【獣医師監修】犬にコーヒーを少量でも飲ませてはダメ!カフェイン中毒に注意!致死量や対処法は?

犬にコーヒーを飲ませては絶対にダメです!コーヒーにはカフェインが含まれています。カフェインは、犬の健康を損なうだけでなく、量によっては命に関わることもあります。コーヒーはもちろん、コーヒーゼリーなどのコーヒー製品にも注意が必要です。今回は、犬にコーヒーを飲ませてはいけない理由や対処法などについて解説します。

【獣医師監修】犬にコーヒーを少量でも飲ませてはダメ!カフェイン中毒に注意!致死量や対処法は?
出典 : iStock.com/mrPliskin
先生にお聞きしました
花田 道子 先生
北里大学畜産学部獣医学科卒業 獣医学士【獣医師】【ペット栄養管理士】
2014年-2019年 学校法人ヤマザキ学園 ヤマザキ動物看護大学 教授 
2019年- 学校法人ヤマザキ学園 ヤマザキ動物看護専門職短期大学 学科長/教授

【学歴・経歴】
◇1972年 北里大学畜産学部獣医学科卒業 獣医学士
◇2013年 北里大学獣医学系研究科研究生修了 博士(獣医学)
◇1982年-2019年 動物病院NORIKOに勤務
◇1986年- 学校法人ヤマザキ学園 ヤマザキ動物専門学校 非常勤講師
◇2004年-2007年 学校法人ヤマザキ学園 ヤマザキ動物看護短期大学 非常勤講師
◇2014年-2019年 学校法人ヤマザキ学園 ヤマザキ動物看護大学 教授 
◇2019年- 学校法人ヤマザキ学園 ヤマザキ動物看護専門職短期大学 学科長/教授

【専門分野】
◇獣医病理学
◇動物栄養学(動物臨床栄養学)
◇動物看護学

【資格】
獣医師
◇獣医学 博士(獣医学)
◇衛生検査技師
◇ペット栄養管理士
◇KYG栄養カウンセラー
◇日本獣医ホメオパシー医学会認定獣医
◇日本ホメオパシー医学会認定獣医
◇中学校教諭一級普通免許(理科)
◇高等学校教諭二級普通免許(理科)

【所属学会】
日本獣医がん学会
一般社団法人 日本統合医療学会
一般社団法人 日本ペット栄養学会
日本ウマ科学会
日本動物看護学会
一般社団法人 日本ホメオパシー医学会
一般社団法人 日本獣医ホメオパシー医学会

【著作物】
『ペットがガンになってしまったら』(共著)(メタモル出版)
『ペットがガンに負けないために』(メタモル出版)
   
【翻訳 共著】
・Animal Health Technoloogy
邦訳表題:「アニマルヘルステクノロジー」
・CANINE REHABILITATION TEXT FOR THE ANIMAL HEALTH TECHNICIAN BASIC LEVEL
邦訳表題:「犬のリハビリテーション」

【飼育動物】
トイプードル、日本猫(各1匹)

【ペット歴】
幼少期の3歳頃から、日本犬、秋田犬、スピッツ、ヨークシャーテリア、プードル、日本猫など

現在、耳の聞こえないトイプードル(15歳)と、4歳頃から目の見えなくなったキジトラ猫(11歳)と老夫婦で楽しく暮らしています。

【ペットへの想い、職業上のペットとのかかわり】
ペットはズバリ!「臨床の師」
大学卒業と同時に研究所の病理研究員として顕微鏡相手の毎日を過ごしたのち、友人の動物病院開業を機に勤務医として臨床獣医療に携わることになった私にとって、ペットは暖かくて、かわいらしくて、懸命に辛い治療にも耐えて反応してくれる患者というより先生でした。

この子達にとって何が最良の治療法かと思い悩み、体に優しい自然療法も取り入れたものを行ってきました。

今の私にとってペットは「健康維持を第一」として、病気とも上手に付き合い、共により良い状態になることを目指す協力者です。
続きを読む

犬に「コーヒー」を飲ませては絶対ダメ!その理由は?

犬にコーヒーを飲ませては絶対ダメ!その理由は?

iStock.com/kuppa_rock

愛犬にコーヒーを飲ませては絶対にいけません。

コーヒーにはカフェインが含まれています。

カフェインには、中枢神経を刺激し興奮させる働きがあり、人間でも摂りすぎると健康上の問題になることがあります。

厚生労働省では、食品に含まれるカフェインの過剰摂取について注意を呼びかけています。

【参照元】厚生労働省「食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~」

犬 コーヒー 中枢神経 刺激

iStock.com/Alexandr Zhenzhirov

カフェインを過剰に摂取した場合には、中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気等の健康被害をもたらすことがあります。

人間よりも体が小さく、カフェインの感受性が高い犬にコーヒーを飲ませることは、非常に危険なので絶対にやめましょう。

犬に「カフェインレスコーヒー」を飲ませても大丈夫?

犬に「カフェインレスコーヒー」を飲ませても大丈夫?

iStock.com/S_Z

現在、カフェインレスコーヒーやデカフェも販売されています。

しかし、カフェインレスコーヒーやデカフェはカフェインを90%以上除去したものです。

そのため、わずかにカフェインが残っていることもありますので、愛犬に与えることはやめましょう。

【参照元】一般社団法人 全日本コーヒー協会「コーヒー図書館」

「デカフェ」とは?

「デカフェ(Decaf, Decaffeinated coffee)」とは、本来カフェインが入っているコーヒー豆からカフェインを取り除いたもの

犬に「カフェオレ」を飲ませても大丈夫?

犬に「カフェオレ」を飲ませても大丈夫?

iStock.com/hedgehog94

愛犬にカフェオレも与えていはいけません。

カフェオレはコーヒーをミルク(牛乳)で割る分、コーヒーに含まれるカフェイン量が半減するという考え方もありますが、ベースのコーヒーを濃く入れるなら、カフェイン量は変わらないと考えられます。

市販のカフェオレ飲料を見比べてみると、カフェイン含有量は100mlにつき20mg~60mg程度のものが多く見受けられました。

犬は人間よりカフェインに敏感でカフェイン中毒を起こす可能性があるため、犬にカフェオレを飲ませるのはやめましょう。

【参照元】Cristina Cortinovis et al,Household Food Items Toxic to Dogs and Cats

犬が「コーヒー」を飲んでしまった場合の応急処置と対処法は?

犬がコーヒーを飲んでしまった場合の応急処置と対処法は?

iStock.com/Alena Kravchenko

愛犬がコーヒーを誤飲してしまった場合、まず、飼い主はあわてずに、落ち着くことが大切です。

コーヒーをほんの少し舐めただけで特に症状が出ていない場合も、動物病院での受診をおすすめします。

特に、持病のある犬や、子犬、老犬には注意が必要です。

コーヒーそのものではなく、「コーヒー豆」「コーヒーゼリー」を食べてしまった時も受診をおすすめします。

犬のコーヒーの誤飲【応急処置・対処法】

【飼い主の対応】
誤飲の応急処置・対処法①動物病院に連絡する
誤飲の応急処置・対処法②コーヒーを誤飲した時間を伝える
誤飲の応急処置・対処法③誤飲したコーヒーの量を伝える
誤飲の応急処置・対処法④今の犬の様子を伝える
誤飲の応急処置・対処法⑤応急処置は獣医師の指示に従う!
誤飲の応急処置・対処法⑥日頃から心がけたいこと

誤飲の応急処置・対処法①【動物病院に連絡する】

誤飲の応急処置・対処法①【動物病院に連絡する】

tomos / PIXTA(ピクスタ)

愛犬がコーヒーを誤飲した場合、まずは、かかりつけの動物病院に連絡します。

深夜や休診日は、救急対応している動物病院に連絡をしましょう。

誤飲の応急処置・対処法②【コーヒーを誤飲した時間を伝える】

誤飲の応急処置・対処法②【コーヒーを誤飲した時間を伝える】

しげぱぱ / PIXTA(ピクスタ)

犬がコーヒーを何時ごろ飲んだか、または今から何分前に飲んだかなど、なるべく詳しく伝えましょう。

誤飲の応急処置・対処法③【誤飲したコーヒーの量を伝える】

誤飲の応急処置・対処法③【誤飲したコーヒーの量を伝える】

iStock.com/JeffKontur

犬がコーヒーをどのくらい誤飲したか、量を伝えることも重要です。

正確に量がわからなくても「コーヒーカップの半分程度」などとすると、伝わりやすくなります。

誤飲の応急処置・対処法④【今の犬の様子を伝える】

誤飲の応急処置・対処法④【今の犬の様子を伝える】

iStock.com/svetikd

立てない、ふらふらしているなど、犬の様子を伝えます。

吐いているときは回数も伝えるといいでしょう。

余裕があれば、犬の様子を携帯電話などの動画で撮っておくと診察の際に説明しやすくなります。

誤飲の応急処置・対処法⑤【応急処置は獣医師の指示に従う!】

誤飲の応急処置・対処法⑤【応急処置は獣医師の指示に従う!】

iStock.com/Bogdan Kurylo

獣医師の指示に従って行動することが大切です。

飲んだことに気づいた時点で吐かせる方法がありますが、飼い主が吐かせるのはなかなか困難です。

無理に吐かせないようにしましょう。

誤飲の応急処置・対処法⑥【日頃から心がけたいこと】

誤飲の応急処置・対処法⑥【日頃から心がけたいこと】

iStock.com/damircudic

普段からかかりつけの動物病院で、緊急時にはどうしたらよいか相談しておきましょう。

また深夜や休診日に対応してくれる、救急の動物病院の連絡先を控えておくと安心です。

【参照元】公益社団法人 東京都獣医師会 杉並支部杉並区獣医師会「救急の備え ~いざという時に慌てないために~」

犬が「コーヒー」を飲んでしまった場合のカフェイン中毒症状は?

犬が「コーヒー」を飲んでしまった場合のカフェイン中毒症状は?

iStock.com/Kira-Yan

カフェインによる心臓や脳の血管への刺激、腎臓の血管拡張や胃液の分泌の刺激などが考えられます。

犬にもよりますが、約20㎎/kg摂取で嘔吐や下痢などの症状が出始め、40~50㎎/kgで循環器に影響が出るという報告があります。

【参照元】Interdisuclip Toxicology 「Some food toxic for pets」

具体的には次のような症状があげられます。

カフェイン中毒の症状①【初期に出やすい症状】

興奮
心拍数の増加(頻脈)
震え
下痢
嘔吐
喉の渇き
多尿
尿失禁

カフェイン中毒の症状②【循環器などへの影響】

頻脈
不整脈

カフェイン中毒の症状③【中枢神経などへの影響】

体温不調
痙攣(けいれん)
てんかん

海外では死亡例も報告されています。

【参照元】
環境省の「飼い主のためのペットフード・ガイドライン~犬・猫の健康を守るために~」
一般社団法人 日本小動物獣医師会「わんこにあげてはいけない食物」
Journal of Medical Toxicology「Death by caffeine: presumptive malicious poisoning of a dog by incorporation in ground meat.」

カフェイン中毒の症状④【テオブロミン】

犬 カフェイン 痙攣

iStock.com/belchonock

カフェインに含まれるテオブロミンという成分には中枢神経興奮作用があり、痙攣(けいれん)やてんかん発作を誘発すると言われています。

もともと、てんかん発作を起こしやすい犬は特に注意が必要です。

【参照元】岐阜大学動物病院「よくあるご質問と回答」

また、コーヒーではありませんが、カフェインが含まれるウーロン茶葉の誤飲症例もあります。

犬がウーロン茶葉を誤食したあと6時間程度してから痙攣(けいれん)と嘔吐が生じ、その後震えや興奮、ふらつき、左右の瞳孔散大(瞳孔が拡大すること)、頻脈が見られたという症例がありました。

【参照元】CAP 2013年5月号「誤飲への対応 その処置法と予防」

犬が「コーヒー」を飲んでしまった場合の致死量は?(小型犬・中型犬・大型犬)

犬がコーヒーを飲んでしまった場合の致死量は?(小型犬・中型犬・大型犬)

iStock.com/jakkapan sapmuangphan

犬がカフェインを口にした時の致死量は、140㎎/kg(120~200㎎/kg)という報告があります。

体重によって小型犬2kg、中型犬10kg、大型犬30kgとして計算すると次のようになります。

犬のサイズ(体重目安)カフェインの量(致死量)
小型犬(2kg程度)420mg(0.42g)
中型犬(10kg程度)1400mg(1.4g)
大型犬(30kg程度)4200mg(4.2g)

海外では、体重7kgの犬がカフェインを3g摂取し、2時間後に症状が出て死亡した例も報告されています。

【参照元】Journal of Medical Toxicology「Death by caffeine: presumptive malicious poisoning of a dog by incorporation in ground meat.」

犬に与えてはいけない「コーヒー」製品のカフェイン含有量は?

犬に与えてはいけない「コーヒー」製品のカフェイン含有量は?

iStock.com/Yulia_Davidovich

コーヒー飲料だけでなく、コーヒーを使用した製品もたくさんあります。

ここでコーヒー製品のカフェイン含有量についても見ていきましょう。

コーヒー製品のカフェイン含有量

コーヒー製品【カフェイン含有目安量】
コーヒー豆13mg
レギュラーコーヒー0.6mg
インスタントコーヒー0.57mg
コーヒーゼリー0.37mg
コーヒーアイス0.4mg
コーヒーキャンディー0.63mg

カフェイン含有量①【コーヒー豆】

カフェイン含有量①【コーヒー豆】

iStock.com/marekuliasz

抽出前のコーヒー豆には1gあたり「13mg(0.013g)」のカフェインが含まれています。

たとえ豆一粒でも2mgほどのカフェインが含まれているため、抽出するよりかなりカフェイン量は多いことがわかります。

カフェイン含有量②【レギュラーコーヒー】

カフェイン含有量②【レギュラーコーヒー】

iStock.com/kuppa_rock

レギュラーコーヒーのカフェイン含有量は、コーヒー粉10gを熱湯150mlで浸出したもので「60mg(0.06g)」。

ミルクを入れたとしても、カフェインの含有量は変わりません。

愛犬にコーヒーは絶対に飲ませないようにしましょう。

カフェイン含有量③【インスタントコーヒー】

カフェイン含有量③【インスタントコーヒー】

iStock.com/gyro

インスタントコーヒーのカフェイン含有量は、2gを熱湯140gに溶かしたもので「57mg(0.057g)」。

手軽に飲めるインスタントコーヒーにも、レギュラーコーヒーと同程度カフェインが含まれています。

インスタントコーヒーも愛犬に与えないようにしましょう。

カフェイン含有量④【コーヒーゼリー】

カフェイン含有量④【コーヒーゼリー】

iStock.com/kaorinne

コーヒーゼリーのカフェイン含有量は、1gあたり「0.25~0.55mg」で平均0.37mg。

コーヒーゼリーは生クリームを乗せたり、ミルクをかけたりするので犬が食べたくなるデザートです。

愛犬に与えないように気をつけましょう。

カフェイン含有量⑤【コーヒーアイス】

カフェイン含有量⑤【コーヒーアイス】

iStock.com/margouillatphotos

コーヒーアイスのカフェイン含有量は1gあたり「約0.4mg」。

コーヒーアイスは甘く、牛乳を使っていることも多いため、匂いに魅かれて欲しがる犬もいるかもしれません。

コーヒーアイスも、うっかり、愛犬に食べさせないようにしましょう。

カフェイン含有量⑤【コーヒーキャンディー】

カフェイン含有量⑤【コーヒーキャンディー】

iStock.com/lleerogers

コーヒーキャンディーのカフェイン含有量は、1gあたり「0.037~2.0mg」、平均0.63mgです。

眠気覚ましのコーヒーキャンディーは、カフェイン含有量が多めです。

例えば、1gあたり2mgのカフェインが含まれたコーヒーキャンディー(1個5g)があったとき、コーヒーキャンディー1個のカフェインは10mg(0.01g)です。

もし10個食べるとカフェインは0.1gにもなるので、コーヒーキャンディーにも注意が必要です。

【参照元】守安 貴子, 斉藤 和夫, 中里 光男, 石川 ふさ子, 藤沼 賢司, 二島 太一郎, 田村 行弘(1996)「食品中のカフェイン, テオブロミン及びテオフィリンの含有量」『食品衛生学雑誌』1996 年 37 巻 1 号 p. 59-63_1

犬が「コーヒー」を飲んでしまった場合の治療法や治療費は?

犬が「コーヒー」を飲んでしまった場合の治療法や治療費は?

iStock.com/Natali_Mis

犬がコーヒーを飲んでしまった場合の治療費について、

点滴治療
深夜料金
入院(中型犬)

で調査をしました。

治療費については、ご参考までに公益社団法人日本獣医師会の「小動物診療料金調査(平成27年)」のデータから、最も多かった回答を記載しています。

治療治療費
点滴治療(静脈内)3,000~5,000円
深夜料金3,000~5,000円
入院(中型犬の場合)2,000~3,000円

犬の誤飲の治療費は、手術がない場合で平均16,348円という報告もありますが、コーヒーの誤飲では他の治療を行う場合もあります。

また、動物病院によっても、犬の症状や大きさによっても治療費は変わります。

具体的にな治療方法については、動物病院でよく確認してください。

治療は、点滴をしたり吐かせたりすることが中心ですが、症状や犬によっても治療や処置は異なるので、わからないことは、獣医師に尋ねましょう。

【参照元】
公益社団法人 日本獣医師会「小動物診療料金」
公益社団法人 静岡県獣医師会「異物誤飲について」
CAP 2013年5月号「誤飲への対応 その処置法と予防」

犬の【コーヒーの誤飲】まとめ

犬の【コーヒーの誤飲】まとめ

iStock.com/dtephoto

コーヒーにはカフェインが入っているので、犬には絶対に飲ませないようにしてください。

コーヒーゼリーやコーヒーアイス、コーヒーキャンディーなど、人間が好むデザートやお菓子にもカフェインは入っています。

特に、甘い匂いに犬が興味を持ちやすいので、愛犬がカフェインを含んだコーヒー製品を誤飲しないように、細心の注意を払いましょう。

犬 テーブル コーヒー 誤飲

iStock.com/ThamKC

ただ、どれだけ注意をしていても

「テーブルに乗ってコーヒーを飲んでしまった」

「留守番中にコーヒー豆を食べてしまった」

「ちょっと目を離したすきにコーヒーアイスを食べてしまった」

など、犬は飼い主が予想をしない行動を取る可能性もあります。

いざという時、落ち着いて対応できるように、犬の緊急時にはどうすればよいか、かかりつけの獣医師に相談しておくことも大切です。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING