【獣医師監修】犬が水を飲んでむせる。この症状から考えられる原因や病気は?

愛犬が水を飲みだしたと思ったら、ゲホッとむせた、そんな経験はありませんか? その後にせき込んだりするとちょっと心配になります。まるで人間のようなこの様子、はたして注意が必要な症状なのでしょうか。

先生にお聞きしました
小林 豊和 先生
グラース動物病院院長、帝京科学大学生命環境学部 准教授(獣医師・獣医学博士)

日本大学大学院獣医学研究科修了 博士(獣医学)

【所属】
公益社団法人 東京都獣医師会杉並支部 会員
JPMA(社)日本ペットマッサージ協会 理事
ペットシッタースクール(ビジネス教育連盟) 講師
ペット栄養管理士(日本ペット栄養学会認定)
日本獣医皮膚科学会 会員
日本小動物歯科研究会 会員
日本ペット栄養学会 会員
◆産業カウンセラー(一般社団法人 日本産業カウンセラー協会認定)
◆ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド(HANB)教育マスターインストラクター(日本ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド・ソサエティ認定)

「最良のホスピタリティと獣医療を提供する」をミッションに、地域や飼い主のニーズに応えている。
犬の食事についての造詣も深い。

【著書】
イラスト、写真でよくわかる 愛犬の育て方~選び方・しつけ・飼い方・健康管理~」(新星出版社)
年をとった愛犬と幸せに暮らす方法」(WAVE出版)
愛犬健康生活BOOK 5歳からはじめる病気と介護」(主婦と生活社)

【監修】
愛犬の介護ガイドBOOK」(文化出版局)
ほか



続きを読む

犬が水を飲んでむせる【考えられる原因】

犬の軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)

Liukov/ Shutterstock.com

水を飲んでむせる原因には次のようなものが考えられます。

生理現象によるもの

水による咽喉頭部(のど周辺)への刺激

水道水が冷たいことで咽喉頭部を刺激してむせることがあります。

間違って気管へ入りそうになった場合

水を一気に飲んだり、姿勢が悪いまま水を飲んだりしたときに、水が間違って気管に入るのを防ぐためにむせることがあります。

疾患によるもの

Marjana foto/ Shutterstock.com

疾患によるもの

気管虚脱といった呼吸器の疾患が原因で、咳が出やすくなっていたり、のどが刺激を受けやすくなっているためにむせることがあります。

また、パグブルドッグなどに多く見られる軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)が原因で気道が狭くなっているためにむせることがあります。

犬が水を飲んでむせる【こんな症状は要注意!】

犬が水を飲んでむせる【こんな症状は要注意!】

ShutterDivision/ Shutterstock.com

水を飲んでたまにむせるのであれば、さほど問題はありません。

ただし、水を飲んでいる時以外にもむせるのであれば、呼吸器疾患の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

犬が水を飲んでむせる【この症状で考えられる病気】

RHIMAGE/ Shutterstock.com

犬の気管虚脱

犬の気管虚脱(きかんきょだつ)とは、気管がつぶれ、呼吸困難になる病気です。

先天的に気管の軟骨が弱かったり、気管周囲の筋肉が肥満や加齢で弱まると気管がつぶれ、空気の通りが悪くなります。

呼吸が荒くなり、乾いた咳が出ることもあります。

犬の軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)

犬の軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)とは、上顎の奥にある軟口蓋が長い病気です。

軟口蓋が気道を塞ぎ、いびきや呼吸困難、吐き気や誤嚥を引き起こします。

症状が悪化すると、チアノーゼや失神などの原因となり、命を落とす危険もあります。

みんなのコメント

パグらぶさん
うちのパグも時々水を飲んでむせることがあります。 勢いよく飲みすぎただけかなと思っていましたが、病気の可能性もあるんですね! 気をつけて見てあげたいと心から思いました。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING