<イタリアン・グレーハウンド>歴史やカラダ・性格などの特徴【JAHA認定インストラクター監修】

細く引き締まった体躯につぶらな瞳が愛らしいイタリアン・グレーハウンド。愛好家からは「イタグレ」と呼ばれ愛される犬種です。イタリアン・グレーハウンドの歴史とカラダや性格の特徴についてみていくことにしましょう。

<イタリアン・グレーハウンド>歴史やカラダ・性格などの特徴【JAHA認定インストラクター監修】
出典 : Elena Vasilchenko/Shutterstock.com
先生にお聞きしました
保久(やすひさ)留美子 先生
公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定

家庭犬しつけインストラクター CPDT-KA

【保有資格】
公益社団法人日本動物病院協会(JAHA) 認定 家庭犬しつけインストラクター
◆米国ペットトレーナーズ協会 認定 CPDT-KA
日本ペット栄養学会 認定 ペット栄養管理士
動物看護師統一認定機構 認定 動物看護師
◆日本ペットカウンセラー協会 認定 パラカウンセラー
日本アニマルウェルネス協会 認定 ホリスティックケアカウンセラー

◇環境省主催「動物適正飼養講習会」講師
◇北海道動物愛護管理研修会 講師
ペットシッター養成講座 講師
◇動物介在活動、動物介在教育
◇動物病院スタッフ向けのセミナー 講師

犬との豊かな暮らしを求めて、20年前に北海道へ移住。
美瑛で犬猫たちと自然を満喫しながら同居中。
現在、道内に4つの病院を構える緑の森どうぶつ病院にて、道内初のJAHA認定家庭犬インストラクター等の資格を活かして勤務。

動物病院の待合診療統括マネージャーとして、「飼い主目線でどうぶつを観る」を心掛け、飼い主さんと病院の橋渡し役を担当。

自身も5頭の犬を見送り得た「経験」と、動物病院という現場で得た「臨床知識」から出した結論は、『そのコを想い、そのコのためにと飼い主が考えしてあげることが、そのコの望んでいること』。

また、しつけの分野においては、たんにその域に留まらず、動物の一生のなかでさまざまなタイミングで携われるような立場になれることを願って、従来の経験と勘だけに頼らない、最新の動物行動学と行動分析学をふまえた指導を心がけている。
続きを読む

<イタリアン・グレーハウンド>歴史

<イタリアン・グレーハウンド>歴史

Eduardo Lopez/ Shutterstock.com

イタリアン・グレーハウンドの祖先はグレーハウンドであるといわれていますが、その出自については諸説あり、現在でもはっきりわかってはいません。ただし、数千年前の古代エジプトの壁画によく似た犬が描かれていること、その時代のものであると思われる犬のミイラがイタリアン・グレーハウンドに極めて似ていることなどから、その起源は古いと考えられています。

王族が好んで飼ったイタリアングレーハウンド

Akbudak Rimma/ Shutterstock.com

エジプトからトルコ、ギリシアに入り、紀元前5世紀頃のローマでは上流階級のペットとして飼育されていました。その後、16世紀のイタリアを中心とした南ヨーロッパなどで大変な人気を博していたようで、「イタリア・ルネッサンスの誇り」と呼ばれるほどでした。とくに現在では、各国の王族が好んで飼っており、世界中で人気犬種として認知されています。日本に入ってきたのも意外に古くて江戸時代といわれているので、昔からさまざまな国で人間の生活に寄り添ってきたことがわかります。

人気を誇るイタリアングレーハウンド

Igartist 79/ Shutterstock.com

イタリアン・グレーハウンドは、18世紀から19世紀頃に小型化するために無理な交配を繰り返し、第二次世界大戦後には、イギリスからいなくなってしまったのではないかといわれるほど数が減少してしまいました。ただ、幸いにも1800年にアメリカへと持ち込まれていたこの犬種は絶滅を逃れ、ヨーロッパで復活を果たし、再度人気を誇る犬種へとなっていったのでした。

<イタリアン・グレーハウンド>カラダの特徴

<イタリアン・グレーハウンド>カラダの特徴

Eduardo Lopez/ Shutterstock.com

イタリアン・グレーハウンドの体は細く引き締まっており、四肢も長いのが特徴です。気品あふれる雰囲気で、昔の王族が好んだこともうなずけます。成犬時の体重が5㎏から10㎏には満たない小型犬の部類に入ります。

グレーハウンド

Francois Loubser/ Shutterstock.com

先述したとおり、祖先は「グレーハウンド」といわれています。サイトハウンド系に属していますが、サイトハウンドの仲間の中でもっとも小さい体躯をもちます。もっぱら愛玩犬として飼育されており、実際の狩りで用いられることはありません。

イタリアングレーハウンドの跳躍力

Laila Kazakevica/ Shutterstock.com

しかし、その跳躍力や俊敏性は健在で、サイトハウンド系の犬種に見られるダブルサスペンションギャロップという前肢と後ろ肢を揃え、背中の筋肉を使って跳ねるように美しく速く走ることができます。ハウンドとしての気質や本能は失っていないので、目の前に走る獲物を見つけると追跡することもしばしばです。ドッグランなどでは注意が必要です。

イタリアングレーハウンドの被毛

Eric Isselee/ Shutterstock.com

被毛については、大変短くつややかで光沢があるので、とても美しいのが特徴です。色はブラック、グレー、イザベラ(ペールイエローに近いベージュ)、フォーン、レッドなどがあります。

<イタリアン・グレーハウンド>顔の特徴

<イタリアン・グレーハウンド>顔の特徴

Sergieiev/ Shutterstock.com

イタリアン・グレーハウンドは頭がフラットなのに対して、顔は長めの長頭種に分類されます。これも優雅な雰囲気を醸し出す一因となっていると思います。耳の形にも特徴があり、「フライング・イヤー」「プロペラ・イヤー」と呼ばれるように、立ち耳で水平に広がっています。見かけによらず吠え声が大きいのもイタリアン・グレーハウンドならではでしょう。ただし無駄吠えは少ないので、家に迎え入れやすい犬種なのではないでしょうか。

<イタリアン・グレーハウンド>性格の特徴

<イタリアン・グレーハウンド>性格の特徴

Russ Full/ Shutterstock.com

イタリアン・グレーハウンドは穏やかな性格ですが、なかには人見知りをしてしまう子もいます。特定の人だけでなく家族全員で触れ合うことや、外に積極的に連れ出すことを意識しましょう。外観からは非常に気が弱そうな犬というイメージを持たれがちですが、飼い主や家族など気を許した相手にはとても明るく無邪気で心優しい犬種です。
そのルーツや特徴をよく理解してから飼うことを決めましょう。そうすればより深い絆を築くことができるはずです。

みんなのコメント

イタグレのナポリさん
イタグレを飼って3年になります。 飼う前は弱そうで心配でしたが、生まれながらの体力に驚かされています。 これからも大切に育てたいと思います。
ハウンドドッグさん
実はひっそり絶滅しかけてたとはびっくりです。 飼うにはハードルが高そうな犬種ですが、 品があって跳躍している姿はとてもかっこいい。
ブルースカイウォーカーさん
茹でた鶏肉が大好物で、与えると大喜びで吠えながら踊り出します。 性格は例えるなら「猫」的で気分屋ですが、愛玩犬らしく何時でも体に触れている事を好みます。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の種類・品種」の人気記事RANKING