【獣医師監修】犬がじゃがいも(生)を食べても大丈夫?メリットや注意点、栄養素や適量は?

フライドポテトからポテトサラダ、マッシュポテト、コロッケ、カレーまで、さまざまな料理に活用でき、人間の食生活にはおなじみの「ジャガイモ」。果たして犬にとっては、カラダによい食べ物なのでしょうか? ここでは、犬にじゃがいもを食べさせる場合のメリットや注意点、栄養素や適量などについて解説します。

先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【資格】
獣医師

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬はじゃがいもを食べても大丈夫!

犬はじゃがいもを食べても大丈夫!

iStock.com/UllrichG

じゃがいもは、犬が食べても大丈夫な野菜の一つです。

ただ、犬にじゃがいもを与える時には、天然の毒素、「ソラニン」が含まれている芽の部分を切り取らなければなりません。

また、生のじゃがいもは、犬が消化しにくいので、加熱する必要があります。

犬にじゃがいもを与えるメリットとおもな栄養素!

犬にじゃがいもを与えるメリットとおもな栄養素!

iStock.com/Zakharova_Natalia

じゃがいもには、犬が生きていくのに必要とされる5大栄養素、「炭水化物」「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン」「脂肪」のうち、「炭水化物(デンプンと食物繊維)」と「ビタミン(ビタミンB1、B6、Cなど)」、「ミネラル(カリウム、マグネシウムなど)」が豊富に含まれています。

メリット①「デンプンは犬のエネルギー源」

メリット①「デンプンは犬のエネルギー源」

Flatpit / PIXTA(ピクスタ)

じゃがいもの主成分と言えるのが、炭水化物のデンプンです。

デンプンは、消化酵素によって単糖類(ブドウ糖)に分解されて体内に吸収され、犬の活動に必要なエネルギー源となります。

また、フードのかさを増し、小腹を満たす食材であり、アレルギーの原因になりにくいため、ドッグフードにもよく使われています。

メリット②「食物繊維が犬の腸内環境を整える」

メリット②「食物繊維が犬の腸内環境を整える」

Sergey / PIXTA(ピクスタ)

じゃがいもに含まれている繊維質は犬の腸内の消化酵素では分解されず、水分を含んで便のかさを増し、柔らかさを調節し、便秘や下痢の予防に役立ちます。

また、分解されない繊維質の一部は、腸内細菌の栄養源となり、犬の腸内環境を整えてくれます。

メリット③「ビタミンCを補給」

メリット③「ビタミンCを補給」

teresa / PIXTA(ピクスタ)

じゃがいもは、「畑のりんご」と言われるほど、ビタミンCを豊富に含んでいます。

通常、ビタミンCは熱に弱く、加熱することで壊れやすいですが、じゃがいもに含まれるビタミンCはデンプンに守られているため、茹でたり、蒸したりなど熱を加えても損なわれないメリットがあります。

犬は体内でビタミンCを生成できるので、食事でビタミンCを与える必要はありませんが、老齢犬になるとカラダの機能が低下してくるので、じゃがいもでビタミンCを補うのもよいでしょう。

メリット④「カリウムが余分な塩分を排出」

メリット④「カリウムが余分な塩分を排出」

Koldunova / PIXTA(ピクスタ)

カリウムはミネラルの一つで、ナトリウムとバランスをとりながら、細胞を正常な状態に保ったり、血圧を調整したりする役割を果たします。

じゃがいものカリウムは犬が体内に摂りすぎた塩分を体外に排出する作用があります。

ただし、腎臓病の中の犬にはカリウムを制限しなければならない場合もあるので、腎臓病の心配がある犬にジャガイモをあげる際は、獣医師に相談してください。

ジャガイモのおもな栄養素

-ジャガイモ(生/可食部100g)
エネルギー76kcal
水分79.8g
タンパク質1.8g
脂質0.1g

【参照元】文部科学省「食品成分データベース」

犬がジャガイモを食べるデメリット

デメリット①「犬は生のデンプンを消化できない」

デメリット①「犬は生のデンプンを消化できない」

Willee Cole/Adobe

じゃがいもは、犬が消化しやすい炭水化物だと言われます。しかしながら、それは加熱した場合です。

デンプンに熱が加わりアルファ化して初めて、犬はデンプンを消化することができるのです。

実際に、生のままのデンプンを消化できなかったという実験データもあるので、皮も実も必ず加熱してからあげましょう。

デメリット②「血糖値がアップしやすい」

デメリット②「血糖値がアップしやすい」

gumichan / PIXTA(ピクスタ)

加熱したデンプンは、犬にとって消化しやすいメリットがある反面、血糖値を上げやすいという側面もあります。

糖尿病の心配がある犬の場合は、じゃがいもをあげるのは避けましょう。

デメリット③「ジャガイモの芽(ソラニン)が下痢や嘔吐を起こす」

デメリット③「ジャガイモの芽(ソラニン)が下痢や嘔吐を起こす」

遥花 / PIXTA(ピクスタ)

じゃがいもの芽には、「ソラニン」や「チャコニン」という毒素が含まれるため、人が食べると吐き気や下痢、嘔吐、腹痛、頭痛、めまいを起こすことがあります。

じゃがいもの芽の中毒症状を引き起こすのは、犬も同じ。

犬がじゃがいもの芽を食べると、吐き気や体調不良が起きる可能性があるため、必ず芽を取ってからじゃがいもをあげるようにしましょう。

犬がじゃがいもを食べる場合の注意点!

注意点①「芽や皮の緑色の部分は取り除く」

注意点①「芽や皮の緑色の部分は取り除く」

teresa / PIXTA(ピクスタ)

じゃがいもの芽の部分や、皮が緑色になっている部分には、「ソラニン」「チャコニン」という天然毒素が含まれているので、大きめに切り取ってください。

注意点②「犬の消化のために加熱する」

注意点②「犬の消化のために加熱する」

SeaWave / PIXTA(ピクスタ)

じゃがいものデンプンを犬が消化しやすくなるために、じゃがいもは加熱してからあげましょう。

また、皮は消化しにくいので、剥いて細かく刻んであげるのがよいでしょう。

注意点③「大量に与えない」

注意点③「大量に与えない」

Okssi68 / PIXTA(ピクスタ)

炭水化物を摂りすぎると、エネルギー源として使われなかった糖質が、おもに脂肪として体内に蓄積されます。

主食に加えて、たくさんのじゃがいもを犬に食べさせると、肥満の原因になりかねません。

下表の分量を目安に、適量をあげるように気をつけましょう。

犬にジャガイモを食べさせる時の適量は?

犬にジャガイモを食べさせる時の適量は?

Alexlukin / PIXTA(ピクスタ)

じゃがいもを犬にあげる際は、以下の量を目安にしてください。

適正体重を上回っている場合は、現体重ではなく、適正体重に基づいた摂取可能量をあげましょう。

犬に食べさせるジャガイモの適量(目安)

犬のサイズ(体重目安)1日あたりの摂取可能目安量
超小型(2kg程度)49g(中1/2個 )
小型(3~5kg程度)67~98g(中1/2〜1個)
中型(6~15kg程度)113~225g(中1〜2個 )
大型(20~30kg程度)279~378g(中2・1/3〜3個 )

なお、ここで紹介する犬がじゃがいもを食べる時の目安量は、主食に総合栄養食のドッグフードを食べている場合のトッピングやおやつとして算出しています。

トッピングやおやつで食べる量は、1日の摂取カロリーの2割以下に抑え、その分ドッグフードの量も減らしてください。

なお、手作りでフードを作る場合は、別途、栄養バランスや与える量の計算が必要です。

犬に与える「ジャガイモ」まとめ

犬に与える「ジャガイモ」まとめ

sweetlaniko/Adobe

加熱すれば、犬にとって消化しやすい、じゃがいも。

カロリーオーバーにならないよう、愛犬の体重と年齢にあった適量を守ってあげましょう。

また、腎臓病や糖尿病などの持病がある犬の場合は、ジャガイモを与えてよいかどうか、必ず獣医師の指示を仰いでください。

愛犬の健康を守ることができるのは飼い主だけです。

正しい知識を持って、愛犬と健康な生活を送りましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「食べ物」の人気記事RANKING