【皮膚専門家獣医師監修】マルチーズにシャンプーは必要?自宅でも大丈夫?頻度や注意点を解説!

マルチーズにシャンプーはいつから、どのくらいの頻度で行うのが最適でしょうか? 人間のシャンプーや石鹸はマルチーズに使えるか、シャンプーのポイントや乾かす際の注意点、さらにはブラッシングの適切な頻度についても解説します。マルチーズの皮膚の健康を、正しい知識で維持してあげましょう。

  • 更新日:
【皮膚専門家獣医師監修】マルチーズにシャンプーは必要?自宅でも大丈夫?頻度や注意点を解説!
出典 : MirasPictures / PIXTA(ピクスタ)
先生にお聞きしました
村山 信雄 先生
獣医師 博士(獣医学) アジア獣医皮膚科専門医 犬と猫の皮膚科 代表

【学歴・経歴】
◇1968年10月:東京生まれ
◇1994年3月:帯広畜産大学畜産学部獣医学科卒業
◇1994年4月:根室地区農業共済組合勤務 
◇1996年8月:寺田動物病院(大阪)勤務
◇1997年8月:めむろ動物病院(北海道)勤務
◇2010年8月:アジア獣医皮膚科専門医取得
◇2012年9月:岐阜大学連合大学院にて博士(獣医学)取得
◇2012年10月:犬と猫の皮膚科設立
◇2016年3月:犬と猫の皮膚科クリニック開設

【資格】
獣医師

【所属学会】
日本獣医皮膚科学会
アジア獣医皮膚科学会
アジア獣医皮膚科専門医協会

【役職】
東京薬科大学客員研究員
続きを読む

マルチーズのシャンプー【いつから必要?】【頻度は?(週1・月1など)】

マルチーズのシャンプーはいつから必要?頻度は?(週1・月1など)

マッケンゴー / PIXTA(ピクスタ)

マルチーズのシャンプー【頻度は?(週1・月1など)】

真っ白な被毛を全身にまとう、マルチーズ。

その美しいコートを保つためにも、シャンプーは欠かせません

とはいえ、ほかの犬種よりシャンプーの頻度を狭める必要はなし

実際にはシャンプーをすればするほど、「皮膚のバリア機能は損なわれがち」になります。

愛犬の皮膚が健康であれば、週1回よりシャンプー頻度が高くならないようにしましょう。

マルチーズのシャンプーは、通常は「月に1回」程度、高温多湿な時期は「2~3週間に1回」程度が最適です。

マルチーズのシャンプー【いつから必要?】

マルチーズの子犬が新しい生活にも慣れて健康であれば、自宅でのシャンプーはいつから始めても大丈夫です!

シャンプーの回数が多いと「皮膚のバリア機能に悪影響」がおよぶため、もし散歩などで足先の白い被毛が汚れてしまったら、「水のいらないシャンプー」などで部分洗いをするのをおすすめします。

皮膚トラブルのあるマルチーズのシャンプー【頻度】【注意点】は?

皮膚トラブルのあるマルチーズのシャンプーの頻度と注意点は?

Amaviael / PIXTA(ピクスタ)

マルチーズのシャンプー【マラセチア皮膚炎】に注意!

マルチーズは脂漏体質ではないので、体臭はほとんど気にならず、皮膚トラブルが頻発する犬種でもありません

けれども、常在菌であるマラセチアが増殖して発症する、「マラセチア皮膚炎」が見られるケースがあります。

もし愛犬の足先の被毛が赤茶色になっていて、痒そうに舐めているようであれば、「マラセチア皮膚炎」の可能性があります。

「マラセチア皮膚炎」には、ミコナゾールやクロルヘキシジンという成分が配合された、「マラセチア皮膚炎専用シャンプー」を獣医師から自宅用に処方されるかと思います。

そのような場合、「週2回」程度のシャンプーを実施すると効果的です。

マルチーズは被毛が白いので、涙やけが気になる飼い主さんも少なくないようです。

「涙やけ」そのものは、異常ではありません

けれども、顔まわりや口まわりを痒(かゆ)そうにこすったりしている場合、「マラセチア皮膚炎」になっている恐れがあります。

また、「目ヤニが多い」場合は眼疾患(がんしっかん)の可能性もあります。

目ヤニが多い場合は眼疾患(がんしっかん)の可能性もあります

mary416 / PIXTA(ピクスタ)

涙をこまめにコットンでぬぐったりしても、「涙やけ」や「目ヤニ」が気になる場合は、獣医師に相談を。

なお、涙やけはシャンプーで改善を試みるものではありません

また、もしシャンプーで、愛犬にフケの増加や痒(かゆ)みなどの皮膚トラブルが生じた場合、シャンプー製剤を変えるといった対処を行い、それでも症状が収まらない場合は獣医師に相談してください。

マルチーズやビション・フリーゼなど、全身が白いコートの犬には、“白毛用シャンプー”“ホワイトコート用シャンプー”“白犬用シャンプー”などをトリミングサロンで使用しているかもしれません。

その他のシャンプーも含めて、もしトリミングサロンのシャンプーで愛犬の皮膚にトラブルが生じた場合はその旨をトリマーに伝えて、愛犬に合うシャンプー剤を探すようにしましょう。

マルチーズに市販の【人間用シャンプー】を使用しても大丈夫?【石鹸】は?

マルチーズに市販の人間用シャンプーを使用しても大丈夫?石鹸は?

horiphoto / PIXTA(ピクスタ)

マルチーズに市販の【人間用シャンプー】を使用しても大丈夫?

人間の皮膚が弱酸性であるのに対して、個体差はありますが犬の皮膚は“弱アルカリ性”であることが知られています。

そのため、弱酸性の肌質に合うように作られた人間用のシャンプー剤は、”多くの犬には適していません”

マルチーズに市販の「人間用シャンプーは使用しないほうがよい」でしょう。

なお、犬用に作られたシャンプー剤であっても、個体によって合わないものもあります。

愛犬の肌に合うことを最優先にして、犬用シャンプー剤を探してあげてください。

マルチーズに市販の【石鹸】を使用しても大丈夫?

天然の界面活性剤の塊(かたまり)である石鹸は弱アルカリ性なので、マルチーズの皮膚の洗浄に使用しても、原則的には問題ないと考えられます。

ただし、石鹸であっても、愛犬の皮膚に合うか、汚れや臭いが落ちやすいかは、実際に試してみないとわかりません

もし石鹸を使いたいのであれば、マルチーズのシャンプー時に数回試してみて、大丈夫かどうかを判断しましょう。

マルチーズのシャンプー【仕方】【注意点は?(嫌がる・暴れる場合など)】

マルチーズのシャンプーの仕方や注意点は?(嫌がる・暴れる場合など)

kall1st0 / PIXTA(ピクスタ)

長毛犬種であるマルチーズのシャンプーの成功に秘訣は、シャンプー前に、ブラッシングをして被毛に付着した汚れや毛玉を取り除いておくこと

シャンプーではまず最初に、シャワーで被毛と皮膚を十分に濡らしてください。

お湯の温度は「36度以下のぬるま湯」がベストです。

シャワーヘッドはなるべく皮膚に近づけましょう

そうすれば、シャワーを嫌がったり怖がったりしにくくなるはずです。

シャンプー剤を、マルチーズの身体に載せる前に泡立てておくことも重要なポイント

泡で出てくるポンプに入った犬用シャンプー剤を使ったり、大きめのスポンジで泡立てるとよいでしょう。

皮膚に負担がかかりすぎため、愛犬の背中でシャンプーを泡立ててはいけません

マルチーズのシャンプー【乾かし方(ドライヤー)】【ブラッシング】は?

マルチーズのシャンプーの乾かし方(ドライヤー)やブラッシングは?

kall1st0 / PIXTA(ピクスタ)

マルチーズのシャンプー【乾かし方(ドライヤー)】は?

シャンプーが終わったら、まずはタオルを複数枚使用してしっかりとタオルドライをしてあげてください。

自宅でマルチーズを乾かすのにドライヤーを使う際、被毛と皮膚を守るには冷風がベストですが乾かすのに時間がかかるため、冷風をずっと当て続けるとマルチーズが飽きてきて嫌がるかもしれません。

そのような場合には温風を使いますが、その場合は皮膚から「30cm以上」ドライヤーを離して風を当ててください。

飼い主さん自身の手に風を当ててみて熱く感じない状態をキープできれば、「被毛や皮膚へのダメージを軽減」できます。

ドライングの際にブラシを使わないと、マルチーズの被毛がくせ毛のように跳ねたりするかもしれません。

それが気になるようであれば、ピンブラシを使って毛並みに沿ってブローをしながら乾かしてください

ピンブラシを使って毛並みに沿ってブローをしながら乾かしてください

pocketalbum / PIXTA(ピクスタ)

マルチーズのシャンプー【ブラッシング】は?

マルチーズのシャンプーの頻度を最大限減らすことができ、皮膚を健やかに保つ最大のカギが「ブラッシング」です。

マルチーズはヨークシャー・テリア(ヨーキー)同様に、アンダーコート(下毛)のないシングルコートの犬種です。

そのため、換毛期がなく抜け毛も少ないですが、油断は禁物

長毛にしていると、すぐに絡まって毛玉になってしまうからです。

日常使いのブラシは、地肌を傷つけない「獣毛ブラシ」がおすすめです。

獣毛ブラシは、ブタ毛を採用した柔らかめのものから硬めのイノシシ毛を使ったものまで、多種多様。

飼い主さんが使いやすいブラシを使い分けながら、ブラッシングを日課にしてあげましょう。

毛玉を発見した場合は、スリッカーブラシやピンブラシを使って、被毛だけにブラシをかけながら毛玉をほぐすようにしてください。

マルチーズのシャンプー【サロンの値段(料金)】は?

マルチーズのシャンプー、サロンの値段(料金)は?

kall1st0 / PIXTA(ピクスタ)

トリミングサロンにマルチーズのシャンプーやカットを依頼した場合の料金は、シャンプーに加えて「爪切り」「耳掃除」「肛門腺絞り」などとセットで”5,000~9,000円”が相場です。

なお、自宅やトリミングサロンで、夏に涼しいようにサマーカットにする場合、皮膚が見えるほどバリカンで毛刈りをしてしまうと、散歩時に「直射日光が当たって皮膚がダメージを受けたり」「熱中症リスクが高まる」恐れがあります。

サマーカットは、被毛を数センチは残すようにしましょう。

マルチーズのシャンプー【まとめ】

マルチーズのシャンプーのまとめ

Taka / PIXTA(ピクスタ)

マルチーズの被毛は柔らかく絡まりやすいので、「毎日のブラッシング」と「お手入れ」が、皮膚の健康のカギを握ります。

皮膚が健康であれば、シャンプーは月に1回程度が最適ですが、高温多湿な時期に臭いや皮膚のベタつきが気になる場合、「月2~3回」の頻度でシャンプーをしてもよいでしょう。

愛犬の健康を守ることができるのは飼い主だけです。

正しい知識を持って、毎日の愛犬の生活に役立ててくださいね。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の種類・品種」の人気記事RANKING