【獣医師監修】犬がピーナッツを食べても大丈夫?アレルギーや中毒性は?殻や薄皮はダメ?

晩酌している横で愛犬が見ていると、おつまみを分けてあげたくなることもあると思います。ピーナッツなら大丈夫かな?と感じる飼い主も多いかもしれません。ここでは、犬がピーナッツを食べても大丈夫なのか?また、ピーナッツのアレルギーや中毒性などの注意点について解説していきます。

  • 小濱
  • 監修者:徳本 一義 先生(獣医師)

【獣医師監修】犬がピーナッツを食べても大丈夫?アレルギーや中毒性は?殻や薄皮はダメ?
出典 : iStock.com/angintaravichian

犬がピーナッツを食べても大丈夫!(※殻と薄皮がないシンプルなピーナッツ)

犬がピーナッツを食べても大丈夫!(※殻と薄皮がないシンプルなピーナッツ)

マーボー / PIXTA(ピクスタ)

殻をとって薄皮を剥いただけのシンプルなピーナッツ(落花生)なら、愛犬に与えても大丈夫です!

甘い砂糖や油で揚げたピーナッツはカロリー過多で体重の増加につながります。

もし、愛犬に高カロリーのピーナッツを与えるのであれば、カロリー摂取量をきちんと考慮した上で、少量を与えるようにましょう。

愛犬にピーナッツバターを与えても大丈夫?

愛犬にピーナッツバターを与えても大丈夫?

iStock.com/kandypix

ピーナッツバターが大好きな犬も多いですが、ピーナッツバターは、ピーナッツそのものに負けず劣らずの高カロリー食品です。

人間が食べているピーナッツバターのサンドイッチやクラッカーを犬にあげたら、すぐに太ってしまいます。

お腹が出て歩くのも面倒な犬

WR- stock.adobe.com

お腹が出てくるとカラダが重くて歩くのも面倒になるため、「運動したがらない」「散歩が嫌い」になってしまう恐れもあります。

ピーナッツバターを食べさせる場合、愛犬のカロリーコントロールには十分気をつけましょう。

【獣医師監修】犬がピーナッツバターを食べても大丈夫?毒性やアレルギー、適量は?

愛犬に与えるピーナッツの中毒性は?

愛犬に与えるピーナッツの中毒性は?

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

ピーナッツには中毒性はありません。

ただし、愛犬に無理にピーナッツを与えることはやめましょう。

【獣医師監修】犬が食べると中毒やアレルギーを引き起こす危険な食べ物!与えてはダメ!

愛犬がピーナッツを食べてこんな症状が出たらアレルギーかも?

愛犬がピーナッツを食べてこんな症状が出たらアレルギーかも?

AlenKadr- stock.adobe.com

愛犬がピーナッツを食べた際に、こんな症状が現れたら、アレルギーの可能性があります。

●アレルギー反応の可能性① 「犬がカラダをかゆがる」

アレルギー反応の可能性① 「犬がカラダをかゆがる」

iStock.com/gollykim

愛犬が、目の周辺や耳の後ろを掻きむしる、足裏をずっと舐めている、かゆがる様子などが見られたらアレルギー反応が疑われます。

ピーナッツを愛犬が何度か食べるうちにひどくなっていくケースもあるため、早めに飼い主が気付いてあげましょう。

●アレルギー反応の可能性② 「犬の皮膚の一部が赤くなる」

アレルギー反応の可能性② 「犬の皮膚の一部が赤くなる」

iStock.com/tzahiV

犬がピーナッツを食べると、耳の内側、目の周りなど皮膚の一部が赤くただれて、発疹が出てくる犬もいます。

犬の内股、足の付け根にも炎症が起こりますので、このような症状がでた場合、アレルギー反応を疑うサインです。

●アレルギー反応の可能性③ 「犬が下痢や嘔吐する」

アレルギー反応の可能性③ 「犬が下痢や嘔吐する」

iStock.com/kickers

ピーナッツを異物ととらえて排出しようとする反応が起こると、下痢(げり)や嘔吐(おうと)がひどくなります。

【獣医師監修】犬が食べると中毒やアレルギーを引き起こす危険な食べ物!与えてはダメ!

●ピーナッツアレルギー以外に考えられる原因

ピーナッツアレルギー以外に考えられる原因

iStock.com/cmannphoto

アレルギー以外の原因として、食道から胃、腸へとスムーズに降りていかず、消化不良を起こしている可能性も疑いましょう。

固いピーナッツを飲み込んでしまった時に起こりやすいので注意が必要です。

また、愛犬の「お腹が膨れて元気がない」「数時間置きに嘔吐を繰り返す」といった症状が見られる場合も、消化管通過障害を疑いましょう。

ピーナッツを食べてアレルギーが疑われる犬

Stepan Kapl/ Shutterstock.com

稀なケースではありますが、アレルギー症状がひどくなると命に関わるリスクもあります。

愛犬が、普段からピーナッツを食べていない限りアレルギーが発症する可能性は低いと思われますが、症状がひどくなる前に、早めに動物病院に連れていき、獣医師に見てもらいましょう。

その際、愛犬がピーナッツを食べた時間や量、症状の推移を獣医師に伝えてください。

愛犬に与えるピーナッツの適量は?

愛犬に与えるピーナッツの適量は?

at / PIXTA(ピクスタ)

愛犬にピーナッツを食べさせる時の適量ですが、脂質が多い食品であることを理解して、おやつの範囲内であげましょう。

ペットフード公正取引協議会」によると、おやつの適正カロリーはエネルギー必要量の20%以内です。

目的食別種類の分類

犬の食餌の種類内容
総合栄養食そのフードと水だけでペットの栄養がまかなえるフード。ドライフードのほとんどは総合栄養食です。
間 食与える量は、一日のカロリー必要量の20%以内におさえます。
その他の目的食上記以外のフードで、特定の栄養を調整する、カロリーを補給する、あるいは嗜好増進(しこうぞうしん)などを目的としたペットフードです。ペット用サプリメントも含まれます。

あくまで参考値ですが、5kgの成犬だと400kcal前後必要なので、その20%の80kcal程度がおやつの上限量です。

ピーナッツをおやつに食べるハスキー

koldunova_anna- stock.adobe.com

日本食品標準成分表によると落花生1gのカロリーは5.6kcalくらいなので、5kgの成犬に14g程度を限度としましょう。

もともと殻がとられた状態で売られているピーナッツは、パッケージ記載のカロリー量で調整してみてください。

【文部科学省】日本食品標準成分表

愛犬に与える「ピーナッツ」のまとめ

愛犬に与える「ピーナッツ」のまとめ

iStock.com/Liudmyla Chuhunova

愛犬に殻をとって薄皮を剥いただけのシンプルなピーナッツなら食べさせても大丈夫です。

ただし、過剰にピーナッツを愛犬に与えるとアレルギー反応をおこす可能性があるので、適量を与えるようにしましょう。

愛犬との健康で楽しい生活

Mary Rice/ Shutterstock.com

愛犬の健康を守れるのは飼い主だけです。

愛犬と楽しい生活を長く送るためにも、飼い主が愛犬の健康管理をしっかりおこないましょう。

【獣医師監修】犬がチョコレートを食べても大丈夫?少量舐めても中毒に!?原因と対処法!

【獣医師監修】犬がアーモンドを食べても大丈夫?アーモンドミルクやチョコは!?適量は?

【獣医師監修】犬にくるみを食べさせても大丈夫?高カロリーに注意!くるみの栄養は?

監修者情報

徳本 一義 先生(獣医師)
ヘリックス株式会社代表取締役社長 獣医師、MBA
小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。大学卒業後、小動物臨床に従事。その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。 現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動のほか、日本獣医生命科学大学非常勤講師、帝京科学大学非常勤講師などを兼任。ペッ ト栄養学会理事、ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会委員長などペットの栄養に関する団体の要職を務める。自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家である。
続きを読む

みんなのコメント

ピーカンナッツさん
一年前、我が家のヨーキーにピーナッツバターを舐めさせたら、アレルギーが出てしまい、慌てて病院へ行ったことを思い出しました。あげる前にアレルギーのことを知っていたら、と痛感しました。こういう記事、もっと読みたいです。
ゆ。さん
自分の家の愛犬は基本なんでも食べてしまう犬で なんでもあげてしまうのですが、犬に害がないか調べてからあげるようにしています。 誰が書いたか分からないページで本当にいいのかなって思うことがあるので、獣医さんが書いてくれるのはありがたいです。 いつもありがとうございます。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING