【獣医師監修】犬に白米を食べさせても大丈夫!?与える量やアレルギーの心配は?

日本人の主食でもある「白米」ですが、昔は白米に味噌汁をかけたものが愛犬のご飯だった時期もあり、現在でもそういったものを与える飼い主は少なくありません。今回は愛犬に白米を食べさせても大丈夫なのか?また、白米を与える量やアレルギーなどについてご紹介します。

  • 監修者:徳本 一義 先生(獣医師)

【獣医師監修】犬に白米を食べさせても大丈夫!?与える量やアレルギーの心配は?
出典 : Stockforlife/ Shutterstock.com

犬に白米を食べさせても大丈夫!ただし、生米には注意が必要!

犬に白米を食べさせても大丈夫!ただし、生米には注意が必要!

Satit Sorahong/ / Shutterstock.com

犬に白米を与えても問題ありません。
もちろん、生米ではなく「炊いた米限定」です。生米は人間だけでなく、愛犬も消化不良や下痢をおこす可能性があるので、生米は食べさせないようにしましょう。白米のほかに、大麦もきちんと加熱処理していれば、犬も人間と同じように食べることができます。

ドッグフードにもお米が多く含まれたものが販売されています。ドッグフードに含まれているお米は、きちんとした加熱処理がされ、犬が消化できる状態になっています。

白米の栄養素と愛犬に与えるメリットは?

白米の栄養素と愛犬に与えるメリットは?

Nishihama/ Shutterstock.com

白米は栄養価が高いのですが、愛犬に与えると、どんなメリットがあるのでしょうか?
こちらでは、白米を食べることで得られる栄養とその効果を紹介します。

●糖質

白米はその77%が糖質であると言われています。糖質は、体内で素早くエネルギーに変わって、身体全体の動力源となります。本来、糖質は犬の身体で作ることができますが、妊娠中や授乳中であれば、糖質を多く摂取しなければなりません。糖質の元となるでんぷんを多く含む白米で補うことも考えられます。ただし、過剰に摂取すると肥満の原因になるため、あげすぎには注意しましょう。

●ビタミンB1

神経機能と脳を正常に保つのが「ビタミンB1」です。ビタミンは糖からのエネルギー生産を手助けする役割を持ち、皮膚や粘膜の健康維持も助けてくれます。

●たんぱく質

筋肉や毛や爪、さらにホルモンなど、犬の身体を作っているのがたんぱく質です。白米はでんぷんの塊のように感じられるかもしれませんが、実はたんぱく質も含んでいます。

愛犬に与える白米のおすすめの食べさせ方!

愛犬に与える白米のおすすめの食べさせ方!

takayuki/ Shutterstock.com

炊きたての白米は香りが強く、大好きな犬も多いでしょう。ただし、白米はアレルギー発症率が低いとはいえ、ゼロではありません。そのため、白米を愛犬に与える時は様子を見ることが必須です。与える際のポイントをまとめてみました。

●味付けはいりません

犬に白米をあげるときに塩分で味付けをしたくなるかもしれませんが、内臓疾患を患っている場合、塩分摂取には注意が必要なので、味付けはせずにそのままの白米をあげましょう。味付けしなくても犬は喜んでくれるはずです。

●炊き立てのお米を冷ましましょう

白米は一度固くなると柔らかくすることはできません。犬に白米をあげるときは、炊き立ての柔らかいお米を冷ましてあげるようにしましょう。

犬に玄米をあげても大丈夫?

犬に玄米をあげてもいいの?

Africa Studio/ Shutterstock.com

白米だけではなく玄米を犬にあげたいと思う飼い主もいるでしょう。基本的に、玄米も白米と同じようにあげても問題はありません。
玄米は歯ごたえが白米よりもあるので、気になるかもしれませんが、人間が美味しく食べられる硬さであれば、犬も美味しく食べられます。

犬に餅(もち)を食べせてはダメ!

犬に餅(もち)を食べせてはダメ!

HelloRF Zcool/ Shutterstock.com

餅(もち)は愛犬に与えてはいけません。
餅(もち)は栄養素としては問題ありませんが、犬にあげてはいけない食材です。犬は食べ物の咀嚼をしない動物です。人間は唾液にアミラーゼという酵素が含まれているため、咀嚼することででんぷんの消化が始まります。しかし、犬は唾液にアミラーゼが含まれておらず、基本的には十二指腸から消化が始まります。したがって、食べ物を咀嚼せず、丸飲みに近い状態で食事を行います。餅を丸飲みするのは喉に詰まる恐れがあり危険なため、愛犬にあげるのはやめましょう。

まとめ

愛犬に白米を食べさせることは問題ありません。しかし、食べさせすぎには気を付けましょう。
健康管理を行うのも飼い主の役目なので、適切な量を愛犬に与えましょう。

【獣医師監修】愛犬にお米を与えても大丈夫?お米をあげるときのポイントは?

【獣医師監修】犬にうどんを食べさせても大丈夫?メリットと注意点!

【獣医師監修】犬に蕎麦(そば)を与えて大丈夫?アレルギー反応などの注意点!

監修者情報

徳本 一義 先生(獣医師)
徳本 一義 先生(獣医師)
小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。大学卒業後、小動物臨床に従事したのち、大手ペットフードメーカーで15年以上、臨床栄養学の観点からペットフードの開発、ならびに研究・情報発信に携わる。現在は獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動のほか、複数の獣医系大学で講師を兼任するとともに、ペット栄養学会 理事など、ペットの栄養に関する団体の要職も務める。

みんなのコメント

マネーの虎次郎さん
祖母がよく猫まんま(ご飯+味噌汁)なるものをイヌにあげてましたが、あれは大丈夫だったということがわかり安心しました。子供ながらに、美味しそうなもの食べとるなぁ~と羨ましく思ってました。
ricoricoさん
ささみの記事を読んだので、少量のお米と細かく裂いたササミを味付けせずに煮込んでスープにしました。 喜んで食べてくれます!
あんさん
うちの愛犬は米と玄米のアレルギーがあることが分かりました。 フードに入ってることが多いので困りますね。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING