【獣医皮膚科専門医監修】パグにシャンプーは必要?顔はどうする?頻度や注意点、料金は?

パグにシャンプーはいつから、どのくらいの頻度で行うのが最適でしょうか? 人間のシャンプーや石鹸はパグに使えるか、シャンプーのポイントや乾かす際の注意点、さらにはブラッシングの適切な頻度についても解説します。パグの皮膚の健康を、正しい知識で維持してあげましょう。

  • 更新日:
【獣医皮膚科専門医監修】パグにシャンプーは必要?顔はどうする?頻度や注意点、料金は?
出典 : Noom Kittipong / PIXTA(ピクスタ)
先生にお聞きしました
村山 信雄 先生
獣医師 博士(獣医学) アジア獣医皮膚科専門医 犬と猫の皮膚科 代表

【学歴・経歴】
◇1968年10月:東京生まれ
◇1994年3月:帯広畜産大学畜産学部獣医学科卒業
◇1994年4月:根室地区農業共済組合勤務 
◇1996年8月:寺田動物病院(大阪)勤務
◇1997年8月:めむろ動物病院(北海道)勤務
◇2010年8月:アジア獣医皮膚科専門医取得
◇2012年9月:岐阜大学連合大学院にて博士(獣医学)取得
◇2012年10月:犬と猫の皮膚科設立
◇2016年3月:犬と猫の皮膚科クリニック開設

【資格】
獣医師

【所属学会】
日本獣医皮膚科学会
アジア獣医皮膚科学会
アジア獣医皮膚科専門医協会

【役職】
東京薬科大学客員研究員
続きを読む

パグのシャンプー【いつから必要?】【頻度は?(週1・月1など)】

パグのシャンプーはいつから必要?頻度は?(週1・月1など)

L.S.M / PIXTA(ピクスタ)

パグのシャンプー【いつから必要?】

性格がおおらかなパグは人気の高い小型犬ですが、育て方には多少の心得が必要です。

というのは、パグは脂っぽい肌質をしているため、湿度の高い夏をはじめ、日本で暮らすと皮膚病になりやすいから。

また、チャームポイントである顔のシワに汚れが溜まりやすいので、短毛種ですがお手入れにコツがいるからです。

また、パグはシングルコートではなく、上毛と下毛を持つダブルコートの犬種なので、春と秋の換毛期には多量の毛が抜けるでしょう。

換毛期の脱毛自体は病気ではないので心配は不要ですが、不要な抜け毛が皮膚の通気を妨げないように、毎日のブラッシングは必須です。

ほかの犬種と比較すると余分になりがちな皮脂を落とすために、パグには頻繁にシャンプーをするほうが良いでしょう。

パグの子犬が新しい生活にも慣れて健康であれば、自宅でのシャンプーはいつから始めても大丈夫です。

ただし、汚れや臭いが気にならない場合は、急いでシャンプーをする必要はありません

パグのシャンプー【頻度は?(週1・月1など)】

パグの皮膚が臭うこと自体は、異常ではありません

mathefoto / PIXTA(ピクスタ)

そもそも、パグの皮膚が臭うこと自体は、異常ではありません

痒(かゆ)みや赤みなどの皮膚トラブルが生じて初めて、皮膚の病気が疑われます

実際はパグ自身も、シャンプーの香りよりも自分の体臭をまとっているほうが、心地が良いのではないでしょうか。

愛犬の体臭が気になるからといって、飼い主さんの好みであまり頻回にシャンプーをしないようにしたいものです。

皮膚が健康なパグのシャンプーは、乾燥している時期で「3週間~1ヶ月に1回」、梅雨入りから初秋までの多湿な時期は「1~3週間に1回」程度が目安と言えます。

実際にはシャンプーをすればするほど、皮膚のバリア機能は損なわれがちになります。

愛犬の皮膚が健康であれば、週1回より頻度が高くならないようにしましょう。

もし週1回のシャンプーで、愛犬にフケの増加や痒みなどの皮膚トラブルが生じた場合、シャンプー製剤を変えるといった対処を行い、それでも症状が収まらない場合は獣医師に相談してください。

皮膚トラブルのあるパグのシャンプー【マセラチア】【膿皮症】【脂漏症】に注意!

皮膚トラブルのあるパグのシャンプー【マセラチア】【膿皮症】【脂漏症】に注意!

Jomkwan7 / PIXTA(ピクスタ)

パグは脂漏体質なため、皮膚疾患になりやすい犬種です。

また、同じ体格の他犬種と比較すると耳の穴が小さいという特徴を備えています。

それらの複合的な理由で、マラセチアという皮膚の常在菌が増殖すると、「マラセチア皮膚炎」や「外耳炎」を発症しやすいので要注意。

飼い主さんも、日常的に耳垢(みみあか)が増えていないか、耳から悪臭がしないかなどをよくチェックしておきましょう。

外耳炎の場合は、獣医師による耳洗浄が治療の一環として重要です。

マラセチア皮膚炎には、ミコナゾールとクロルヘキシジン配合のマラセチア皮膚炎専用シャプンプーを獣医師から処方されるかと思います。

そのような場合、「週2回」程度のシャンプーを実施したほうが、より効果的です。

週2回程度のシャンプーを実施したほうが、より効果的です

TaKa / PIXTA(ピクスタ)

パグのシャンプー【膿皮症】【脂漏症】に注意!

皮膚病の中でも好発する「膿皮症(のうひしょう)」を発症した場合、クロルヘキシジン配合のシャンプーを獣医師から処方されるでしょう。

皮膚病でシャンプー療法を実施する場合は、獣医師指定のシャンプーを頻回に行うケースが一般的です。

そのほか、パグでは「脂漏症(しろうしょう)」も見られます

脂漏症の場合、膿皮症で使用するクロルヘキシジンが成分に含まれるシャンプーを使う必要はありません

なお、獣医師の指示によっては、保湿剤の併用をすすめられるケースがあるかもしれません。

いずれにしても、愛犬の皮膚に異常を発見したら、インターネットの情報や独自の判断でシャンプーを選ぶのではなく、動物病院での正しい診断をもとに「愛犬の症状にあったシャンプーを入手」し、「最適な頻度でシャンプー療法を行う」のが重要です。

パグに市販の【人間用シャンプー】を使用しても大丈夫?【石鹸】は?

パグに市販の人間用シャンプーを使用しても大丈夫?石鹸は?

fongleon356 / PIXTA(ピクスタ)

パグに市販の【人間用シャンプー】を使用しても大丈夫?

人間の皮膚が弱酸性であるのに対して、個体差はありますが犬の皮膚は“弱アルカリ性”であることが知られています。

そのため、弱酸性の肌質に合うように作られた「人間用のシャンプー剤」は、多くの犬には適していません

パグに市販の「人間用シャンプー」は使用しないほうがよいでしょう。

なお、犬用に作られたシャンプー剤であっても、個体によって合わないものもあります。

愛犬の肌に合うことを最優先にして、犬用シャンプー剤を探してあげてください。

パグに市販の【石鹸】を使用しても大丈夫?

天然の界面活性剤の塊(かたまり)である石鹸は弱アルカリ性なので、パグの皮膚の洗浄に使用しても、原則的には問題ないと考えられます。

ただし、石鹸であっても、愛犬の皮膚に合うか、汚れや臭いが落ちやすいかは、実際に試してみないとわかりません

もし石鹸を使いたいのであれば、パグのシャンプー時に数回試してみて、大丈夫かどうかを判断しましょう。

パグのシャンプー【仕方】【注意点は?(嫌がる・暴れる場合など)】

パグのシャンプーの仕方や注意点は?(嫌がる・暴れる場合など)

Jomkwan7 / PIXTA(ピクスタ)

パグをシャンプーする前には、丁寧なブラッシングが欠かせません

「獣毛ブラシやラバーブラシで抜け毛を取り除いておく」ことが、シャンプー成功の秘訣です。

なお、抜け毛を効率よく取り除けることで知られる、“ファーミネーター”という商品名などで知られる熊手型の抜け毛対策用ブラシは、短毛犬種のパグには控えておいたほうがよいでしょう。

「皮膚を傷つける」恐れがあるからです。

シャンプーではまず最初に、シャワーで被毛と皮膚を十分に濡らしてください。

お湯の温度は「36度以下のぬるま湯」がベストです。

シャワーヘッドはなるべく皮膚に近づけましょう

そうすれば、シャワーを嫌がったり怖がったりしにくくなるはずです。

シャンプー剤を、パグの身体に載せる前に泡立てておくことも重要なポイント!

泡で出てくるポンプに入った犬用シャンプー剤を使ったり、大きめのスポンジで泡立てるとよいでしょう。

皮膚に負担がかかりすぎため、愛犬の背中でシャンプーを泡立ててはいけません

パグのシャンプーの【乾かし方(ドライヤー)】や【ブラッシング】は?

パグのシャンプーの乾かし方(ドライヤー)やブラッシングは?

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

パグのシャンプー【乾かし方(ドライヤー)】は?

シャンプーが終わったら、まずはタオルを複数枚使用してしっかりとタオルドライをしてあげてください。

自宅でパグを乾かすのにドライヤーを使う際、被毛と皮膚を守るには冷風がベストですが乾かすのに時間がかかるため、冷風をずっと当て続けるとパグが飽きてきて嫌がるかもしれません。

そうした場合には温風を使いますが、その場合は皮膚から「30cm以上」ドライヤーを離して風を当ててください。

飼い主さん自身の手に風を当ててみて熱く感じない状態をキープできれば、被毛や皮膚へのダメージを軽減できます。

なお、夏場の脱衣所での温風ドライヤーの使用は、短頭種のパグには熱中症のリスクを高めるため控えるのが無難です。

夏場はシャンプー後の夕方や夜に散歩に出て、自然乾燥をしてしまってもよいでしょう。

自然乾燥をしてしまってもよいでしょう

Jomkwan7 / PIXTA(ピクスタ)

パグのシャンプー【ブラッシング】は?

パグのシャンプーの頻度を最大限減らすことができ、皮膚を健やかに保つ最大のカギが、ブラッシングです。

ブラシは、地肌を傷つけない「獣毛ブラシ」がおすすめです。

獣毛ブラシは、ブタ毛を採用した柔らかめのものから硬めのイノシシ毛を使ったものまで、多種多様。

飼い主さんが使いやすいブラシを使い分けながら、ブラッシングを日課にしてあげましょう。

ブラッシングの際、顔のシワの間をガーゼでぬぐうなどして、皮脂汚れを取り除くお手入れも忘れずに。

パグのシャンプー【サロンの値段(料金)】は?

パグのシャンプー、サロンの値段(料金)は?

kazz / PIXTA(ピクスタ)

トリミングサロンにパグのシャンプーを依頼した場合の料金は、シャンプーにくわえて爪切りや耳掃除や肛門腺絞りなどとセットで「4,000~6,000円」が相場です。

パグのシャンプー【まとめ】

パグのシャンプーのまとめ

mako5483 / PIXTA(ピクスタ)

パグは皮膚がベタつきやすい犬種です。

また、短毛とはいえ、毛色がフォーンのパグも黒パグも、抜け毛が少ないわけではありません。

「毎日のブラッシング」と「お手入れ」が、皮膚の健康のカギを握ります。

皮膚が健康であれば、シャンプーは月に1回程度が最適ですが、高温多湿な時期に臭いや皮膚のベタつきが気になる場合、「月2~4回」の頻度でシャンプーをしてもよいでしょう。

愛犬の健康を守ることができるのは飼い主だけです。

正しい知識を持って、毎日の愛犬の生活に役立ててくださいね。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING