【獣医師監修】犬が口をくちゃくちゃしている。この症状から考えられる原因や病気は?

犬が口をくちゃくちゃと音を立てていることが気になる飼い主もいるかもしれません。何も食べていないのに、どうしてそんな仕草をするのでしょうか。今回は、犬が口をくちゃくちゃとする理由について解説します。

先生にお聞きしました
藤田 桂一先生
フジタ動物病院院長、獣医師

日本獣医畜産大学大学院獣医学研究科修士課程修了。1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

日本小動物歯科研究会会長、(社)日本獣医学会評議員、(財)動物臨床医学会理事、(公財)動物臨床医学研究所評議員、日本獣医療倫理研究会理事、 (NPO法人)高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク理事、日本獣医臨床病理学会評議員、(社)日本動物病院福祉協会、世界動物病院協会、日本動物病院会、小動物臨床研究会さくら会、PCM 研究会、その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。また、岩手大学農学部獣医学科非常勤講師(2008~2012年)、帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科非常勤講師(2012年~)日本大学生物資源科学部獣医学科高度臨床獣医学非常勤講師(2013年~)もつとめている。

編著:基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1 interzoo
   基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2 interzoo
続きを読む

犬が口をくちゃくちゃしている【考えられる原因】

口の中に違和感がある

口の中に違和感がある

Kat Carney/ Shutterstock.com

歯に食べ物がつまっていたり、口の中に異物がある時、自分の被毛が口の中に入ってしまった時などに、口をくちゃくちゃすることがあります。

食後以外でもくちゃくちゃしている時には、口の中の様子を見てあげましょう。

子犬の歯の生え代わり

子犬の歯の生え代わり

PORE/ Shutterstock.com

生後7〜8ヵ月齢くらいまでの子犬であれば、ちょうど歯の生え代わりの時期なので、口の中をむず痒く感じて、くちゃくちゃとすることがあります。

抜けた歯が残っていて違和感があることもあるので、この場合も口の中の様子を確認してあげましょう。

口腔内の疾患

口腔内の疾患

Best dog photo/ Shutterstock.com

外傷や歯周病、口腔内の腫瘍などで、口の中の痛みや不快感がある時にも、口をくちゃくちゃします。

口の中が傷ついていたり、できものができていないかを確認し、何らかの異常が見つかった場合には、獣医師に診てもらいましょう。

これも原因?

犬が口をくちゃくちゃしている原因として、

リラックスしている
ストレスをためている
癲癇(てんかん)

という情報がWebなどに掲載されていますが、現在、「犬が口をくちゃくちゃしている」状態と直接的な因果関係はわかっていません。

犬が口をくちゃくちゃしている【こんな場合は要注意!】

犬が口をくちゃくちゃしている【こんな場合は要注意!】

Natalie Shuttleworth/ Shutterstock.com

以下の症状が見られる場合は、病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

食後以外でも、くちゃくちゃしている
前足で口のまわりを掻くような動作をしている

口の中に違和感がある際にみかける仕草です。口の中を確認してみてください。

歯周病の犬

Fayzulin Serg/ Shutterstock.com

口のまわりだけでなく顔全体が腫れている
片方の歯でしかものを噛まなくなった
歯垢・歯石が多く付いている
口臭がする、よだれが臭い
口の中にできものがある
よだれに血がまじっている
口を触られるのを嫌がるようになった

歯周病の可能性があります。

犬が口をくちゃくちゃしている【この症状で考えられるおもな病気】

犬の歯周病

犬の歯周病

llaszlo/ Shutterstock.com

歯垢中の細菌が歯面に付着して、歯周組織(歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨)が炎症を起こす病気で、3歳以上の成犬・成猫の約80%が歯周病をもっていると言われています。
歯肉にだけ炎症を起こす歯肉炎とその他の歯周組織まで炎症が及んだ歯周炎を総称したものを「歯周病」と呼びます。

犬の口内炎

犬の口内炎

sainthorant daniel/ Shutterstock.com

口内の炎症の総称で、口腔内の異物の存在、頬の粘膜に歯垢が付いた歯面が接したことによるもの、糖尿病や腎臓病、免疫疾患などさまざまな原因で起こります。
口腔粘膜に発赤や潰瘍が見られたり、よだれや強い口臭、食欲不振等が見られます。

犬の口腔内腫瘍

犬の口腔内腫瘍

tomocam/ Shutterstock.com

犬の口腔内悪性腫瘍で代表的なものは、悪性メラノーマ、扁平上皮癌、線維肉腫です。
このうち悪性メラノーマがもっとも罹患率が高く、リンパ節や肺に転移しやすい腫瘍です。一般的に口腔内悪性腫瘍は、外科的に切除します。

犬の慢性辺縁性歯周炎(歯槽膿漏)

犬の慢性辺縁性歯周炎(歯槽膿漏)

WilleeCole Photography/ Shutterstock.com

歯周病が慢性経過を辿ると歯周組織が慢性の炎症状態になります。
この慢性の歯周病のことを「歯槽膿漏」と言います。

【口腔専門獣医師監修】犬が口のまわりをずっと舐めている。原因や症状、おもな病気は?

みんなのコメント

フレブルの歯磨き苦戦中さん
口のくちゃくちゃから歯槽膿漏の可能性があるとは驚きました。犬の歯周病は多いと聞いたので、歯磨き大変ですが、頑張ります!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING