<バセット・ハウンド>歴史やカラダ・性格などの特徴【JAHA家庭犬しつけインストラクター監修】

「バセット・ハウンド」と言えば、その大きな垂れ耳が人気の犬種です。もともとは狩猟犬として活躍していたこの犬は、飼い主への忠誠心を持っているので飼いやすいと言われていますが、どのような犬なのでしょうか。

<バセット・ハウンド>歴史やカラダ・性格などの特徴【JAHA家庭犬しつけインストラクター監修】
出典 : Petrut Romeo Paul/Shutterstock.com
先生にお聞きしました
保久(やすひさ)留美子 先生
公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定

家庭犬しつけインストラクター CPDT-KA

【保有資格】
公益社団法人日本動物病院協会(JAHA) 認定 家庭犬しつけインストラクター
◆米国ペットトレーナーズ協会 認定 CPDT-KA
日本ペット栄養学会 認定 ペット栄養管理士
動物看護師統一認定機構 認定 動物看護師
◆日本ペットカウンセラー協会 認定 パラカウンセラー
日本アニマルウェルネス協会 認定 ホリスティックケアカウンセラー

◇環境省主催「動物適正飼養講習会」講師
◇北海道動物愛護管理研修会 講師
ペットシッター養成講座 講師
◇動物介在活動、動物介在教育
◇動物病院スタッフ向けのセミナー 講師

犬との豊かな暮らしを求めて、20年前に北海道へ移住。
美瑛で犬猫たちと自然を満喫しながら同居中。
現在、道内に4つの病院を構える緑の森どうぶつ病院にて、道内初のJAHA認定家庭犬インストラクター等の資格を活かして勤務。

動物病院の待合診療統括マネージャーとして、「飼い主目線でどうぶつを観る」を心掛け、飼い主さんと病院の橋渡し役を担当。

自身も5頭の犬を見送り得た「経験」と、動物病院という現場で得た「臨床知識」から出した結論は、『そのコを想い、そのコのためにと飼い主が考えしてあげることが、そのコの望んでいること』。

また、しつけの分野においては、たんにその域に留まらず、動物の一生のなかでさまざまなタイミングで携われるような立場になれることを願って、従来の経験と勘だけに頼らない、最新の動物行動学と行動分析学をふまえた指導を心がけている。
続きを読む

<バセット・ハウンド>歴史

<バセット・ハウンド>歴史

everydoghasastory/ Shutterstock.com

バセット・ハウンドの原産国はフランス。

「バセット」とはフランス語で「低い」という意味です。

バセット・ハウンドの祖先は、現在は絶滅した「セント・ヒューバート」という犬だと考えられています。

突然変異で生まれたバセット・ハウンド

Jon Buscall/ Shutterstock.com

セント・ヒューバートは「究極の狩猟犬」と言われるブラッドハウンドの祖先でもあり、フランスの司祭が繁殖させた犬でした。

バセット・ハウンドはセント・ヒューバートの突然変異で、その姿が愛らしくまた、密集した森で野ウサギ狩りに非常に有能だったため、その特徴の固定化がされたと言われています。

Ammit Jack/ Shutterstock.com

バセットハウンドは貴族にも愛され、王侯貴族は狩りのお供としてバセットハウンドを飼育しました。

フランス革命後は、庶民の食料確保のための狩猟犬として数多く飼育されるようになります。

1874年に、エバレット・ミリアス卿がイギリスにバセットハウンドを持ち込み、繁殖させました。

ドッグショーに参加させるなど宣伝活動も積極的に行った結果、イギリスでも人気の犬種となったのです。

アメリカのケンネルクラブに登録されたバセットハウンド

Mary Rice/ Shutterstock.com

バセットハウンドがアメリカに渡ったのは植民地時代と言われていますが、アメリカのケンネルクラブに登録されたのは1885年になってからです。

<バセット・ハウンド>カラダの特徴

<バセット・ハウンド>カラダの特徴

Soloviova Liudmyla/ Shutterstock.com

狩りのお供として飼育されてきたバセット・ハウンドは、大きな頭部に短い足、長い耳と鋭い嗅覚が特徴です。

とくに嗅覚に関しては、すべての犬の中でもトップクラスで、その好奇心の強さも手伝って、野ウサギ猟やアナグマ猟で活躍しました。

バセット・ハウンドの平均的な大きさは、体高が33~38cmで、体重は18~27kg前後です。

被毛はシングルコートで、さまざまなカラーが存在します。

バセットハウンドの顔

Reha Mark/ Shutterstock.com

大きな頭部と短足は、地面に鼻が付きやすいように進化したもので、長く垂れた耳が雑音をカットしてくれるので、より嗅覚に神経を集中できると言われています。

ただし、口元の皮膚も垂れ下がっているので、よだれが多く出てしまいます。

よだれがカラダや服に付いたり、家を汚されたりすることが気になる人には向かない犬種です。

<バセット・ハウンド>性格の特徴

<バセット・ハウンド>性格の特徴

pranee_stocker/ Shutterstock.com

バセットハウンドは、温厚な性格で人懐こく、子供たちにも優しく接することができます。

また、マイペースでのんびりした性格の個体が多く、遊びまわるなど活発に動くことが少ない犬種です。

バセットハウンドが興奮するのは、何か普段は感じない特別な匂いがしたときだけです。

飼いたい場合は、バセットハウンドを飼っている人の話を聞いたりして、事前に念入りな情報収集することをおすすめします。

みんなのコメント

たれ耳わんちゃん大好きさん
バセットハウンドの垂れた耳がキュートだと 思っていましたが、そんな歴史があったのですね! 猟犬のようなすばっしこさが想像できなかったので とても意外でした!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の種類・品種」の人気記事RANKING