犬のおやつにアーモンドを与えていい?注意点とともに解説【獣医師監修】

人間にとっては健康的なイメージがあるアーモンドですが、犬が食べても良いのでしょうか? 他にもアーモンドミルクといった加工品を食べさせて良いのかも気になります。愛犬の健康を考える飼い主さんのため、アーモンドを食べさせる前に知っておきたい基礎知識をご紹介しましょう。

犬のおやつにアーモンドを与えていい?注意点とともに解説【獣医師監修】
出典 : Tim UR/ Shutterstock.com

犬はアーモンドを食べても大丈夫

犬はアーモンドを食べても大丈夫

atiger/ Shutterstock.com

犬にとってのアーモンドは毒ではないので食べても問題ありません。
食塩で味付けされたおつまみ用のアーモンドやハチミツ漬けになったアーモンドも問題ありません。

アーモンドを原料にしたアーモンドミルクも大丈夫です。
アーモンドミルクとは、水に浸したアーモンドをミキサーにかけて裏ごししたものを指します。

アーモンドを食べることは問題ありませんが、チョコレート・カカオに含まれるアルカロイド(テオブロミン)は犬にとって危険ですので、チョコレートがコーティングされたアーモンドは避けるようにしましょう。
また、問題がないと言っても砂糖が入った製品はカロリー摂取量が増えてしまうことから与える時は量に慎重になる必要があります。

アーモンドに含まれる栄養素

アーモンドに含まれる栄養素

Krasula/ Shutterstock.com

アーモンドの大きな特徴は、ビタミンEが豊富なことです。
しかし、アーモンドを数粒食べる程度で得られる栄養は限られており、間食程度で食べる場合、アーモンドに含まれる量のビタミンEやそのほか栄養ではデメリットがないのと同様にメリットにもなりません。

犬にアーモンドを与える際の注意点

犬にアーモンドを与える際の注意点

Nirinstar/ Shutterstock.com

基本的に不要なものであるため無理に食べさせることはしないでください。

アーモンドにマグネシウム・リンが含まれることにより、結石などの心配をされる方がいるかもしれません。
しかし、アーモンドに含まれる量で問題になることはまずありません。安心してください。

ただ、アーモンドに含まれているシュウ酸は少し注意が必要です。
アーモンドを食べて腎臓が悪くなることはありません。
しかし腎臓が悪い犬に対しては少しでも腎臓への負担を下げる事が必要であるため、
アーモンドは与えないようにするか、どうしても与える場合は獣医師に相談してください。

犬にアーモンドを食べさせる時の適量は?

犬にアーモンドを食べさせる時の適量は?

Daisy Daisy/ Shutterstock.com

適量や目安も特にありません。
食事と合わせたカロリーコントロールが必要になります。
おやつにカロリーが高めのアーモンドをあげたら夕食は控えめにするなど、1日の中でのバランスを考えましょう。

成犬になった後は必要カロリーが少なくなってしまうため、育ち盛りの頃と同じ内容の食事のままでは、太ってしまうこともあります。骨格や大きさ、年齢に合わせた目安カロリーを獣医さんに聞いておくのもおすすめです。

犬は好奇心が旺盛で人間の食べ物を何でも欲しがる子もいます。
かわいい顔でおねだりされると分け前を与えたくなりますが、わがままがいつでも通る関係は考えものです。
時には心を鬼にして「これはダメ」「おやつを食べたばかりだから、夕ご飯のタイミングで」など、飼い主さんが主導して、食生活を見直します。
おねだりしてももらえないことが分かると人間の食事中は静かに待っているようにもなるので、メリハリは大切です。

人間も犬も、好きなものだけを食べていたら健康を害するおそれがあります。間食の基本的なルールを今一度おさらいして、愛犬の健康管理に努めましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING