「ガルル……」楽しく遊んでいたはずなのに、愛犬が急にうなる理由

愛犬とのおもちゃ遊びは、とても楽しい瞬間。でも遊びがエスカレートしていくと突然「ガウガウ、ウー……ッ」と愛犬がうなるなんてことも。このようなとき皆さんだったらどうしますか? 遊びと“うなり”の関係について探ってみましょう。

犬が遊んでいるときにうなる理由は?

犬が遊んでいるときにうなる理由は?

愛犬がおもちゃで夢中になって遊んでいるとき、突然遊びながらうなることがありませんか? おもちゃを離さずぶんぶん振り回しながらうなる姿もよく見かけます。

このようなうなりは、恐れや怒りを伴うものではありません。遊んでいるときにうなる理由。それは犬が楽しくて興奮しているからです。大好きなおもちゃを取ろうと手を出したときにも「ウーッ」とうなることがあります。これは「お気に入りのおもちゃで遊んでいるんだから、取らないで!」という所有欲の表れです。

犬がうなり始めたら、どうしたらいいの!

犬がうなり始めたら、どうしたらいいの!

楽しいおもちゃ遊びの時間でも犬があまりに興奮してうなるときは、一度冷静さを取り戻してあげることが必要です。

うなる理由が興奮の場合犬の歯が人間に当たるとけがにつながります。もし歯が当たったら「痛い!」ときちんと伝え、遊びの中でもうなるのはいけないことだと教える必要があります。

唸るときのしつけは誰がリーダーであるか認識させるところから始めます。愛犬がうなるときは遊んでいる最中でも「アウト」や「出せ」のコマンドを出し、命令するのは飼い主側だということを明確に示すのです。

具体的には犬がうなり始めたら、まず大好きなおやつを目の前に出しておもちゃを口から離すように促します。そしておもちゃを離す瞬間に「出せ」のコマンドを出し、うなるのを止めておもちゃを口から出したら、褒めておやつをあげます。うなるときは興奮しているので、万が一の場合を考えて厚手の手袋をつけてトレーニングしてもいいでしょう。

このトレーニングを繰り返すことでうなることを止め、冷静になることを身に付けさせます。

犬がうなる理由は楽しさの表れ!

犬がうなる理由は楽しさの表れ!

引っ張り合いの遊びでうなるときは、犬が楽しんでいる証拠。愛犬がうなるとき「人が近付いても嫌がらない」「アイコンタクトや“おいで”ができている」場合は問題ありません。むしろ遊びながらうなるのは自然なこと。人間の子どもが遊びながら大きな声を出しているのと同じです。犬の楽しい笑い声や掛け声がうなる声のように聞こえているだけなのです。

愛犬がうなるときの表情に注目しよう

愛犬がうなるときの表情に注目しよう

愛犬がうなるとびっくりしてしまう……という人もいるかもしれません。もちろん鼻にしわをよせた威嚇のうなりや、恐がってうなっているときは攻撃行動につながるのでむやみに手を出すと危険です。しかし遊んでいるときに自然にうなるのは、犬にとっては楽しい気持ちの表れ。表情や全身の様子をよく見て、見分けるようにしましょう。また遊ぶときは興奮させるだけではなく、犬がうなるのを止めて冷静になれるよう併せてしつけも行いましょう。

遊びの中にけじめを付けてあげると、飼い主への愛犬の信頼感が増しますます楽しんでくれます。犬がうなるときは感情を読み取るチャンスだと捉え、楽しみながら観察してみてください。

みんなのコメント

のっぽさん
うなった後おもちゃを離したので、取ってまたあげると遊ばなくなりました。もう一度遊ばせたいのですがどうすれば良いでしょうか

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING