<ウィペット>歴史やカラダ・性格などの特徴【JAHA家庭犬しつけインストラクター監修】

ウィペットは、全身をムチのようにしならせて、前足と後ろ足を揃えて美しく走り回る犬です。その走り方が、競走馬にムチを入れる様子と似ていることから、ムチを意味する「ウィップ」になぞらえてこの名がついたと言われています。

<ウィペット>歴史やカラダ・性格などの特徴【JAHA家庭犬しつけインストラクター監修】
出典 : Liliya Kulianionak/Shutterstock.com
先生にお聞きしました
保久(やすひさ)留美子 先生
公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定

家庭犬しつけインストラクター CPDT-KA

【保有資格】
公益社団法人日本動物病院協会(JAHA) 認定 家庭犬しつけインストラクター
◆米国ペットトレーナーズ協会 認定 CPDT-KA
日本ペット栄養学会 認定 ペット栄養管理士
動物看護師統一認定機構 認定 動物看護師
◆日本ペットカウンセラー協会 認定 パラカウンセラー
日本アニマルウェルネス協会 認定 ホリスティックケアカウンセラー

◇環境省主催「動物適正飼養講習会」講師
◇北海道動物愛護管理研修会 講師
ペットシッター養成講座 講師
◇動物介在活動、動物介在教育
◇動物病院スタッフ向けのセミナー 講師

犬との豊かな暮らしを求めて、20年前に北海道へ移住。
美瑛で犬猫たちと自然を満喫しながら同居中。
現在、道内に4つの病院を構える緑の森どうぶつ病院にて、道内初のJAHA認定家庭犬インストラクター等の資格を活かして勤務。

動物病院の待合診療統括マネージャーとして、「飼い主目線でどうぶつを観る」を心掛け、飼い主さんと病院の橋渡し役を担当。

自身も5頭の犬を見送り得た「経験」と、動物病院という現場で得た「臨床知識」から出した結論は、『そのコを想い、そのコのためにと飼い主が考えしてあげることが、そのコの望んでいること』。

また、しつけの分野においては、たんにその域に留まらず、動物の一生のなかでさまざまなタイミングで携われるような立場になれることを願って、従来の経験と勘だけに頼らない、最新の動物行動学と行動分析学をふまえた指導を心がけている。
続きを読む

<ウィペット>歴史

<ウィペット>歴史

otsphoto/ Shutterstock.com

ウィペットは中型サイズの猟犬で、グレー・ハウンドをベースに作出された犬種です。

17世紀のイギリスで生まれたと言われています。

18世紀頃に、農夫たちが小型の害獣を退治するために小型のグレー・ハウンドと、マンチェスターテリア、ベドリントンテリアなどの小型犬とを掛け合わせて繁殖しました。

俊敏なウィペット

Viktoriia Bondarenko/ Shutterstock.com

海外のドッグレースでは、走りでの本領発揮も見られます。

ウィペットの加速力と俊敏さは、他の犬たちとは比べ物になりません。

ドッグレースのウィペット

Ivan Berta/ Shutterstock.com

もともとドッグレースは、貧しくて競馬などの賭け事に参加できない人たちが、犬に餌に見せかけた布を追いかけさせるレースを始めたことがきっかけです。

足の速いウィペットはこういったレースで成績を残し、大切に育てられたのです。

このように優れた脚力を持ち合わせているので、ドッグレースなどで走る速さは、最高で時速50キロと言われています。

<ウィペット>カラダの特徴

<ウィペット>カラダの特徴

Alexandra Kruspe/ Shutterstock.com

ウィペットの特徴といえば、無駄のない筋肉腰の上には明確なアーチがあります。

胸はたいへん深く、下胸も深いつくりで、あばらが目立ちます。

ウィペットの小さな頭

kerrygreenphotographer/ Shutterstock.com

ファッションモデルを思わせる長い首と小さな頭、流線型のボディライン、美しく艶のある短毛です。

これらのバランスが素晴らしく、原産地であるイギリスだけでなく世界的に愛好者が多い犬種となっています。

中型犬のウィペット

Alexandra Kruspe/ Shutterstock.com

大きさでは中型犬に分類されています。

サイズとしては、グレー・ハウンドとイタリアン・グレー・ハウンドの中間くらいで、標準的な大きさのウィペットは、オスが体高47~51cm、メスが体高44~47cmとなっています。

<ウィペット>性格の特徴

<ウィペット>性格の特徴

encierro/ Shutterstock.com

ウィペットの性格は、大人しく穏やかです。

飼い主やその家族に対して、献身的に尽くしてくれます。

小さな子どもに対しても穏やかに対応できる性格です。

家族以外の人間や犬に攻撃することは比較的少なく、誰とでも友好的に接することができる温和な性格の持ち主です。

子供がいる家庭でも安心して飼育できるウィペット

Alexandra Kruspe/ Shutterstock.com

集合住宅など騒音問題が起こる可能性がある場所でも、ウィペットは物静かなので共同生活を送ることができます。

警戒心は強いものの、滅多に吠えることがないので、子どもがいる家庭でも安心して飼育できるのも特徴です。

みんなのコメント

お昼寝大好きさん
我が家のウィペットも、とても運動量が多いです。 田舎に住んでいるため、広い庭でのびのびと遊ばせることができています。 やはり身体が大きいので、都会で育てるのは難しそうですね。 でも気性はおとなしく、非常に接しやすい犬種だと思います。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の種類・品種」の人気記事RANKING