【獣医師監修】犬にゴマを食べさせてはダメ!?注意点やアレルギー反応は大丈夫?

ゴマは栄養素が豊富な食材です。タンパク質、食物繊維、ミネラルなどに加え、ゴマ特有の「ゴマリグナン」など、さまざまな栄養素が含まれています。ゴマは人間にとっては健康食材ですが、犬にとってはどうでしょうか?犬にゴマを与える際の注意点やアレルギーなどについて解説します。

  • 古川
  • 監修者:徳本 一義 先生(獣医師)

【獣医師監修】犬にゴマを食べさせてはダメ!?注意点やアレルギー反応は大丈夫?
出典 : Ezzolo/Shutterstock.com

犬にゴマを食べさせても大丈夫!

犬にゴマを食べさせても大丈夫!

Amarita/ Shutterstock.com

ゴマは適切な範囲での摂取量であれば犬が食べても問題ありません。

そもそもゴマにはどのような栄養価が含まれており、また、その栄養は体にとってどのようなよい影響があるのでしょうか。ゴマは「金ゴマ」「黒ゴマ」「白ゴマ」と大きく分けると3種ありますがどれも栄養価に大きな差はありません。

成分のパーセンテージは、50%が油分、20%がタンパク質、30%がビタミン類・ミネラル・食物繊維等で構成されています。

ゴマが健康に良いといわれているのは、「ゴマリグナン」と呼ばれる抗酸化物質を含んでいるからです。ゴマリグナンの中でもセサミンという成分が有名です。人間にとってセサミンはコレステロール値を正常に戻す手助けになるといわれていますが、犬はもともとコレステロール値が問題で大きな病気になる可能性が低く、あまり気にする必要はありません。

犬にゴマを与える際に注意する点は?アレルギーは大丈夫?

犬にゴマを与える際に注意する点は?アレルギーは大丈夫?

/ Shutterstock.com

犬にゴマを与える際に注意する点として、ほかの食品にも当てはまりますが、アレルギーや与えすぎには注意が必要です。普段のドッグフードにプラスして、ゴマを適量与えるようにしましょう。

最近は医療が発達したことにより、犬の寿命も伸長傾向にあります。大好きな犬と長い年月連れ添えるというのは素晴らしいことです。

一方で寿命が長くなることで、老齢の犬が増えているという側面もあります。いかにして犬の健康を維持していくかというのも考えなくてはいけない問題です。普段のドッグフードで栄養バランスは問題ありませんが、どうしても気になる場合はプラスして、ゴマをはじめとした栄養価の高い食べ物をあげるのもよいかもしれません。

【獣医師監修】愛犬のための手作りご飯。メリットやデメリット、おすすめ簡単レシピ!

【獣医師監修】愛犬にピーナッツを与えても大丈夫?アレルギーや致死量は?

監修者情報

徳本 一義 先生(獣医師)
徳本 一義 先生(獣医師)
小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。大学卒業後、小動物臨床に従事したのち、大手ペットフードメーカーで15年以上、臨床栄養学の観点からペットフードの開発、ならびに研究・情報発信に携わる。現在は獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動のほか、複数の獣医系大学で講師を兼任するとともに、ペット栄養学会 理事など、ペットの栄養に関する団体の要職も務める。

みんなのコメント

ごまちゃんさん
ごま、あげてもいいんですね!アレルギーが気になって、手作りご飯にも入れないようにしていました。様子見ながらあげてみます。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING