犬が尻尾を追い掛け回しているのを止めた方がいい6つの理由

気付いたら、犬がうなりながら自分の尻尾を追い掛け回していることはありませんか? その理由はいくつかありますが、追い掛け回す行動がエスカレートすると、大変な出来事につながるケースがあるんです。

なぜ、犬は尻尾を追うのか?

犬が尻尾を追っている理由は、大きく分けて6つ考えられます。

①ストレス
犬を飼う以上、しつけが必要になりますが、犬の生活に適したしつけをしていなければ、ストレスが溜まります。人間と犬の生活を成り立たせるには主従関係を築かなければならないため、残念ながら犬は自身が希望するライフスタイルを貫くことはできません。ストレス発散の一つの方法として、尻尾を追い掛けます。

②退屈
退屈してしまい、遊びの一環として自分の尻尾を追い掛けていることがあります。特に、子犬は尻尾が自分の体の一部だとわかっておらず、尻尾を「追い掛けると逃げていくおもちゃ」と認識している場合も……。

③不快感
尻尾の付け根や背中やお尻のあたりに炎症が起こっているとき、かゆみが気になり、尻尾を追い掛けます。体にノミがいる場合もかゆくて追い掛けるので、気になるときは動物病院に連れて行きましょう。

④運動不足
犬は家の中や小屋の中でじっとしている動物ではありません。犬種にもよりますが、それなりの運動が必要です。「最近、あまり散歩に連れて行っていないな……」と思った、飼い主の人。まずは長めに散歩をして、運動不足を解消してください。

⑤飼い主にかまってほしい
寂しくて飼い主にかまってほしい犬は、うなりながら尻尾を追い掛けていれば飼い主に「だめ」と言われることがわかっています。要は、「飼い主の注目」を集めたい行動です。

⑥常同障害
足をなめ続けるなど、同じことを意味もなく長時間にわたって繰り返し行う症状です。人間でいう「強迫性障害」で、犬の場合は「常同障害」といわれます。

子犬と成犬で、尻尾を追い掛ける理由は違う

一般的に、小さい頃から親元を話された子犬は、この尻尾を追い掛ける行動を取りがちです。子犬のとき、他の兄弟たちと遊ぶことが大好きだったので、一人になっても尻尾を使って遊ぶようになっていきます。

もし、成犬で尻尾を追い掛けているのであれば、ストレスが原因になっている可能性、大。常同障害やノイローゼになる前に、犬が何に対してストレスを感じているのか、その理由を追及し、生活環境を変えて改善してあげましょう。

犬が尻尾を追い掛けるのを放っておくと……?

犬が尻尾を追い掛け回し続けていると興奮状態になり、人間にかみつくことがあります。興奮した犬を落ち着かせるのは人間でも難しく、かなり危険です。また、尻尾に追い付いてしまってかみついている場合は、毛がむしれてしまったり尻尾の皮膚がただれたりしてしまうことも……。尻尾をかみちぎってしまった例も、報告されているそうです。

犬が尻尾を追い掛ける行動を改善するためには?

愛犬が尻尾を追い掛ける行動は、できる限り、やめさせた方がいいでしょう。やめさせる方法としては「無視」、動物病院での診断、散歩の時間をいつもより長くするなど、想定される原因に沿っていろいろな手段が考えられます。自分の愛犬がどういった理由で尻尾を追い掛けているのかを分析し、愛犬に合った手段で改善してみてください。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING