の指示にしたがって、きちんと服用したり塗布したりすることが大切です。

特に、ステロイド剤が怖いからと自己判断で薬をやめたり、減らしたりしないようにしましょう。

アレルギー薬「注意点」②【早めに動物病院に連絡】

アレルギー薬の注意点②【早めに動物病院に連絡】

iStock.com/webphotographeer

アレルギー薬を服用したあと、下痢や嘔吐など体調不良になったら早めに動物病院に連絡します。

アレルギー薬「注意点」③【市販薬】

アレルギー薬については、勝手に市販薬などを飲ませないようにしましょう。

犬のアレルギー治療薬【与え方・飲ませ方は?】

犬のアレルギー治療薬【与え方・飲ませ方は?】

iStock.com/Aleksandr Zotov

アレルギーの治療は長引くこともあるため、薬の投与がストレスにならないよう注意します。

砕いてフードに混ぜる場合、おやつに包む場合は獣医師に確認をとってからにしてください。

塗り薬がうまく塗れない場合、冷蔵庫などツルツルしたところに、犬の顏の高さに合わせてペースト状のおやつを塗ります。

犬がおやつを夢中になって舐めている間に、薬を塗ってあげましょう。

アレルギーに影響しないおやつを選ぶよう、注意してください。

犬のアレルギー【まとめ】

犬のアレルギー【まとめ】

iStock.com/Natee127

アレルギーで痒がっている犬の姿を見るのはつらいもの。

一刻も早く治してあげたいと思うかもしれません。

しかし、アレルギー治療は時間がかかることもあります。

犬 アレルギー 動物病院 獣医師 相談

iStock.com/bymuratdeniz

飼い主さんは、焦らずに獣医師の指示に従いましょう。

薬をうまく飲ませることができない、どんな薬かわからず不安だというときは勝手に薬をやめたり減らしたりせず、獣医師に早めに相談することも大切です。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る