犬が泣くのは悲しいから?犬の涙に隠された意外な事実

犬が涙を流しているところを見たことがありますか? 犬もぽろぽろと涙を流して泣くときがあります。犬が涙を流すのは、人間と同じように喜怒哀楽の感情に左右されるのでしょうか? 犬が一体なぜ泣くのか、その原因を探ってみました。

犬は、悲しいから涙を流すわけではない

結論からいうと、犬は悲しさが原因で泣くわけではありません。犬にも「悲しい」という感情はありますが、犬は「悲しい」から「涙が出る」という体の仕組みにはなっていないようです。犬が涙を流すという行為は、悲しいという感情とは直結しないと考えていいでしょう。犬が悲しいときは涙を流さず、うつむいたり、背中を曲げたりして表現することが多いようです。

悲しくないのに、なぜ犬は泣くの?

私たち人間も、悲しくないのに涙が出るときがあります。そう「目にごみが入ったとき」です。犬の涙の原因は、この「目に異物が入ったから」という理由が大半です。犬は人と違って、手や指を使って目に入ったごみやほこりを上手に取ることができません。一時的に大量の涙を分泌することで、異物を洗い流そうとするのです。

犬の涙は、病気のサインかも……

しかし、目にごみが入っていないのに頻繁に涙を流している場合は要注意です。「角膜炎」「結膜炎」などの目の病気にかかっている可能性があります。特にパグやチワワ、ブルドッグなど鼻先の短い犬は涙が詰まることが原因で発症する「流涙症(りゅうるいしょう)」という病気にかかりやすい傾向があります。

犬が流しているときは、涙の色や量をチェックしてください。もし、涙の色が濁っていたり黄色の膿のような目やにが出ていたりする場合、「伝染性肝炎」や「犬ジステンパー」の病気にかかっているおそれがあるため、すぐに動物病院に連れて行く必要があります。

犬が涙を流していたら、こんなことに注意しよう!

犬が流した涙はそのままにせず、きちんと拭き取ってあげましょう。流れている涙を放置すると目の周りが腫れたり、涙やけ(目から鼻にかけて毛の色が茶色になる)を起こすことがあるからです。

犬が涙を流しているときは、目にごみやほこりなどの異物が入っていないかチェックしてあげること。そして涙を頻繁に流すときは病気の可能性を疑い、流した涙の質をチェックして、顔の涙はきれいに拭き取ってあげること。犬が涙を流しているときは、この2点に注意を払い、適切な処置をしてあげてくださいね。

みんなのコメント

コロンさん
家に帰って来ると全然私の所に来なくて水をあげても飲まなかった。しばらくたってから涙がポツンと出たのでびっくりしました。 教えてくれてありがとうございます。
ショッカーママさん
ショッカー11歳がこの頃私の眼をずっと凝視してから、左目から涙を流します。 私もつられて泣いてしまうと涙を舐めてくれます。体調は悪くないけど、別れは近いって言っているのかしら?
KIRAさん
私がかっているプードルちびちゃんは右目が見えません。目がみえなくてもなみだはでるんですか?

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING