【獣医師監修】犬にちくわを食べさせても大丈夫?魚アレルギーや添加物の影響は?

おでんや煮物などで美味しく食べられる「ちくわ」。スーパーやコンビニエンスストアなどで安く手に入る便利な食材です。おやつとして食べる家庭もあるかもしれません。魚肉をベースに作られたちくわは、犬も食べられるのでしょうか?

【獣医師監修】犬にちくわを食べさせても大丈夫?魚アレルギーや添加物の影響は?
出典 : Reika/Shutterstock.com
先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【資格】
獣医師

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬にちくわを食べさせても問題ありません

犬にちくわを食べさせても問題ありません

demanescale/ Shutterstock.com

犬にちくわを食べさせても問題ありません。

手軽で安価な食品というイメージの「ちくわ」。最近はコンビニエンスストアのチルドエリアでも売られています。お弁当や料理でバリエーション豊かに使えるおいしい食材です。

塩分量と添加物からちくわはあまり犬に食べさせないほうがいいという声も見られます。しかし、ちくわに含まれる程度の塩分量では犬に関して全く問題が起きないので気にする必要がありません。また、ソルビン酸カリウムという添加物も、仮に一生食べ続けたとしても犬にとって害のある量ではないため気にする必要がありません。

但し、魚アレルギーを持っている場合は、ちくわでアレルギー反応を起こす可能性があるので与えたり、勝手に食べてしまわないように注意しましょう。

そもそも犬の普段の食事ではドッグフードを利用することが一般的で、このドックフードには犬にとって適切な栄養が含まれています。栄養バランスの維持のため、総合栄養食をメインの食事とし、トッピングやおやつとしてちくわをあげてください。また、与える場合も摂取カロリー全体の20%以下になるようにしましょう。

みんなのコメント

おでんは大根派さん
ちくわの塩分が気になって、わんちゃんにはあげないようにしていました。20%と具体的な数字が入っていて分かりやすかったです。
柴の給食おばさんさん
コンビニで無添加・無着色の竹輪を売っていたので、ワンコのご飯のトッピングやおやつにあげています。うちのは喜んで食べています。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING