【獣医師監修】犬の歯周炎(重度)放置はダメ?原因や症状は?対処・治療法、治療費、予防対策!

犬の歯周炎とは、細菌が歯肉(歯茎)に入り込み、炎症を起こして歯肉炎となった後、さらに進行して他の歯周組織(歯根膜・セメント質・歯槽骨)にまで広がった状態を言います。歯周炎を放置すると口腔内や頬に穴が開いたりする他、顎の骨折や全身性の病気につながります。今回は犬の歯周炎の原因や症状、治療方法などについて詳しく解説します。

先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【資格】
獣医師

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む

犬の歯周炎【原因は?】

犬の歯周炎【原因は?】

iStock.com/IgorChus

犬の歯周炎(ししゅうえん)とは、歯に付いた歯垢(=プラーク)の中に含まれる細菌が歯周組織に入り込んでしまうことで、歯肉(歯茎)をはじめとした歯の周囲に炎症が生じた状態を指します。

元来、犬の口の中には300~800種類の細菌が存在していると言われますが、歯垢(しこう)の中にはPorphyromonas gulaeやP.salivosa、P.denticanisなど歯周病原性細菌と呼ばれる細菌類が存在し、それらが増殖することによって歯周炎が発症します。

犬の歯の表面や歯肉溝(歯と歯肉の間)に食べかすや唾液中の成分などがたまったり、歯の表面に唾液由来の糖やタンパク質でできた薄い膜(=ペリクル)が形成されたりすると、こうした細菌が増殖しやすくなってしまうのです。

そして、歯垢(しこう)は歯石へと変化し、細菌は自らを覆うようにぬるぬるとした膜(=バイオフィルム)を形成。

歯石の表面はさらに歯垢(しこう)がつきやすい状態なので、歯垢(しこう)ができては歯石になる…というふうに延々これを繰り返すことになります。

犬の歯周炎【症状】

犬の歯周炎【症状】

dimarik / PIXTA(ピクスタ)

犬の歯周炎(ししゅうえん)では以下のような症状が見られます。

歯垢(しこう)や歯石の付着が増す

歯肉の赤みが増し、腫れている

口臭が強くなる

歯肉からの出血

歯のぐらつき

痛み

よだれが多くなる

この他、歯肉溝(歯と歯肉との間)の深さが増して、「歯周ポケット」と呼ばれる状態になります。

犬の歯周炎【歯肉炎との違いは?】

犬の歯周炎【歯肉炎との違いは?】

Igor Chus/ Shutterstock.com

犬の歯周炎(ししゅうえん)と同類の歯科疾患に犬の「歯肉炎」があります。

この2つの違いは、炎症を起こしている場所と程度の違いです。

犬の歯周病の説明をする時、必ずと言っていいほど出てくる言葉に「歯周組織」というものがありますが、歯周組織とは歯を支える部分を指し、「歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨(しそうこつ)」の4つで構成されています。

このうち、歯肉(歯茎)のみに細菌感染が起こり、炎症が生じている状態を「歯肉炎」と言い、さらに進行して細菌感染および炎症が歯根膜・セメント質・歯槽骨まで歯周組織全体に広がった状態を歯周炎と呼びます。

つまり、犬の「歯周病」とは「歯肉炎」と歯周炎の両方を指し、「歯肉炎」は歯周病の中でも初期段階で、歯周炎は中程度以上に進行した状態であると言えます。

犬の歯の構造

犬の歯の構造。歯を支える部分を歯周組織と言い、歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨の4つで構成される。

犬の歯周炎【発症しやすい犬種】

iStock.com/VioletaStoimenova

特に以下のような犬は歯周炎(ししゅうえん)のリスクが高くなるので、気をつけてあげましょう。

発症しやすい犬種①【小型犬】

小型犬では乳歯遺残(にゅうしいざん)がよく見られ、それによって歯並びが悪くなるのに加え、顎(あご)に対して歯が大きいため、歯と歯の間が狭くなっており、汚れがたまりやすいつくりになっています。

発症しやすい犬種②【短頭種の犬】

短頭種の犬は顎(あご)の長さに対して歯の間隔が狭い分、唾液(殺菌効果がある)が歯間に行きわたりにくく、歯垢(しこう)ができやすい傾向にあります。

発症しやすい犬種③【高齢犬】

犬の歯周病は免疫力の低下によってさらに進行すると考えられています。

高齢犬や持病がある犬は免疫力が低下する傾向にあるので、より注意が必要です。

犬の歯周炎【診断・治療法】

犬の歯周炎【診断】

犬の歯周炎「診断」①【検査】

犬の歯周炎「診断」①【検査】

Maria Sbytova / PIXTA(ピクスタ)

犬の歯周炎(ししゅうえん)の診断は、つまり歯周病の診断をすることになりますが、それには主に

視診

エキスプローラー(探針)による検査

プロービング

歯垢染色液による検査

歯垢・歯石検査用ライトによる検査

歯科用レントゲン検査

CT検査

などがあります。

犬の歯周炎「診断」②【進行度の評価】

検査の後、以下の各項目のレベルを見て、愛犬の歯周病の進行度を判断します。

歯垢(しこう)指数

歯石指数

歯肉(炎症)指数

歯の動揺指数

根分岐部(こんぶきぶ)病変

参考までに、アメリカ獣医歯科学会(AVDC)では、犬の歯周病の進行度について4段階評価を設けています。

歯周病を評価 アタッチメントロス

歯周病を評価する「アタッチメントロス」。

アタッチメントロスとは、歯と歯肉の密着度が失われた状態のことを言う。

犬の歯周病の進行度

【進行度】【犬の歯周病の症状】
ステージ1歯肉のみの炎症(歯肉炎)
ステージ2アタッチメントロスが25%未満の初期の歯周炎
(根分岐部病変:歯周プローブの先が軽度に入る=半分以下挿入)
ステージ3アタッチメントロスが25〜50%の中程度の歯周炎
(根分岐部病変:歯周プローブの先が深く入る=半分以上挿入、貫通しない)
ステージ4アタッチメントロスが50%以上の重度の歯周炎
(根分岐部病変:歯周プローブの先が貫通)

【参照元】アメリカ獣医歯科学会

犬の歯周炎【治療】

犬の歯周炎(ししゅうえん)の治療は大きくは下の表のように分かれ、いずれの場合も全身麻酔が必要です。

歯垢(しこう)・歯石の除去
外科治療(方法1)歯周外科治療
外科治療(方法2)抜歯

犬の歯周炎「治療」①【歯垢・歯石の除去】

歯垢・歯石の付き具合を確認

エキスプローラー(探針)で歯垢・歯石の付き具合を確認する。

この写真では歯垢・歯石が重度に付着している。

歯根と歯根の間の深さを確認

歯周プローブという器具を用いて歯肉ポケットの深さや、歯根と歯根の間の深さを確認する(歯垢・歯石は予め除去済み)。

この写真では歯肉ポケットから歯周ポケットに移行している状態。

犬の口の中を洗浄した後、歯垢(しこう)・歯石を除去(=スケーリング)します。

おおまかに、犬の歯石を取るには抜歯鉗子(ばっしかんし)を使う場合もありますが、通常は超音波スケラーや、細かい作業ではハンドスケラー、歯周ポケットの歯石除去にはキュレットなど、必要に応じて器具を使い分けます。

犬の歯垢(しこう)・歯石を除去した後は、歯石の再付着を防ぐため、ポリッシングブラシおよびラバーカップという器具で歯の表面を研磨して滑らかに仕上げをします。

歯肉に隠れた歯の表面も同様の処置を行います(=ルートプレーニング)。

犬の歯周炎「治療」②【外科治療(歯周外科治療)】

たとえば、犬の歯肉を一時的に剥離(はくり)させて綺麗にした後、歯根面やポケット内をきれいにした上で、歯肉を縫合するなど、炎症によって失われた歯周組織を再生させるための治療です。

犬の歯周炎「治療」③【外科治療(抜歯)】

歯周炎以上の炎症を抑えるためにも抜歯が選択されることがあります。

犬は抜歯をしてもその多くは顎(あご)の形が変わりにくく、摂食にもそれほど大きな影響は出ません。

犬の歯周炎【治療薬・治療費(手術費用)】

犬の歯周炎【治療薬・治療費(手術費用)】

adam121 / PIXTA(ピクスタ)

犬の歯周炎(ししゅうえん)の治療には歯科処置の他、必要に応じて抗菌剤や抗生物質などが使用されます。

【犬の歯周炎に関連する治療費の目安】

項目平均的料金
歯石除去~1万2,500円
抜歯~5,000円
根管治療~1万2,500円
レントゲン検査/単純撮影~7,500円
CT検査/造影あり
 〃 /造影なし
~5万円以上
~4万円
麻酔/局所麻酔
 〃/全身麻酔
~5,000円
~1万5,000円
調剤料(内用/1回あたり)~1,000円
処方箋~2,000円

【参照元】公益社団法人 日本獣医師会「家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査(平成27年度)」

犬の歯周炎【予防対策は?】

犬の歯周炎「予防対策」①【日常的に口の中をチェックする】

犬の歯周炎「予防対策」①【日常的に口の中をチェックする】

iStock.com/jkitan

普段のお手入れのついでに、次のような点をチェックするようにしましょう。

歯の色が変わっていないか

歯肉の色はどうか

歯肉に腫れはないか

口臭はないか

歯垢(しこう)・歯石が付いていないか

また、次の様子が見られる時には歯周病の可能性があるので、愛犬の行動やご飯の食べ方なども観察するようにしましょう。

【犬の歯周病チェックポイント】

体の変化・口臭がある、口の周りが臭い
・よだれが多い
・口の周りの汚れが目立つ
・歯がグラグラしている
・片方の目に目やにが出る、目が充血している
・くしゃみ、鼻水、鼻血が出る
・頬や顎が腫れている、または皮膚に穴が開いている
ご飯の変化・食欲はありそうなのに食べない、ご飯を食べられない
・硬いものは口にせず、柔らかいものを好む
・口からご飯をこぼす、一度口に入れても出してしまう
・片側の歯だけでものを噛む
・何かを噛んでいる最中、妙な声を出すことがある
行動の変化・口の周りを触ろうとすると嫌がる
・頭を頻繁に振る
・口を床やテーブルなどによくこすりつける
・口の周りを気にする

犬の歯周炎「予防対策」②【歯磨きをする】

犬の歯周炎「予防対策」②【歯磨きをする】

iStock.com/mraoraor

愛犬の歯周炎(ししゅうえん)の一番の予防対策は定期的に歯磨きをすることです。

犬では3~5日程度で歯垢(しこう)が歯石へと変化するため、少なくとも1日おきに歯磨きをするのが理想的です。

犬の歯周炎「予防対策」③【デンタルケア製品を併用する】

犬の歯周炎「予防対策」③【デンタルケア製品を併用する】

マコ父 / PIXTA(ピクスタ)

現在、様々な犬用のデンタルケア製品が出ていますが、それらのみで歯周炎を予防することは難しいため、歯磨きとの併用をお勧めします。

犬の歯周炎「予防対策」④【歯の健康に良い食品を与える】

乳酸菌生産物質には犬の歯周病菌の抑制効果があると考えられています。

また、乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌を摂り入れて腸活することは、免疫力や自然治癒力を高めることにつながるので、そうした食品やサプリメントを予防として使用するのもいいでしょう。

【参照元】小野田繁「乳酸菌生産物質とは何か? またその歯科応用について」(日本歯科東洋医学会誌 Vol.26, No.1・2 2007年 1-9)

高齢犬(老犬)の歯周炎【注意点・ケア方法は?】

高齢犬(老犬)の歯周炎【注意点・ケア方法は?】

Igor Chus/ Shutterstock.com

いろいろな病気のリスクがあり、かつ免疫力も低下する老犬では、歯周病を放置するとそのリスクもさらに高まります。

以前、心臓病で亡くなった犬の心臓から歯周病菌と同じ菌が発見されたという報告がありました。

また、最近では、年に1回、歯垢(しこう)歯石を除去することにより、死亡リスクが約20%も減少するという報告もあります。

つまり、犬の歯周病は病気だけでなく、寿命にも関係するのです。

すでに愛犬の歯に歯石が付いていて心配な場合、昨今では高齢犬に合った麻酔法もあり、犬の状況によっては麻酔が可能なケースもあるので、必要であれば動物病院でご相談ください。


【参照元】Silvan R,et.al「Risk Factors Associated with Lifespan in Pet Dogs Evaluated in Primary Care Veterinary Hospitals」(American Animal Hospital Association 2019;55:130-137 DOI 10.5326/JAAHA-MS-6763)

犬の歯周炎【間違いやすい病気は?】

犬の歯周炎【間違いやすい病気は?】

Herraez / PIXTA(ピクスタ)

犬の歯周炎と類似するものがあるとすれば、歯周病の初期段階となる歯肉炎でしょう。

その他に歯周炎と混同されやすい病気は特にありません。

犬の歯周炎【まとめ】

犬の歯周炎【まとめ】

アオサン / PIXTA(ピクスタ)

3歳以上の犬の約80%が罹患(りかん)していると言われるほど一般的で身近な歯のトラブルが犬の歯周病です。

まだ、歯周炎(ししゅうえん)の前段、歯肉炎の段階であれば、その症状を軽減させる薬剤もありますし、日常的に歯のケアをするのはもちろん、歯垢・歯石はなるべく早めに対処することで愛犬の健康を守ってあげましょう。

みんなのコメント

ハブラシ練習中さん
うちのトイプードルも口が臭うので、獣医師に相談したところ、歯周炎との診断を受けました。 歯周炎が進行しないように、日々歯磨きを頑張っています。 わんちゃんも人間と同じように、歯磨きが大切ですね!
ゆうかさん
記憶がさだかでないですが5、6才くらいまでガムすら与えず、歯磨きを全くせずほったらかしで‥ ある時期からしてあげるよにしました。 歯は数本抜けましたが、なんとか寿命まで生きてくれて。 だけど、口内環境が悪かったからなのか?どの歯もぐらつきだして大丈夫かなて思ってたらある日頬が腫れていて検査結果は口腔ガン 進行が早く2ヵ月後になくなりました。 今はただただ後悔しかありません。 人間と同じで歯は大事ですから飼い主はケアしてあげてください。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「病気」の人気記事RANKING