【獣医師監修】犬が昆布を食べても大丈夫?適量は?妊娠中・授乳期の母犬には特に必要?

和食の出汁(だし)に使うことでおなじみの昆布ですが、愛犬に「昆布を食べさせても大丈夫なのか?」気になりますよね。愛犬に健康食材である昆布を与えても大丈夫なのかどうか?ここで、詳しくご紹介します。

【獣医師監修】犬が昆布を食べても大丈夫?適量は?妊娠中・授乳期の母犬には特に必要?
出典 : otsphoto/Shutterstock.com
先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【資格】
獣医師

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬に昆布を食べさせても大丈夫!

犬に昆布を食べさせても大丈夫!

Csanad Kiss/ Shutterstock.com

昆布は犬にとっても健康食材なので、愛犬に昆布を食べさせても問題ありません。

ただし、犬に昆布を過剰摂取させると、下痢(げり)や嘔吐(おうと)をしてしまう可能性があるので、適量を与えるようにしましょう!

愛犬に与える昆布の栄養素は?

愛犬に与える昆布の栄養素は?

divedog/ Shutterstock.com

昆布には豊富な栄養素が含まれており、犬の体にとっても有益な栄養素が含まれています。

●昆布の栄養素①「水溶性食物繊維」腸内環境を整える

昆布の栄養素①「水溶性食物繊維」腸内環境を整える

TrevorDL/ Shutterstock.com

まずひとつめが、水溶性食物繊維です。

水溶性食物繊維は、昆布を煮たときに出てくるアルギン酸やフコダインという粘り成分で、昆布に多く含まれています。

水溶性食物繊維は、水に溶けにくく、腸内細菌のエサになるなどして、腸内環境を整える働きがあります。

●昆布の栄養素②「ヨウ素」甲状腺ホルモンの元となるミネラル

昆布の栄養素②「ヨウ素」甲状腺ホルモンの元となるミネラル

Tiplyashina Evgeniya/ Shutterstock.com

昆布は、地上の食材ではなかなか摂取できないヨウ素の重要な供給源といえます。

ヨウ素は、甲状腺ホルモンの元となるミネラルで、海藻類、特に昆布に多く含まれています。

甲状腺ホルモンは体の代謝や成長を調整する重要なホルモンであり、特に、妊娠中・授乳期の母犬は、子供の成長のためにより多く必要とします。

ただし "甲状腺関連疾患を持つなどヨウ素の摂取量に注意すべき場合には、必ず獣医師の指示に従いましょう。

犬に昆布を与える際の注意点や適量は?

犬に昆布を与える際の注意点や適量は?

Viktor Kochetkov/ Shutterstock.com

犬に昆布を与える際には、過剰摂取に注意しましょう!

昆布に含まれる水溶性繊維は、大量に摂取すると、お腹が緩くなることがあると言われています。

昆布を適量与える分には問題ありませんが、犬が昆布を大量に盗み食いしてお腹を壊して下痢をしてしまうことのないように注意しましょう。

また、犬が大きなサイズのまま昆布を丸のみして消化不良を起こしてしまうことのないように、小さく切り刻んで食べさせるようにしましょう!

愛犬に与える「昆布」まとめ

愛犬に与える「昆布」まとめ

Madlen/ Shutterstock.com

昆布には、犬の健康維持に役立つ栄養素が含まれているので、犬が昆布を食べても問題ありません。

ただし、愛犬に昆布ばかりを与えて栄養バランスが崩れてしまうことのないように、メインの総合栄養食を必ず8割以上食べさせることで栄養バランスを保ち、残り2割の間食やトッピングとして昆布を与えるとよいでしょう。

犬にとっても役立つ栄養が含まれている昆布。

大量に食べすぎてしまうことに注意して、愛犬の健康をしっかり守ってあげましょう!

みんなのコメント

わかめさん
昆布、わんちゃんにあげてもいいんですね!あげてみたいので、おススメレシピがあったら知りたいです!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING